中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 04日

鬼嫁 呂后

漢文の話
吉川 幸次郎 / / 筑摩書房

吉川氏の本は初めて読んでみました。1962年に初めて出だ本だそうです。
中国の大家であるとは知りつつとっつきにくそうなので読んでませんでした。
ただこの本は漢文に興味のある一般人向けの入門書ということで楽しく読めました。

文章語としての歴史や、叙述の種類や訓読などについて易しく解説してくれます。

その内容はさておき、解説に用いられる例文が面白い。というか凄い。
中国の歴史は奥深い。

歴史書の文章の解説として司馬遷の史記の記述があげられています。

例えば漢祖劉邦の奥さん呂后がいかに残虐であったかという話。

晩年の劉邦は呂后には興味なくめかけの戚夫人ばかり可愛がる。
そして劉邦の死後に制裁を加える。

太后遂断戚夫人手足,去眼,煇耳,饮瘖药,使居厕中,命曰‘人彘’
太后遂に戚夫人の手足を断ち,眼を去り,耳をふすべ,瘖药を飲ましめて,厕中にい居らしめ,命じて‘人彘’(じんてい)と曰う


手足を切り離して、目をえぐって、耳を塞いで、唖になる薬を飲ませて
便所にぶち込み、人間豚と名づけた。

書いていても吐き気がしてくるほど残虐。
さらに戚夫人の子どもを連れてくるまで生きながらえさせてそれを見せたというから
恐ろしくなります。手足を切られても死なない秘薬までつかったとか。

こんな記述が歴史書に載っているってのが凄い。

ところでこの話を中国人のお客さんにしました。
呂后ってのはどんでもない女だと。

するとお客さんはいいました。
いわく呂后はホントはいい人だった。
それが劉邦のせいで悪い女になった。
劉邦こそ人間とは思えないほどひどい男だと。

まだ劉邦が項羽と戦っていたころ
項羽に負けて、馬車で逃げた劉邦は追いつかれそうになり
馬車を軽くするために二人の子どもを投げ捨てたそうです。
そこで部下であり後の大物夏侯婴はあまりのことにびっくりして
拾いにいって王子たちを馬車に戻す。すると再度劉邦は投げ捨てる。
なんどか繰り返しているうち劉邦はぷちっと切れて今度は
夏侯婴を殺すぞと脅したそうです。

呂后はこんな夫を見てたのです。自分の子を捨てることもいとわないトンでもオヤジ劉邦。
そして呂后は崩れていったそうです。

のぼりつめる奴はとんでもない奴ばかりです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-04-04 21:53 | 文化、歴史 | Comments(3)
Commented by ケイチー at 2008-04-07 19:30 x
手足を切り落とし、なお生かしておく、というのは西大后もやったと思います・・・
映画でそのワンシーンを見て、ゲゲッと思ったものです。
いっそ殺してしまえばいいのに。
それじゃ物足りないんでしょう。

中国の処罰は残酷なのが盛りたくさんですよね。
こんど公開される「王妃の紋章」(チャン・イーモウ監督)も、すごいらしいです。
Commented by 閲覧者 at 2010-12-20 15:18 x
>手足を切られても死なない秘薬までつかったとか。

確か以前の番組で見ましたが、厩に投げ入れて3日経って無くなったと言っていました。
また、四肢を切って、目、喉、耳を潰し、殺害したという話もあります。
当時の医学からしてこのようにして生きたままにするのは難しいと思います。大量出血で死ぬ可能性が高いです。
あくまで一説です。

話変わって「下手な復讐は身を滅ぼす」と言いますが、この呂后夫人の行ったことのためにある言葉かもしれません。
自分にとって妬ましい人間、気に入らない人間、等の殺害は戚夫人に留まらなかったとのこと。
この地位を利用した横暴行為で、だんだん支持されなくなり、新政権となれば降格人事、そして死後、妹の呂須はムチの刑で殺され、親族もクーデターで皆殺しになったそうです。

戚夫人への嫉妬心も、最たる原因は、実夫の劉邦の浮気性によります。
何も惨殺ではなく、降格人事や左遷等に留めておれば、逆に怨みを買うことは無かったはずです。

苦労をして来たかいあって地位を得たのは判るが、強い嫉妬心が身を滅ぼす結果となった「悪女」でありながら「悲運の皇后」ですな。
Commented by zhuangyuan at 2010-12-23 20:42
閲覧者さま 歴史は次の帝国の正統性を証明するために書かれますので前の帝国の悪者なんかは、あることないことあげつらわれて徹底的にこきおろされますよね。だからこそ今の地位を保つために酷いこともなんでもやってしまうのかも。そういうものだとして歴史を読むと興味ぶかいとおもいます。


<< 新羅復活      中国株はバブルか? >>