中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 16日

MONSTER MONSOON

出張でインド、バングラデシュ、シンガポールを10日間で回り、金曜に帰宅しました。
未だに腹が癒えず。

インドは大学の卒業旅行で行って以来14年ぶりの訪問です。
インドは昨今急速な経済発展を続けていますのでどれだけ変化したのか?

夜中の一時にカルカッタに到着。眠い。
例のごとく、荷物が出てこない。
一時間半待ってやっとこさ出てきました。

バンコク経由で入ってきたのですがこの便にはタイに物資の買い付けにいったインド商人が
多くのっているそうで荷物がメチャメチャ多いそうです。
荷物というより輸入貨物と言ったほうがよいのかもしれません。

荷物が多いだけなら一時間半も待たない。
この空港では荷物を下ろす作業員が疲れちゃうと休んじゃうそうです。
で一時間半。
この話は後で聞いた話ですので、もちろん出てくるまでは本当に到着してるのかさえ心配して
気が気じゃない一時間半でした。

なんか嫌なスタートです。

ゲートを出ると出迎えの方(日本の貿易商社の方とドライバー)が来てくれていました。

「状元さん、よくいらしていただきました。
しかし大変な時に来られましたね。街は水浸しですよ。
モンスーンが直撃していまして至るところで冠水してまして来る途中も水に浸かって
エンジン止まりましたよ。
ちょっとホテルまで辿りつけるかなんとも言えません。」

そんなバカな、ちょっと想像できない。
とりあえずホテルに向け出発。

しばらくすると水かさが増してきまして
夜中の真っ暗闇に点滅する信号がありまして、その前に数台の車が立ち往生しています。
その行く先は道路というより池です。しかも真っ暗。

しばし逡巡したのち、ドライバー氏は果敢に水の中に発信しました。
車の脇を波が動いてゆく。タイヤが埋まる程度の水かさです。
大丈夫かいな。

水の中を進むと二手に道が分かれています。
で暗くて狭いほうに進みます。
すると急に真っ暗になりました。
ヘッドライトまで水に沈んだのです。
当然マフラーも沈んでます。
だんだんタイヤも空回りが多くなり、エンジンは唸りを上げます。
そのうち水蒸気なのか何なのか煙がもくもく立ち始め、とうとう止まってしまいました。

車の中への浸水を恐れて足を抱えながら乗っていたのですが
ふと気が緩み、足を下ろす。ピチャ!
やっぱり浸水してました。で再度足を抱えます。靴は代えがありません。

ドライバー氏、再度アクセルを踏み込み、空回りしつつも何か動き出す気配。
かすかに進み始め、再度まわりの水を波立たせていきます。

すると前方に上り坂が見え道路が露出していました。
助かった!
「ここまでくれば大丈夫です。ホテルにいけますよ状元さん!」

こうしてやっとこさホテルに辿りつきました。現地時間3:30AM。日本時間7:00。

のっけからすごいスタートです。この旅は果たして終えられるのだろうか?

翌日というより当日は8:30から予定3時間のロングドライブ。
朝、部屋に届けられた朝刊を見るとこんな感じ。
d0018375_18204838.jpg

d0018375_18244882.jpg


モンスター・モンスーンですよ。見出しでびびっちゃいます。
48時間でどうなっちゃうんだろうか?
どこもかしこも水ばかり。ウォーターウォーターエブリウェア!

これはちょっと予定中止かななどと心配していたが決行。
雨季だから6時間かかるかもなどと脅されてスタート。
雨は上がっているものの道路は雨の影響でボコボコ。

いきなり渋滞で全く動かなくなる。
みんな車を降りて話している。
ドライバー氏が渋滞原因を調べに歩いていった。
戻ってくるとまもなく解消されるとのこと。

理由を聞くとそこはイスラム教徒の多く住む地域で政府に抗議するため
デモを行い道路を止めていたとのこと。
インドはいろいろありますなあ。

道は貨物トラックであふれています。
ところどころで路肩に落ちて立ち往生したトラックや
溝にはまって動けなくなったトラックが原因で渋滞を引き起こしています。

道路脇の家という家というか小屋はほとんど水に浸かり、
水かさが増してどう見ても湖か池にしか見えない田んぼを横目にひたすら車に揺られます。

ぐちゃぐちゃな道中でしたが何とか予定通り3時間ドライブで到着しました。
で仕事を終え、帰りも似たような3時間を過ごしホテル着。
もう初日からぐったりです。
もしこの予定が次の日であったらさらに土砂降りで行けなかったようです。

今回の出張は常に日程が順調に進むかばかりを気にして
ヤキモキしながら過ごした10日間でした。

でも今は日本にいますので何事もなく帰国したのです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-07-16 18:21 | 生活 | Comments(4)
Commented by じょめいめい at 2007-07-16 23:51 x
思わず笑ってしまいました、ごめんなさい、無事に帰ってきてよかったですね。でも、今日は地震がありました、日本もなかなか大変ですね。
Commented by ケイチー at 2007-07-17 11:02 x
車って、水に浸っても、乾かすとまた動くようになるんですか?
エンジンとかプレーキとか大丈夫なんでしょうか。
田んぼも・・・農作物の被害も大きいでしょうね。

インドはIT関係で世界中にその頭脳が輸出されているというし、本屋には「インド式計算」という本が山積みで。
急速に発展しているようなイメージがあるのですが。
中国と同じで格差が大きいんでしょうね。
Commented by zhuangyuan at 2007-07-17 22:55
じょめいめい様
日本の台風も相当なもんですが日本人には馴染み深いものです。しかしモンスーンといわれると得体が知れないので恐ろしいです。
Commented by zhuangyuan at 2007-07-17 22:57
ケイチーさま
マフラーから水が逆流してエンジンに水が入るとだめなようです。
インドの格差は中国以上じゃないでしょうか。道端でバラックに暮らしている人が沢山いますし裸の子どもがその辺でウンチしてます。
はずかしながらミーハーな私はインド式計算の本を出張前に購入しました。今度ご紹介します。


<< 独立戦士      1930年 魔都上海 >>