2008年 05月 06日

語学は耳から学べ

最近、語学学習本なんかをよく読みます。

先日もベストセラーの「英語は逆から学べ」(苫米地英人)というのを読みました。
脳みそに別の回路を作ってそこを英語脳にして赤ちゃんが学ぶように学べとありました。

赤ちゃんは字が読めませんから音声情報と視覚情報で言葉を覚えていきます。

大人はある程度知識がありますから知識が邪魔して素直に吸収できない。
何かに関連付けて覚えようとする。つまり日本語訳だとかを考えながら語学を学ぶ。
だからだめなんだと。

そこで新しい脳をつくれと。

ところで子どもは意味をわかっていない言葉も全く照れることなくどんどん使います。
これが語学習得の近道でしょう。

今日公園でピクニックに行った帰りの車の中で8歳の娘が言いました。

「ねえパパ、今度ベトナム買ってぇ」

「??ベトナム?」

よくよく聞いてみると「メトロノーム」のことが言いたかったみたいです。
彼女の脳内では別に聞いていた知らない単語「ベトナム」と結びついたんです。
大人は知らない単語は怖くて使えない。

先日こんなのもありました。

「パパァ、〇〇ちゃんは囲碁習ってるんだってぇ」
「すごいな囲碁かよ、パパも出来ないよ。でも囲碁習ったって友達と出来ないからつまんないだろ」

「え?一人でやるんだよ。」と両手の手のひらを胸の前で合わせます。
「それってヨガじゃない?」
「そうそうそれ」

囲碁とヨガ。

息子はケッタッキーフライドチキンが洗濯機(センタッキ)になったことがありました。

でもこうしてどんどん吸収してく。

息子(4歳)の保育園のクラスに韓国の女の子がいます。
息子はかわいいその子が大好きです。

「その子のお名前なんていうの?」

名前はわかりますが苗字は覚えてませんでした。
すると同じ保育園を卒業した娘が答えます。

「 ぱわ っていうんだよ。」

「ぱわ? そんな苗字あるのかよ。」

先日保育園で下駄箱の名前を見て真実がわかりました。

朴さんでした。つまりパクさん。それが娘にはパワさんに見えたんです。
見えないこともない。
でも韓国人ならパクさんでしょ。
こうした場合大人のほうが強いかな。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-05-06 20:50 | 学習 | Comments(2)
Commented by お節介おじさん at 2008-05-11 05:41 x
そう言えば、韓国系アメリカ人に、「公園」と言う苗字が多いと言う話を聞いたことがあります。公園は英語で「Park」ですよね。
Commented by zhuangyuan at 2008-05-11 05:49
お節介おじさん様
確かに名刺の英語表記にはparkと書いてますね。公園ですね。
ところでreebok(リーボック)というスポーツシューズブランドの創設者は
韓国の李さん朴さんだというジョークがありました。
リーさんボクさんリーボック。


<< 語学は耳から学べ      两高一资 >>