2007年 10月 28日

偽警官?

先日土曜日の中国語教室で先生が怖いめにあった話をしてました。

朝出勤途中に駅の改札を出ると
人ごみの中から男がやってきて、「警察です!」といって警察手帳を提示したそうです。
私服です。

中国人の先生は手に持っていったカード入れをハンドバッグにしまい
手で抱え込んで強い調子で「何の用ですか?」と尋ねたそうです。

すると男はさらに数名の男を手で呼び寄せたそうです。
怪しいと思った先生はすぐにその場を立ち去ろうとしたところ
その男は「ひったくりに気をつけてね」と言ってそれ以上は追ってこなかったそうです。

先生はその男を初めから怪しいと思い
カード狙いの引ったくりだと思ったそうです。
身分証の提示をもとめ財布やカードいれを出した瞬間引ったくり
人ごみに消える。そしてそのままカードで買い物、換金、現金引き出し。
そういう手口があるそうです。

そこで仕事のあとの帰りにその駅の交番に立ち寄り
一部始終を報告し、ついでに警察手帳を見せてもらったそうです。
するとやっぱり朝見たものとは全く違うもので
改めて恐ろしさがこみ上げてきたそうです。

引ったくりにも新たな手法があるんですねえ。
でもその引ったくりさんも相手が警察なんかはなから信用していない国のお方とは
いざ知らず成功にいたらなかったわけです。

北京でも警官はすごく嫌われています。
とくに交通を取り締まる警官はたちが悪いそうです。
まあ大体交通法規を遵守しているドライバーなんかほとんどいませんから
罰金とろうと思ったら取り放題。
飲み代少なくなったらすぐ取り締まり。

でもドライバーも知ってますから
免許の提示の後ろにお札を忍ばせれば
「行ってよし」

先日こんな話も聞きました。
知人は学生時代黒龍江省から北京に出てきて
友人数人と一緒に安アパートを借りて住んでいたそうです。

だいたい地方から来た人は同じ地区にかたまって住んでいたそうですが
時々夜に警官が見回りに来て部屋まで入ってくるそうです。
そこで職務質問。
受け答えする口音ですぐ北京人でない田舎物だとわかってしまう。

すると警官は居丈高に身分証明書見せろと要求し
そのまま没収してしまうそうです。
そして返してほしかったら金よこせ、となるそうです。
こうなるとただの恐喝です。
言うことを聞かないと棍棒で殴られたそうです。
身分証がないと北京で生活できなくなりますから
泣く泣くなけなしをお金を払ったそうです。

その警官たちはその集めた金でみんなで賭けマージャンをするそうです。
お金がそこをつくとまたやってきて元手をつくるそうです。
性質の悪さにも限度がありますね。

それって本当の警官ですかね?と問うと、
それが偽者かなんて疑う余裕はまったくなくただ身分証を返してほしかったとのこと。

でも偽警官も多いそうですから。
何しろ5年間で32万着の偽制服が摘発されたそうですから。
街にあふれる偽警官

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-10-28 21:51 | 時事 | Comments(2)
Commented by ケイチー at 2007-10-30 04:50 x
そういえば、中国軍の偽ナンバーをつけた車が多いというニュースもありましたわ。
軍の車は優遇されていて、交通法規を守らなくてもいいからだとか。
そもそも、そんな慣習があるのが原因だと思いますが。

市民生活を守る警察がそんな腐敗ぶりでは、人々の暮らしも大変でしょうね。
日本の偽警官にも気をつけないと!
チラと警察手帳らしきものを見せられたらすぐに信用してしまいます。
疑う習慣がないので。肝に銘じます。
Commented by zhuangyuan at 2007-10-30 21:18
ケイチーさま
私は軍OBで現会社社長の運転する軍ナンバーの車に乗ったことがありますが、飛ばす飛ばす、ぐんぐんぐいぐい追い抜かして、挙句は進行方向逆側に堂々と路上駐車。沢山のんで帰りも運転して帰りました。ナンバーが本物かどうかは知りません。


<< 隣国 ソ連      二つの階級 >>