中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 05日

自転車に乗った象 中国大発展

中国が世界をメチャクチャにする
ジェームズ・キング / / 草思社
読了。面白かった。

中国の大発展の影響や矛盾についての文章はいくつも読んだし
テレビや雑誌でもしょっちゅう特集されていますのでちょっと飽きており
特に驚きを感じることもなくなっていたのですがこの本は内容が多岐にわたり掘り下げられ
興味深いものでした。

外人(西洋人)の書くアジアに関する本はえてして偏見や無知が多く読んでいて不快なものも
多いですがこの元フィナンシャルタイムズ北京支店長は山東省に留学経験もあり
中国での記者歴も20年以上で、おそらく中国語にも堪能で、ミクロからもマクロからも
いろんな中国を描写していてしかも的確。世界がいかに中国の大発展に翻弄されているかを教えてくれます。

例えばわが鉄鋼業界の例も載っています。
ドイツ軍に戦車や戦艦に使う鋼板を供給して帝国の歴史を支えてきたティッセンクルップと
いう製鉄会社がありますがドルトムントにある製鉄所は丸ごと解体されて
江蘇省の沙鋼という会社に買われてしまいました。
製鉄所と簡単に言いますがこれは一つの街みたいなものでかつては一万人の労働者が
働いていたそうです。
それが90年台末期の世界的な鉄鋼不況時に衰退し2000年台の初めには
急速に鉄鋼需要が爆発しつつある中国に買われてしまったのです。

解体された設備はなんと合計250,000トン。
それが全部中国に運ばれ再組み立てされました。
その組み立て作業の説明書だけでな、なんと40トンもあったそうです。
小錦200人分の書類ですよ!

残された更地を見た街の人や職を失ったワーカーの人の感慨はどんなものか
想像に難くないですね。アジアの巨像に対する恐怖がありますよね。

こんなような中国の大爆発の影響が
アメリカ、イタリア、アフリカなんかでで次々と起こっているのです。

もう誰も止められない。このまま行くと地球までおかしくなっちゃう。
欧米人ならではの視点でこの発展をアメリカのかつての発展と比べたりしてとても面白かった。

中国巨大マーケットに皆が吸い寄せれていく。
世界の国々にとってこのウルトラビッグな市場は魅力なんです。
そんなことを知っていて薄熙来商務部長なんかはこんなことを言ったそうです。

「中国は一つの大きな家だ。
二億人の子供が中学に通い、毎日二万二千人の女性が結婚し
四万四千人の子供が生まれます。
また人々は160万頭の豚と240万羽の鶏を毎日食べています。」

すごい市場です。何でも売れちゃいそう。

中国国内の企業だってもちろんこの市場の魅力に幻惑される。
だからどの産業も供給過多。
例えばバイクなんて500万台しか売れないのに1500万台の生産能力があるそうです。
中国人のうちの3%しかバイクをもっていないので将来は爆発的に需要が伸びると思ってしまう。
どんな製品でも大体そうですね。だから価格は常に安い。
不思議なのは銀行がそういう企業に金を貸すこと。
著者曰く、中国には破産法がないので会社がつぶれない。
また預金率が高く資金が沢山あるので回収を急がないそうです。

まあともかくこの急速大発展は迫力があります。
みんなを巻き込んで激走してとまりそうにない。

でもと待ったら怖いですね。
中国は自転車にのった象なんですって。
とまったら周りを巻き込んでひっくり返る。

そうなりゃとなりのわが国は大変です。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-02-05 22:56 | 中国関連DVD、本 | Comments(4)
Commented by かめ at 2007-02-10 23:52 x
面白そうな本ですね。中国が無秩序に遅れを取り戻そうとしている姿は理解できないでもありませんが、恐ろしい事でもありますね。環境問題jひとつとっても、「先進国が問題を起こしたのに、なぜ中国が犠牲にならなければならない」というお決まりの言い訳も困ったものです。
それと、中国には「破産法」という法律は存在しています、一応。
Commented by tianshu at 2007-02-11 19:14 x
こんにちは!

 zhuangyuan さんの文章もとっても面白そうです。
今まで中国はそんなに怖いとは思わなかった。いつも自分の国は実は弱いと思っています。
 でも、確かに兼摂ブームはまだまだ続いています。私の実家のほうでは、トラック一台買ったら、一年以内新しいトラック一台儲けるということ、若者たちは今トラックに夢中になっています。苦労はするけれど、やりがいがあるようですね。若いうちに苦労すれば、マンション、車、子どもの学費など、一括で用意できると思っているかもしれません。
 
 「中国は自転車にのった象」という言い方はとっても面白いですね。そんな丈夫な自転車があるかしら?絵本の話みたいです。(笑)

 またお邪魔させてください。
Commented by zhuangyuan at 2007-02-12 16:23
かめ様
経済の発展と環境保護の問題は倫理が衝突して解決が難しいですね。
でも一番ふざけてるのは京都議定書にサインしないアメリカだと思います。
Commented by zhuangyuan at 2007-02-12 16:26
tianshuさま
経済大発展は物流が整わないといけませんからトラックは非常に大事です。日本も70年代に「トラック野郎」という映画が流行りました。でも金儲けもいいけど安全第一をお忘れなく。


<< テレサ・テンはスパイ!?      金儲けも楽じゃない >>