2007年 05月 20日

南蛮

中華思想では中華を取り巻く周りはみんな野蛮人で四夷と呼びました。

今読んでる「世界史のなかの満洲帝国」にその説明がありました。

東夷、西戎、北狄、南蛮。

夷は低いという意味でデルタ地帯で農耕と漁撈をいとなむ人々。
戎は羊毛の意味で西方の遊牧民。
狄は交易の意味で森林に住む狩猟民。
蛮は人の意味で焼畑農民を指すんですって。
そしてそれらに囲まれた城壁の中の都市に住むのが中華の人々とのこと。

というと日本を東夷というのは合っているような気がします。農耕と漁撈ですから。
でもその日本の武士のトップが征夷大将軍ってのはなんか変。
東夷が征夷って誰を撃つのか。日本の朝廷も中華になっちゃったんでしょうか。

四夷の中で日本語で一番なじみがあるのは南蛮かもしれません。
ポルトガル人は南蛮人と呼ばれます。

先日お客さんと食事をしていますと、その南蛮が話題になりました。
うまいと紹介してもらった蕎麦屋が期待はずれであったと言うと
「かも南蛮」食べなきゃだめだよと。

ところで「かも南蛮」の南蛮の意味をしってるかと聞かれました。
ポルトガル人が食べるような変なものって意味ですかねえ?

お客さんが答えて曰く
その南蛮はナンバンでなく本当はナンバなんだ。
大阪の難波。

カモ難波。じゃあどうして難波なのか。
難波とはネギのことで、昔難波はネギの一大産地だったそうで
大阪ではネギのことをナンバともいうらしい。

カモ難波がいつの間にカモ南蛮に転じてしまったらしい。
確かにネギはいってるなあ、鳥南蛮もカモ南蛮も。

そしてこの組み合わせも
「鴨が葱しょってくる」なんて諺にもなっちゃってるぐらいメジャーになったわけです。
でもその南蛮が葱だったなんて全く知りませんでした。

カモネギだなんていうのもカモナンだって言っていいのかも。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-05-20 22:53 | 言葉 | Comments(5)
Commented by かめ at 2007-05-22 15:26 x
東夷って元々山東や華東あたりを指していたと理解しています。
現代になって日本や韓国になったのでしょう。
少数民族の名前にはほとんど獣辺(けものへん)が就いてましたよ。解放後順次改めていきましたが。
似たような事情で未だに残っているのが「ビール」かな? あれ麦酒に代えた方がいいと思うけど。
Commented by じょめいめい at 2007-05-22 21:36 x
そういえば、前どこかで読みましたが、今中国の食べ物“馒头”の名前の由来は「南蛮の頭」って、凄いですね!頭までも食べられます。
Commented by zhuangyuan at 2007-05-23 21:37
かめ様
後漢書東夷伝に日本が載ってたんですよね、確か。
山東より東は全部東夷なんじゃないんですか?
ところで啤酒ってなんか他の意味があるんですか?
Commented by zhuangyuan at 2007-05-23 21:40
じょめいめい様
馒头ってのはそんな意味があったんですか。二本足のものは親以外は食すといわれてますし、そもそも野蛮人なんて人としてみとめませんからokなんでしょう。
Commented by かめ at 2007-05-25 10:27 x
後漢書東夷伝の時代になると既に中華の範囲も広がっていますね。東夷の概念ができた頃、恐らく周王朝の頃はまだ「中原」のみが中華、後の秦ですら西戎とは言われないまでも中原外の異民族国家の扱いのように思われます。
ビール、口に卑しいはないんじゃないかと思いまして・・・。 


<< 風水で金がたまる      渤海で日中合作 >>