中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 09日

狙撃手

私は出張で海外に行った際、ホテルでよくCCTVを見ます。
今回も何気なく見ていると警察の制服を着たスポーツ刈りの青年がインタビューを受けていました。

なにやら犯人逮捕の英雄として特集されているそうです。
凶悪犯人を追い詰め、逮捕に至るまでの様子を語っています。

どうやら最後には犯人を狙撃したようです。
犯人の隠れ家を探り出し、取り囲み、犯人が出てきたところをズドン!
手に汗握る緊迫の場面をインタビューしていきます。

日本だったらこんな番組は考えられない。
犯人を狙撃した警官を英雄として報道することもない。
そもそも警官は銃を撃たない。
先日も拳銃を持って妻を人質にして立てこもったシャブ中ヤクザを包囲するものの
説得に終始して挙句、一名が殉死。
あまりにもシャキッとしない結末でした。

興味深く番組を見続けていると、もっと驚きました。
実写映像になり、彼がうつぶせになりライフルの照準を合わせている姿が写されました。
そしてなんと犯人を狙撃するところまで写すのです。

ズドン! ひざがガクッと落ちる犯人。体勢を立て直しびっこを退きながら逃げようとします。

すごい番組だ。大体なんで凶悪犯人を追い詰めている警察隊にテレビカメラがはいっているのか不思議です。

でも再現ドラマでなく、実写ですから迫力あります。
日本の警察24時かなんかの番組で酔っ払いや暴走族捕まえるのとはわけが違います。

彼は唐鋼という名前なんですがネットで調べてみると
武装警察として戦功がすばらしく沢山賞ももらっている有名人のようです。
共産党新聞にまで記事になってました。

他曾因战功突出,一次荣立个人一等功,两次荣立个人三等功,荣获第八届中国武警十大忠诚卫士提名奖,当选贵州省第三届十大杰出青年卫士、贵州省第八届十大杰出青年、黔西南州第四届十大杰出青年,两次被总队评为优秀共产党员,两次被评为优秀“四会”教练员、优秀基层带兵干部。


なんだかわけわかりませんがいっぱい手柄をたてて表彰されているようです。

こんな狙撃場面を取るために番組やって
ホントに狙撃しちゃってちょっとやりすぎじゃないの?
やらせとはいいませんが狙撃が前提とはね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-09-09 22:20 | 時事 | Comments(2)
Commented by ケイチー at 2007-09-10 19:41 x
中華航空のパイロットも英雄のように扱われていましたね。
危機一髪で乗客を全員救助したといって。

ドラマチックなのがうけるのでしょうか。
Commented by zhuangyuan at 2007-09-10 22:17
ケイチーさま
パイロットは一応英雄に入るのではないでしょうか?最後まで残っていましたし。でもあの会社はひどすぎますね。それにしてもあんな小さな穴があんな大惨事になるとは。飛行機に乗るたびに過敏になります。


<< 小説 朝鮮総督府      暗闇の惨事 >>