2008年 03月 02日

中華卓球

昨日は初めてテレビで卓球の試合を見てしまった。それも男子の。
愛ちゃんのニュースはしょっちゅうやってますが
試合をちゃんと見るなんてのはありませんでした。

たまたまチャンネルを換えていたら
世界卓球の男子団体準決勝をやってました。日本対韓国。
先鋒戦で吉田海偉vsユ・スンミン。

卓球もなかなか迫力ありました。
ユ選手もあどけない顔してすごかった。
なんとオリンピックチャンピオンでした。
d0018375_21534471.jpg

韓国選手の名前は漢字で書いてほしい。柳承敏って。
ユは想像通り。ミンもok。スンは何かなとおもってたら李承晩のスンでした。

日本の吉田選手もなかなかすごかった。
日本人というより香港の映画スターみたいな顔してるので
中国でも人気でるんじゃないの?
なんておもってましたらなんと中国から帰化した選手でした。
世乒赛男团半决赛韩国3-1日本 吉田海伟失分
高校から日本らしいのですが中国はやはり子どものころの卓球基礎教育がいいのでしょうか?

聞くところによると他の国の選手も中国出身者がほとんどだとのこと。
検索してみるとこんなデータもありました。中国出身者ばっかり 卓球世界ランキング
女子ではトップ20位のうち17人が中国出身。すごすぎる。
中国の国内競争のあまりの激烈さに海外に活路を見出しオリンピックに出てくる。
たくましいですねえ。
日本は柔道が強くても国籍変えて出てくる人は聞いたことがありません。

そもそも中国が国家として力を入れたのは
設備や場所に資金がかからずしかもトップを取れそうなスポーツだったからだそうですが
あまりに台もテーブルもちっちゃくて会場で見てて面白いのでしょうか?
会場は結構盛り上がってましたが
ショービジネスとしてはエンターテイメント性に欠けるような気がします。

でも誰でも小さなスペースで始められますから
余暇や運動不足には最適です。

最近私の祖母(87歳)は卓球を始めました。
近所の高齢者センターでいつも上手だと褒められると喜んでいました。

祖母は休日の朝早く、私のうちに来てひ孫のために果物などをくれますが
先日はなにやら余所行きの格好をしておめかししていましたので
何処かに出かけるのか?と問うと、
横浜に卓球をしに行くとのこと。

甥が昔卓球の選手で今もコーチとして活躍してるそうで
年賀状で試合を申し込んだらokしてもらえたとのこと。

なんでもその甥っ子、といっても私の大叔父ですから70過ぎですが
大学には卓球推薦で入ったらしく、いまの後身の指導にあったっているとか。
70と87歳で試合ができるスポーツってのはなかなかないですね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-03-02 22:11 | 時事 | Comments(0)


<< 南京の真実 映画鑑賞      毒入り? >>