中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 30日

ノースワースト

先日会社の忘年会で同席した顧問からこんな話を聞きました。
ノースウェスト航空はホントにひどい会社だと。

ノースウェストはNorth West でなくNorth Worst とかNotorious Worstだとか
よく言われていますが私自身はどんなものか経験したことがありません。

なんでもGWに家族でグアムに行った際に帰りの便がオーバーブッキングで
乗れなかったそうです。
ここまではありそうな話ですが問題はそれに対する応対。

係員に文句を言うと
返ってきた答えはこんなもの。

「我々は連邦で定められた法律でオーバーブッキングする権利があります。
お客様はいつも突然キャンセルされますのでそれに備えた措置です。」

カチンと来て問い詰めると
「私どもは法律で守られています。」

まあ確かに本当にそういう法律あるんでしょうけど。
そのまま言っちゃだめですよね。

さらに激高すると、
「今晩はオーシャンビューのお部屋をこちらで用意します。
ルームサービスもつけます。」
と態度を軟化させたとのこと。

怒りおさまらないまま、そのホテルへ。
するとそのホテルは確かに海辺にはあるが小汚いビジネスホテル風なものだったと。
そしてルームサービスはなんとピザハットだったのです。

これぞノースワースト。さすがです。
よくこれでサービス業が勤まります。

なんでこんな会社なんだろうか?
そんなヒントがこのあいだ読んだ本にありました。
「変見自在 サダムフセインは偉かった」(高山正之 新潮社)

フラグキャリアの落日 と題する部分にこうあります。
空の権益はすごい金になるため利害関係国が禿げたかのように狙い、
台湾の国際線利権は蒋介石に恩を売った米義勇飛行隊フライング・タイガーの隊員が
ノースウェスト航空を作って飛ばした。

ではこのアメリカの義勇飛行隊はどうやって恩を売ったのか?
ちょっと検索してみますとこれが面白い。

アメリカ義勇部隊 American Volunteer Group

蒋介石の軍事顧問になったシェンノートとかいう退役軍人が抗日戦に備えるため
アメリカにわたりボランティアをつのり最新飛行機とパイロットを連れて帰って
抗日戦に義勇兵として参加したことになっています。

この義勇兵ってのがあやしくて
時のルーズベルトも承認して予算をつけた秘密作戦でパイロットも米軍から
出ていたということです。

つまり真珠湾の前から日本と交戦していたわけです。

この時代のアメリカで何が楽しくてはるか遠くの中国でボランティア戦わなくては
ならないか?戦闘機沢山持っていって義勇軍ってのはないでしょ。

しかも日本爆撃まで考えていたんですって。1941年・幻の東京空爆計画

太平洋の島々を日本本土防衛の最後の砦として奮戦していたときに
後ろから飛んできた可能性もあるわけです。
太平洋が落ちなかったらそうなったんでしょう。

謀略とはおそろしい。

そのフライング・タイガーがノースウェストをつくったとしたら
態度がいいわけありません。
そもそも日本をたたくための軍人たちが
なんで日本人観光客にサービスしなきゃなんないの。
ひとり一人の係員はどうか知りませんけど。
会社の本質って染み付いて離れないものなんでしょう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-12-30 21:48 | 文化、歴史 | Comments(5)
Commented by officemei at 2008-01-02 15:47
おめでとうございます。今年も楽しみに拝見させていただきますね。
Commented by tianshu at 2008-01-04 07:33
  遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!今年も頑張りましょう。よろしくお願いします。
Commented by tianshu at 2008-01-04 07:34
おひさしぶりです。

日本は一流のサービスを提供していますが、他の国の人にとっては、息が詰まりそうなところもあります。

Commented by zhuangyuan at 2008-01-06 14:58
officemeiさま
今年もよろしくお願いいたします。以前ご紹介いただいた周恩来の本を買ったまま積読でしたので今年は読みたいと思います。
Commented by zhuangyuan at 2008-01-06 15:00
tianshuさま
今年もよろしくお願いします。
最近サボっていて中国語で文章をあまり書いていません。
また書きますので中国語のご指導をよろしくお願いします。



<< 2008年指針      お正月がこわくなる >>