2007年 08月 23日

チャイナ・フリー

先日NY帰りのお客さんと食事をしていましたら彼女が言いました。

「最近アメリカで面白い本が流行っていますよ。
中国製の製品を使わないで生活したらどうなるかって本です。」

曰く、こんな感じ。
ある家族が昨今のメイド・イン・チャイナの洪水に抗して
中国製製品を使わないことに決めました。

まず子どもの靴を捜しました。
いつもは$10で買っている中国製スニーカーにたいして
見つけたイタリア製のものはなんと$60。
ほかに選択肢がないので購入。

今度は子ども服を買いに行きました。
どこもかしこもメイド・イン・チャイナばかりで他の国のものがみつかりません。
そこで母親は決意して自分で作ることにしました。

ところが布も糸もはたまた針までもが中国製でにっちもさっちもいかない。
結局生活費が暴騰してしまった。

そこでその中国製なしの生活を本にすることにした。
その本の値段はなんと一冊$2000。
そのくらいで売らないとその家族は生活していけないそうです。

でもその本が結構売れてるんですって。

ということでちょっと調べてみました。
A Year Without
Sara Bongiorni / / John Wiley & Sons Inc

価格は3000円弱でした。でも$2000ってのもジョークとして面白い。


記事もありました。
A year without 'Made in China'

読んでみますとちょっと内容は違うが面白い。

あるクリスマスの日に、クリスマスプレゼントを中国製とその他世界とにしわけしたところ
25対14で中国の勝ちで、休日まで中国製なんだと思い、
夫も誘って一年間のチャイナフリーの生活に入ります。

それはそれは大変な生活で結局子どもたちが我慢できません。

お気に入りの靴はないし、おもちゃはデンマーク製のlegoしか買えない。

In the spring, our 4-year-old son launched a countercampaign in support of "China things."

春になると4歳の息子が、中国製品指示のカウンターキャンペーンを始めました。

そしてしばらくすると
In the bathtub one evening he told me how happy he was that "the China season" was coming soon.

お風呂の中で母親に言います、「中国の季節が早く来たらいいのになあ」

"When we can buy China things again, let's never stop," he said.
「中国のものをまた買うようになったら、もう止めるのはよそうね」


こうまで言わせるくらい我々世界のひとびとはメイド・イン・チャイナに
支配されているのです。

アメリカではチャイナ・フリーなんてキャンペーンもあるそうですが
自分がそれを始めたらと思うととても無理ですね。

先日西友で買い物をしていると
にんにくがありました。

中国産 5個 100円
日本産 1個 298円

これはやりすぎでしょ。いくら日本産でも。
わたしは当然中国産を購入しました。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-08-23 22:35 | 時事 | Comments(4)
Commented by じょめいめい at 2007-08-23 23:11 x
近来中国制造也不知招惹谁了,到处都在说中国的是非,这本书在中国的网站上也有介绍,当时看到标题只觉得这些人吃饱了撑的,闲疯了才去体会什么没有中国制造的日子,总是宣传中国威胁论,真的没了中国试试!
Commented by zhuangyuan at 2007-08-26 06:18
じょめいめい様
80年代の日本も日本脅威論で世界中からバッシング(bashing)されました。でも90年代は経済が低迷してパッシング(passing)されました。これも悲しいですよ。

ところでじょめいめい様のコメントの中国語訳はこんな感じでいいのでしょうか?

「最近、メイド・イン・チャイナが誰に迷惑かけったっていうのよ、どこに行っても中国の良し悪しばっかり話してさ、この本も中国のネットで紹介されてたけど、表題を見てすぐに思ったわ、こういうたぐいの人はもう飽き飽きだって、暇で頭おかしくなってはじめて中国製なしの生活を経験するなんて、これだって全部中国脅威論を煽っているだけじゃない、ホントに中国なしで出来るか、できるもんなら試してみたら!」

いざ日本語にしてみると難しい。間違いがあったら指摘願います。
Commented by じょめいめい at 2007-08-26 21:01 x
さすが状元さま、こんなに難しい文でもうまく日本語に訳してくれました。元々言いたいことをうまく日本語で表現できないので、中国語で書きました。特にあの「吃饱了撑的」、明らかに中国式の言い方ですが、状元さまの訳文をみると思わず笑いました、素晴らしいです。
Commented at 2007-08-29 07:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 暗闇の惨事      御用新聞 >>