中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 30日

ソフトは全部ただの時代

中国では映画でも音楽でもただでダウンロードし放題ですが
昨今、盗盤問題も含めて著作権問題がクローズアップされています。

ただこうしたソフトの問題は著作権だ何だってうるさいこといわず
全部ただで公開しちゃえばいいんだと思います。

北京にいたとき補習をしてくれたある学生は
自称貧乏学生でしたが聴きたい音楽はほとんど聴いて
見たい映画はほとんど見てました。
全部PCでただです。
そのPCも中古部品を組み立てて作った自家製です。
かなりのローコストでいい生活をしていた。
これも一種の民主主義かななんて思いつつうらやましく思いました。

結局著作権保護とかいったってそれは
その歌手なり製作者本人の創造物に対する保護というより
それらを取り巻く業界保護ですよね。
CD一枚3000円弱はあまりにも高いでしょ。
広告宣伝や物流費用がほとんどでしょう。

技術が進歩しちゃってソフトのコピーは容易になってしまったんだから
別の方法で儲ける仕組みをつくらないとやっていけないですよね。

親戚でアメリカの大手レコード会社の役員だった人がいますが
数年前に会ったとき、もうレコード会社はやっていけないといってました。
自分の子どももCDなんて買うことなく全部PCからただでダウンロードしてるっていってました。

トム・ピータースの本にもありましたが
将来著作権なんてものは意味がなくなりソフトはすべてただになると。
でもその分、本物の価値はもっともっと増してゆくと。
ソフトがただだとだれにもでも行き渡りその分人気も増して本物に会える
本物のライブを見れるという希少価値がましてゆくそうです。

前置きがながくなりましたが
中国で映画や音楽がただでダウンロードできるならネットの世界は一つですから
当然日本でも中国のものはただなんです。

その中でも一番ポピュラーなのは「bt下载」とかいう方法だと聞き
試してみました。私は著作権を侵すつもりはないのですが
中国の民主主義研究の一環として試してみたのです。

でも著作権を侵すつもりがなくても
もしかしたら著作権を侵しちゃうかもしれないなあなんて思いながら
ダウンロードしますと、これは未必の故意にあたるのでこれも問題です。

よってこれから書くことはフィクションです。ということにしてください。

btとはbitcometというものでまずこのソフトをダウンロードします。
そしてソフトを公開するウェブサイトから気に入ったソフトをダウンロードします。
コンピュータ的仕組みは全くわかりませんが
とりあえずやってみました。

こうした関連では昨今winnyがずいぶんと流行り、情報流出で問題になったり
逮捕者を出したりしましたが、こっちもウィルスなんかの危険はあるんだろうなと
おもいつつチャイナウォッチャーとしては前に進まなくてはなりません。
自己責任の時代ですからしょうがない。

で映画をダウンロードしてみるとポップアップがガンガン開き怖くなりました。
でも数時間経ってダウンロード完了。

するとウィルスソフトが警告します。
危険なファイルを発見しましたと。

でもアンチウィルスソフトつけてて良かった。
スキャンしてみると8個怪しいのが見つかりました。

で翌日pcをあけると今度は「トロイの木馬」を発見しましたと。
でもまたスキャンしてみるとまたいくつか怪しいファイルが。

それからpcを開くたび木馬ちゃん警告が発せられ
さすがに怖くなり、ソフトをすべて削除しました。

それから平穏な日々が戻ってまいりました。

でbtを紹介してくれた人に聞いてみました。
「それは運が悪い。私はそんな経験したことがない。」
「ところでアンチウイルスソフトいれてる?」
「いいえなんにも」

まあ風邪引いたときも
熱を測って、高熱だとわかると突然気分悪くなることありますし。

コンピュータウイルスだった気にしなければ害はないかも。
私にそんな度胸はありませんが。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-04-30 22:33 | 時事 | Comments(5)
Commented by dashi at 2007-05-01 18:21 x
先日、タダで落語が聴けるというのでダウンロードしてみました。(音声だけのようでした)
すると、まず広告が入るんですよ。キシリトールがどうとか、ガムの名前を言ってる。短いです。スポンサーはロッテみたいでした。ロッテ歌のアルバムを知っている世代だから、あの雰囲気だなとちょっと懐かしかった。
タダで聴かせるためには、かかった経費の元をとらないといけないですよね。アフリエイト以外にこんな方法もあるのかと(あまり知らないもので)感心しました。
著作権がどうのと目くじらたてるより、よっぽど実入り(宣伝効果)はあるんじゃないかと思いました。

中国のフリーソフトは危険ですか。タダより高いものはない。。
Commented by zhuangyuan at 2007-05-07 22:10
dashi様
落語をダウンロードとはずいぶん渋いですねえ。でも落語聴く人がガム噛みますかねえ。ロッテももうちょっと考えたほうがいいのでは。歌のアルバムなんてのは聞いたことないですね。フォークですか?
Commented by dashi at 2007-05-10 13:26 x
ロッテ歌のアルバムって、日曜日の昼間にやってた歌番組、、、だと思うけど。玉置宏がごまするみたいな司会してた。歌い終わったアイドルに籠に入ったチョコなんか手渡してましたけどね。違うかな??
Commented by ケイチー at 2007-05-11 07:57 x
皆さんおいくつ?私が最年長だと思っていましたが。
「ロッテ歌のアルバム」かすかに記憶にあるだけです。
もう28年も前に終了した番組じゃないですか。
多分、私が小さいころ放映されていたのでしょうけれど、演歌系は好きじゃないので見た覚えが無いです。

こちらのブログ、いろいろ面白い発掘がありますね。
Commented by zhuangyuan at 2007-05-12 22:26
ケイチー様は28年前の番組を覚えているということは28歳以上なんですね。私がロッテで最初に連想するのはレオン・リー兄弟です。レオン・ライじゃないですよ。


<< 白衣の天使 ナイチンゲール      落葉帰根 >>