中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 15日

韓国って大変

先日、韓国のお客さんが来社される予定がありました。
ところがそのお客さん予定通りに出発したものの空港に辿りつけないとのこと。

牛肉輸入反対デモに巻き込まれたのです。

それにしても韓国って国は牛肉ごときにどうしてこんなにも大騒ぎするんでしょうか?
食べなきゃいいじゃん。

韓国の米産牛肉反対集会

80万人ですよ!

でもって別の韓国人のお客さんに聞いてみました。

なんでこんなことになってるんですか?

李明博大統領はここのところ続いた政権での
米国との関係悪化を改善しようと功を焦ったのだそうです。

それに対し景気の悪さに不満をもっていた国民が怒りを爆発させた。
それを扇動する勢力もあるそうです。

「状元さん、ノムヒョン政権のとき、北朝鮮のスパイがいっぱい入りましたよ。
それが今回、反対運動を煽ってます。

盛り上がってくると、暇な人たちが、面白がってどんどん参加してくる。

参加しているのは今回の選挙で李大統領以外の人に入れた人だけですよ。

李大統領だって1000万票くらいですから反対派はいっぱいいます。
80万人くらいすぐ集まりますよ。」

韓国の政治は地域が絡み複雑です。
全羅道がだいたい差別されるほうですが
ここのところの金大中、ノムヒョンと続く政権では全羅道が優勢だった。

それで光州なんかも相当発展したそうです。

だけども今回の選挙ではまた負けちゃった。
危機感は相当強いはず。
相手が弱みを見せたらどんどん付け込んで有利なポジションを獲得する。

ところで光州事件は最近映画になってます。私は見てませんがこの事件かなりすごかったそうです。

同じお客さんが言ってました。

学生を軍隊が弾圧したとか単純なものでなく
深刻な政治対立で市民にもベトナム戦争上がりに元軍人が相当いて
軍から銃を奪ってかなり抵抗したそうです。

でも本物の軍が圧倒的に強かった。
地元警察はヘリコプターを飛ばし空から学生デモ隊の場所をみつけ
地上の軍隊に場所を教えていたそうです。

それが軍隊のあまりの猛攻を見て、
学生たちに同情を感じ、
今度は空から学生たちに逃げ道を先導したそうです。

それだけすごい攻撃だったそうです。
そこに参加した元ベトナム兵は
ベトナムの惨状よりひどいものを見たと呆然としたそうです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-06-15 21:55 | 時事 | Comments(9)
Commented by ケイチー at 2008-06-16 19:43 x
「大統領の理髪師」という韓国映画を観ました。
淡々とユーモアを交えて話が進んでいき、面白かったです。

でも後半では、「マルクス病に罹った人」の摘発というシーンが続きます。
ほとんど魔女狩りのようなもので、まさかフィクションだろうと思っていたら。
史実らしいです。韓国は、自国民に惨いことをしてきた歴史があるのですね。
今の大統領、現実の経済重視路線で、日本との関係も少し明るくなるか、と期待したのですが。
短期間の支持率低下に驚きです。
韓国といい、中国といい・・・日本の近隣国は不安だらけです。
Commented by お節介じいさん at 2008-06-16 22:03 x
韓国人は元々政治運動好きな国民性を持っています。、政府のやり方に不満があると、直ぐに過激なデモに発展します。これがまさに韓国パワーというやつです。韓国人と比べると、日本人は元気がないです。後期高齢者医療制度の反対運動も、もうひとつ盛り上がりません。日本人も韓国人の半分でもいいから、あのパワーがあったらなぁ~と思います。政治好きの韓国や台湾に比べて、日本は民主国家としては、まだまだ後進国ですね。
Commented by rororo at 2008-06-17 07:11 x
状元さま。わたし、むかし菜食主義の留学生と同居していたことがあるんですが、いちばん困ったのは「だし」でした。かつおぶし、煮干し、鶏ガラ全部駄目でしたから。
韓国人にとってはたとえ百二十歩譲って牛肉を買わないことにしたとしても、牛骨スープの使えない食事は考えられないと思いますね。クッパもコムタンも麺類も駄目じゃ食堂で昼飯食べられないですもん。
唐辛子を禁止されたのと同じくらいのパニックだろうなー、「反米愛国」の情に火が付いちゃったのだろうな、と感じてます。
Commented by zhuangyuan at 2008-06-17 22:11
ケイチーさま
今の大統領は支持率大幅に下がってますけど
経済に関わっている人で悪く言うのは聞いたことがありません。
経済重視だとあぶれた人の不満が出てくるってことでしょう。
大統領が変わっていきなりよくなるわけはないんですから少し
時間を与えないといけません。
Commented by zhuangyuan at 2008-06-17 22:13
お節介じいさんさま
日本国民はほんとに政治に無関心ですね。これも戦後の自民党の愚民化政策の成果ですね。日本の民主化は勝ち取ったものでなく、与えられたものだからいけないと何処かに書いてありました。
Commented by zhuangyuan at 2008-06-17 22:16
rororo様
確かにスープまで考えたら心配で夜も寝られない。
ただ一方でアメリカでは今でも皆さんステーキもりもり食べていますし、狂牛病でどんどん死んでるなんて聞きませんから問題ないでしょう。
Commented by ケイチー at 2008-06-19 00:56 x
「スープ」は盲点でしたね。なるほど、です。
韓国で大騒ぎになっているのは、それもひとつの原因なのかもしれませんね。

自分は肉をほとんど食べないから、狂牛病の件はあまり関心ありませんでした。発病の頻度もそんなに高くないですし。
しかし、何度も危険部位を輸出してくるアメリカの、舐めきった態度には頭にきますが。

アメリカやオーストラリアは、もう毎日肉食べているようで。
ホームステイに行った子供たちが、皆口を揃えて
「肉三昧に飽き飽きした」と言ってました。
育ち盛りの中学生でさえ閉口するのだから、私が行った際には三日でダウンでしょう。ハンバーガーも好きじゃないし。

余談ですが、食事の時も甘いジュースを飲んでいるようで、肥満が増えるのも無理ないと思います。
日本人や中国人の、茶を飲む習慣は大変よろしいですね。
Commented by ケイチー at 2008-06-19 01:00 x
今の李大統領になって、ほんの数ヶ月ですよね。
韓国人もせっかちだなあ、と思います。
そんなに180度好転するわけ無いのに。
数ヶ月で経済を上向きにするなんて命題を与えられたら、誰も大統領なんか出来ないでしょう。
無茶苦茶ですな。
Commented by zhuangyuan at 2008-06-19 23:55
ケイチーさま
昔の韓国料理は野菜中心だったそうです。ある程度豊かになってから肉を食べだしたとのこと。前に3日間出張で昼夜昼夜と焼肉続きで最後の朝がキムチチゲだったときはさすがに参りました。


<< 中国GDPはウソ?      不幸を運ぶマスコット 北京五輪 >>