2007年 07月 28日

独立戦士

先日バングラデシュに出張した際、首都ダッカでダッカクラブなるところに行きました。
ダッカクラブは最貧国バングラデシュにおける極少数の上流階層のためのサロンみたいな
ものです。イスラムの禁酒の国にでもここではお酒はなんでもOK。上流階層はどこでも優雅なものです。

そこで食事をした相手は初めて会う方でしたが
名刺の名前の横に'bir pratik'と書いてありました。
紹介してくれた方も「彼はbir pratikなんだ!」となんども繰り返します。

それは何かと申しますとなんでも独立戦争に貢献した人物に
政府から贈られた称号なんだそうです。

その称号がついているだけで皆から尊敬されるそうです。
確かにクラブに来ている客の多くが彼を見つけるとやってきて挨拶します。
見るからに高貴な感じで思慮深そうな控えめな方です。
とても戦争を勝ち抜いた戦士には見えないインテリ風です。

それもそのはず彼は戦争当時、軍人ではなく学生だったそうです。
19歳だった彼は学生を率いて戦ったい、その功績を認められ称号を贈られたそうです。
この称号をもらえたのはほとんどが軍人で民間人でこれを持っているのは非常に珍しいそうです。

で、聞いてみました。
そもそもなんで独立したかったんですか?

バングラデシュは1971年にパキスタンから独立したのですが
独立前は東パキスタンといいました。今のパキスタンは西パキスタン。
間にインドを挟んでまして飛び地国家でした。
イギリスから独立したインドは宗教により分裂しました。

独立戦争を戦った理由を彼はこう語りました。

「我々はベンガル人です。パキスタンはパンジャブ人です。言葉も全く違う。
当時パンジャブ人はベンガル人を奴隷のように扱いました。
イギリスから独立したにも関わらず我々には自由は全くなかった。」

うーん知らなかった。
だいたい飛び地で民族も違って同じ国ってのがそもそもわからない。
旧宗主国の分割統治の影響でしょう。

ちょっと調べてみるとバングラの当時の状況をわかりやすく説明したサイトが
ありましたのでご紹介します。貧困の悪循環-開発問題の本質
ちょっと引用します。
パキスタンというくびき

 英領インドから分離独立した東パキスタンは喜びもつかのま、今度は西パキスタンの植民地的存在となった。図は東パキスタン時代の物流である。ジュート輸出による外貨収入は西パキスタンの機械・原材料輸入に充当された。政府は国内産業育成のために外国製品に高い関税をかけた。そのため東パキスタンで消費する物資はすべて西パキスタンから買わねばならなかった。自分たちが作った製品の代金は「西」で使われ、その上「西」の消費財を買わされるという植民地そのままの経済構造であった。

 さらに東パキスタンの主要工業であるジュートおよび綿工業の大部分は西パキスタンの財閥の資本か、政府開発公社と組んで投資したものである。その利益は「西」に送金され、「東」に再投資されることはなかった。このため、独立当時はほぼ同水準であった一人当たりのGDPは1970年には1対1.6に拡大した。


イギリス植民地の構図とおんなじです。宗主国が代わっただけ。

彼らは言いました。
「そして我々はこうしてバングラデシュのパスポートを持ち
自らの国の代表としてこうしてビジネスができるんです。」

でも独立から早36年が経ちますが
恒常的な政治不安定や腐敗から経済が安定せず未だに最貧国に甘んじているところが
世の中の難しさを物語っていますな。

でもゴールドマンサックス社によると
BRICSにつづくNEXT11にバングラデシュがはいっていますので
これから期待できるかも。

でも昨年も政治混乱で選挙ができないで軍がバックの臨時政権が運営してます。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-07-28 22:09 | 文化、歴史 | Comments(1)
Commented by xia at 2007-08-06 22:50 x
这篇文章片假名太多,看得真累啊!!


<< 激烈権力闘争      MONSTER MONSOON >>