中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 04日

两高一资

いきなりですが两高一资ってご存知ですか?
二つの高いものと一つの資?

いま中国発展のひずみが出てますがどんな産業も生産能力が増えぎちゃってどうしようもない。
そこで世界中に製品を輸出してます。ただ製品をいっぱい作るだけじゃなくて
作るために環境を破壊してます。

そこで中国政府は環境に悪いものは輸出するのをやめなさいと指示をしてます。
それが两高一资
高污染、高能耗、资源型产品

つまり環境汚染度が高く、エネルギー消費も高く、資源にちかいもの=付加価値のないもの。

世界中を掘り返して資源を輸入し、国内に汚染を撒き散らして、しかも付加価値のないものを
輸出する。それって中国にとって意味がないでしょってこと。

輸出するってことは国土を犠牲にして海外に奉仕すること。
しかも付加価値がないってことは儲からない。

こうしたものは国土の発展に使ったとしても輸出するなってこと。
でもこれがなかなか難しい。市場経済になった中国では銭のためなら環境なっていざ知らず
どこにでも売りますよってのがいっぱい。中央政府もなかなかコントロールできない。

規制を作って輸出を減らすと、海外の市況が高騰して魅力的になるとまたすぐ輸出が増える。
こんないたちごっこです。

でも産業の犠牲になる国土と住民は大変です。

私の弟は今度北京駐在が決まりましたが
もうすぐ第一子が誕生することもあり、環境問題を憂えて決断を迷っていました。

でも北京は今度オリンピックがありますから
ここ数年で空気が一番きれいな状態になるのではないでしょうか?

蓝天计划(青空計画)なんてやって石炭燃やすのやめたりして
随分そらもみえるようになったし、産業の柱、鉄鋼業の雄、首都鋼鉄も首都から追い出されます。

またオリンピック期間中は規制にひっかかった工場は全て強制的に生産停止か
減産を余儀なくされます。こういうとこは共産党はすごい。

でも良く考えたら日本も東京オリンピックのころは公害がすごかった。

先日川崎のお客さんを訪問した際も中国の公害の話になりました。
転じて川崎の公害の話になり、排ガス汚染がひどくずっと全国一位であったと。
ちかくに日本鋼管(現JFEスチール)という会社がありますが
当時そこには住民が立てた看板に鋼管(こうかん)をもじって「いのちと交換」と書いてあったそうです。

日本はそれから随分よくなりましたが
この技術は地球のために広げてほしいと思います。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-05-04 21:57 | 時事 | Comments(2)
Commented by minamihorie at 2008-05-06 19:37
せっかく格調高いブログで楽しみにしているのに、アホな書き込み困りますよね、私はエキサイト以外からの書き込み制限しています。
北京のニュースが流れるたびに、空気の不透明感が気になっていました。少しは改善されたのでしょうか
Commented by zhuangyuan at 2008-05-06 20:26
minamihorieさま
コメントありがとうございます。
格調高いだなんて身に余る光栄です。
あほな書きこみはほぼ毎日削除しなければなりません。たぶんなんかのキーワードに引っ掛けてプログラムして自動コメントしてるんでしょう。
最近の北京の空は上海よりましなような気がします。


<< 語学は耳から学べ      「了」のエッセンス >>