中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 30日

蒼頡

蒼頡たちの宴―漢字の神話とユートピア
武田 雅哉 / / 筑摩書房

読了。

この本は新井一二三氏の本で紹介されててずっと読みたいと思っていたものです。
蒼頡(そうけつ)といったて普通のひとは全く知らないと思いますが
漢字を発明したとされる人です。

言葉なんてなんとなくコミュニティで発生していって
文字だってなんとなく始まりそうな気がしますが
漢字は発明者がいるのです。

表音文字は決め事ですからいいものの
表意文字を発明するってのはちょっとすごい。
しかもそれが4000年も5000年の生きながらえて世界の五分の一で通用する。

それはどんな人だったのか?
4つ目だったのです。眼球が四つってことです。
そうでなければこんなすごいこと出来ない。

この漢字が中国全土に広がり、さらには日本も含めた中華圏まで浸透し
文字を見れば話す言葉の異なる人たちがお互いに理解できてしまう。
こんな現象は大航海時代に中国にやってきたヨーロッパ人からみたら
びっくり仰天のことだったとのこと。
宇宙人の交信を見ているようだったそうです。

でもこの漢字もいいことばっかりではなく
あまりにも沢山ありすぎて、難しいため、国民国家の時代には適応せず
文盲率が高くて国力が上がらない。

そこで近代ではいろんなnew蒼頡が出てきて漢字と格闘し
簡素化を図ったり、表音文字化をたくらんだりして、敗れ去ってきたのです。
日本語使ったら一番よかったかもしれません。
表意文字と表音文字のミックスで貴族から庶民まで文盲率は高くなかった。
ひらがなは読めます。

漢字の欠点の克服という意味では現中国共産党政権は
発音の共有化と文字の簡素化で大進歩をもたらしたんじゃないでしょうか。

偉大なるピンイン、普通語、简体字。

技術の進歩を背景に中国が道路でつながり一つになって
朝から晩まで同じテレビをみて
学校で習ってれば同じ言葉をしゃべれます。

しかもこれからはPCとネットの世界ですから
キーボードをトントンたたけば難しい漢字だって簡単に書けちゃいます。
それに加えて電子辞書もありますからピンインで素早く引けちゃいます。

これで4つ目が発明した漢字怪獣を倒せるかもしれない。
いや飼いならせるかもしれない。

私は倒さないで飼いならしてほしいのです。
なぜならこの中国大発展の時代に漢字は欧米人に対する壁になるでしょう。
我々漢字を操る日本人は圧倒的に有利です。
だっていまから小学校にもどって一から漢字を覚えるようなものです。
気が遠くなります。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-09-30 17:49 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)


<< 林彪 復活      華僑はつらいよ >>