2007年 03月 10日

端午の節句は韓国由来?

先日中国語教室で韓国の話題になり先生が言いました。
韓国は端午節を韓国のものだとして世界遺産に登録したと。

私はちょっと意味がわからなかった。
中国語だったので意味を取り違えたかと思いました。
でもやっぱりそういう意味だとのこと。

なんでそんなものに世界遺産が出てくんの?
そもそも端午節は中国でしょと。
韓国は何かと韓国起源にするのが好きですがこんなお祭りを登録しても意味ないでしょ。

ただかくいう私も端午の節句が中国にあるのを知ったのは中国語を勉強し始めてからなんですけど。
端午の節句

2005年11月に無形文化遺産として韓国の江陵端午祭というものが登録されたとのこと。
当時中国では大反対が巻き起こり韓国を非難したとのこと。
ネット上のご意見はこんな感じ。中国端午节VS韩国端午祭
中国のほうが千年古くて、江陵って地名も端午節が盛んな湖南省にあるぞー。

学者の中には比較的冷静に分析して中国の端午節も伝統ある文化であるが
日本や韓国などにも独特の端午節があるので登録を非難しても意味がないとの
意見を出しています。端午节被别国抢注事件追踪

またこんな意見も。
往往被人们忽视,也没有得到重视和应有的保护,端午、重阳节等传统的民族文化节日已渐渐受到冷落,情人节,圣诞节等洋节日反而越来越时髦,被商家和媒体炒作得更厉害了。

(民族文化の伝統は往々にして軽視され、重視や保護をされず
端午節や重陽節などの伝統的文化祭日はすでにだんだんと寂れていき
バレンタインやクリスマスなどの西洋の記念日がどんどん流行っていき
商業やマスコミの煽りもすごいことになっている。


よってこうしたことで伝統文化が注目されることはいい機会だというのです。
確かにいえてますよね。

なんていいながら私、日本の端午の節句の由来なんてのは全く知りませんので
ちょっとお勉強。端午の節句・・・その由来といわれ~

季節の変わり目の端午の日に厄除けのため菖蒲を飾っていた。
それが江戸時代に菖蒲が同音の尚武にかけられ
武士の子どもたちの尚武の日となり、一般にもひろがり男の子の節句となったそうです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-03-10 22:43 | 文化、歴史 | Comments(0)


<< 甘粕正彦      こりゃひどい 和食 中国語メニュー >>