2007年 04月 15日

バングラデシュで死ぬかと思った 

8日間の出張から今朝戻りました。
UAE、Bangladesh、Singaporeとまわりましたが
バングラ国内の飛行機でさんざんな目に会いましたのでご紹介します。

その日は夜中のフライトでドバイからダッカに入りました。
朝8時半に着くのですが機中でほとんど寝れませんでした。

というのも真っ暗な機内で多く人がうろついているのです。
私も寝るのをあきらめ、シートを起こすとバングラ人のおっちゃんがパスポートを
こちらに寄こしなんか言っています。
どうやら字がかけないらしく入国カードを書いてくれということらしい。
でもベンガル語なんで何を言っているか全然わかりません。

困惑してると隣のビジネスマン風のバングラ人が俺が書いてやると言い
すべて書いてあげました。するとさっきからうろついていた人たちが
続々とこちらへやってきて彼にパスポートを渡します。

5,6人分書いたくらいで彼も困って、トイレに逃げていきました。
時もかけない人が多数中東に出稼ぎに出かけているのです。
身なりがそれなりだったのは故郷に凱旋するかっこだったからなんです。

到着が30分遅れ、荷物を待っていると全然自分のバッグが出てこない。
というのもあの出稼ぎの人たちの荷物が異常に多い。一人ひとりがすごい量持っています。

でそこで45分ロス。
国内便への乗り継ぎが迫っておりはらはらしましたが
運よく国内便も遅れており間に合いました。

国内便は一時間遅れのはずが結局二時間遅れて出発。
待たされている乗客は航空会社のスタッフに詰め寄り遅れに抗議してました。
皆血相変えて抗議します。何言っているかはまったくわかりませんが
そんな抗議したって遅れるものは遅れるでしょ。
でも予定のアポは変更しなくてはなりません。

やっと出発。ちっちゃい飛行機なのでちょっと不安になりました。
何しろ最貧国の飛行機ですからたぶん中古です。

実は航空会社の選択にもひと悶着あって
最初は国営航空会社を予約していたのですが
たまたまバングラから来られたかたに日本でお会いした際に
国営航空会社はよく落ちるからやめたほうがいいとアドバイスされ民営会社に変更してたのです。何しろ安全ランキングで200位以下だとのこと。

旅行代理店に文句を言うと
状元さまはスケジュール優先で組み立てましたとかぬかしてしてました。
予定通りにすすんだって堕ちたらもともこもないだろ!

でその民間のちっちゃい飛行機にのって第二の都市チッタゴンへ。
離陸直後に眠りに落ちました。眠りからさめると現地人の同行者がいいました。

「Mr.状元、チッタゴンの天候が悪くてダッカに引き返すことになりました。」
「Really?」
「はっはっは、It's joke!」

なんだよつまんねえジョーク言うなよ疲れてるときにと思っていたら
ほんとに乱気流でタービュランスがひどくなりガンガンゆれます。

もしかしてホントに着陸できないかも。

揺れに対して私は最初余裕をかましていたのですが
隣の同行者が前のシートにしがみつき、頭を下にしてスチュワーデスに何か怒鳴っています。
そのうち後方の女性が大声で神に祈りだしました。

さすがにビビッて来て、シートベルトを締めなおし、
前のシートをしっかりつかみました。

揺れながらの旋回を繰り返した挙句、結局着陸できずに別の小さな空港に降り立ちました。

そこで缶詰3時間。
その間も乗客はスタッフに押しより大声で抗議。
意味ないでしょ。と私は冷めてました。

サングラスをかけた若いパイロットがやってきて
きちっと背筋を伸ばし、自信を持って乗客に状況を説明しました。
その信頼できそうな立派な立ち振る舞いに乗客もおとなしくなりました。

で再度の出発がやってきました。
パイロットが言います。

「悪天候は去りました。100%の自信があります。でもお客様にはオプションがあります。
バスで行ってもいいですよ。バスなら3時間、飛行機は25分。」

100% confidenceと言われては信じるしかない。
で、ゴーしました。

20分後、今度は先ほどよりさらにひどいタービュランス。しかも長い時間。
祈りの叫びのなか、これはホントにやばいかなと思いました。
人生ってあっけないなあ、こんな終わり方かよと。

するとアナウンスがありました。あのパイロットです。
「悪天候により、ダッカに引き返します。」この一言。おいおいそれだけかよ。
それから高度を急上昇させ、機体は安定した飛行に戻りました。

なんだったんだこの一日は。でも死ぬよりはいいね。
パイロットに感謝です。判断はともかく、操縦技術は良かった。
祈りの叫びと皆の動揺のなか常に笑顔で対応していたスチュワーデスにも救われました。
彼女の笑顔がなかったらもっと不安になっていたでしょう。

乗客のだれもがこんな経験は初めてで二度と忘れられないと語り合っていました。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-04-15 22:44 | 時事 | Comments(12)
Commented by えびりん at 2007-04-16 14:46 x
「サウジとシンガポールかあ。いーなー!」と思っていたら,

バングラで,そんなことを体験されているとは・・・
(出張でサウジとシンガポールというのは,たまたま聞いていました)

一度死んだと思ったら,きっと,何でもできますね!


Commented by XIA at 2007-04-16 20:34 x
辛苦了!能有这么惊险刺激的经历,我还有点儿羡慕呢!
Commented by Shira at 2007-04-16 21:54 x
すごすぎます...。


Commented by じょめいめい at 2007-04-17 22:34 x
私はね、毎度飛行機を乗ると、必ず人間がひどくちっぼけに思えるよ、万が一落ちたら、自分は何もできないでしょう、死を待つしか。。。
Commented by ケイチー at 2007-04-19 03:30 x
飛行機の事故は大きく報道されるし、落ちたら死ぬ確率が高い。
でも、事故にあう確率は自動車の方が高いんですよ、と聞いたことがあります。
でもねえ、「あああ、落ちる、落ちる~」と思いながら死ぬのって、時間長い分残酷だと思いますよ・・・。

結局一日グルグル回って生きるか死ぬかの体験をなさったわけで。
お疲れ様でした!
Commented by zhuangyuan at 2007-04-22 22:45
えぴりん様
サウジでなくアラブ首長国連邦です。同じアラブでも自由度が全然ちがいます。DUBAIは最近ハネムーンでも人気だそうです。
Commented by zhuangyuan at 2007-04-22 22:47
XIA様
生きて帰ってくれば話のたねになりますのでちょっと得した感じはしなくはないですが、やっぱり二度は経験したくないですね。
Commented by zhuangyuan at 2007-04-22 22:50
じょめいめい様
ほんと何もできないと実感しましたね。ぎゅっとシートをつかんで体に力入れたって意味ないし、水に落ちてもこの高さならコンクリートに堕ちるのと一緒だろうななどと考えていました。
Commented by zhuangyuan at 2007-04-22 22:51
shira様
ちっちゃい飛行機はもう乗りたくないです。
Commented by zhuangyuan at 2007-04-22 22:54
ケイチー様
確率の問題ですと飛行機はあまり落ちないらしいですが発展途上国の国内線は中古飛行機が多く堕ちても報道されないケースもあるそうです。発展途上国は車も事故が多いですから比較するとやっぱり車で死ぬ可能性のほうが高いんでしょうね。
Commented by かめ at 2007-04-23 12:59 x
結局チッタゴンには行けずでしたか?
ワタクシメも中国の「運七」で酷い目に遭っています。
Commented by zhuangyuan at 2007-04-23 21:34
かめ様
「運七」とは中国の国産飛行機の名前ですね。googleで調べました。
「運七」と検索しただけなのに何番目かには「河北に堕ちた」との記事がありました。ほんとこわそうです。


<< 中国語は世界語      流転の王妃 >>