2006年 12月 24日

日本企業=中国政府?

私が購読しているメルマガで「甦れ美しい日本」というのがあります。
古きよき日本を取り戻そうという趣旨のメルマガで執筆陣は外務省の対中姿勢なんかには
かなり手厳しいし、現中国に対する批判も盛りだくさん。

その執筆陣の一人に元民社党書記長、塚本三郎氏がいます。
(旧民社党は骨のある人が多い。西村眞吾とか河村たかしとか。)

12/4 第095号に塚本氏の「中国人民不満の実状」という文章がありました。
この文章は鋭い指摘をしていて、しかも偏ることなく感銘を受けました。

要旨は下記。

中国人民の反日姿勢には原因がある。
それは小泉首相が靖国に行っているからではない。
中国に進出した日本企業が自らの利益だけを追求し人民の不満を省みないからだ。
彼らは共産党幹部だけ抑えておけば何とかなるといった姿勢である。
人民とっては共産党幹部=日本企業で不満の対象である。
日本企業幹部に小泉首相を批判する資格はない。
自ら襟を正せ!

ずいぶん簡単にしていまいましたがこんな感じ。
ちょっと抜粋してみます。

「共産党の権力者さえ抑えておけばなんとでもなる」という台詞は、中国へ進出した日本のビジネスマン達が使う常套句である。
しかし、このセリフほど中国の一般人民を無視した考えはない。
もちろん、それが現在の中国にとっては当り前の話であるが。
当り前であるからこそ、その裏で何が進行しつつあるかを知るべきだ。現実がいかがで
あろうと、中国人民は、日本人に対する深い敵意を抱いていることを、日本の進出企業
の経営者は軽視している。

自分達は家賃五〇万から六〇万円の高級マンションに暮らしながら、中国人には、物価
が安いからと、月二、三万円の給料しか支払わなくても、何の疑問も感じない日本人。

中略

いま中国に進出している企業の幹部で、唯一人といえども、中国の大地の土となろうと
決心している幹部が居るであろうか。例えば、現地の土となるならば、現地の人を重要
スタッフに抜擢し、ふさわしい給与をも支給するに違いない。
一方、日本企業と中国の一般人の間には、不安定ながら、共に豊かになるという利益共
同体としての、相互の安心感もある。


中略

経済界が小泉首相に、「靖国神社参拝を控えて欲しい」と繰り返すことで、思考停止状態
になっているから、根本的な解決にはほど遠い。日本の経済人こそ、中国人民の一番近
くに居りながら、自分等の仲間である従業員の反日に気付かないのか。

従業員達は、お金儲けの為に面従していても、誇りが傷つけられている。中国人に反日
の感情を引き起こしている根本原因は、日本企業や日本の経済界にあって、政治でも、
歴史教育でも、そして靖国問題でもない。それ等は、政治の一時的現象に過ぎない。

中国政府は、日本経済とは利益を共有している立場にあるからこそ、問題を追及してい
ないだけである。そこにこそ中国人民の不満、反日感情の根がある。このような人民の
反日感情は、「日本と中国政府を共通の敵」とみなして、反日暴動となる可能性がある。

(ご興味ある方は文末に全文引用しますのでそちらをどうぞ。)


引用長くてすみません。共感するとこころが多いもので。

私は日本企業の現地採用スタッフ(中国人)と話す機会も多いです。
というより日本人幹部と話すと社交辞令の応酬でつまらないので
現地の方から生の声を聞いています。

今回も一杯やったのですが上記の塚本さんのおっしゃるとおりの現実がありました。

日本人駐在員は王様だと。
通勤は運転手付き車、住むのは高級マンション、月50-100万円。
夜は接待と称して高給料理を会社の金で。
土日も会社の金でゴルフ。
自分の金は使う暇がありません。

「じゃあ自分の金は愛人に貢ぐだけだね。」と問うと、

「状元さん、愛人だって会社の金ですよ。
食事の後、愛人の店に毎晩行って金払ってますよ。」

これは別のところで聞きましたが
ツワモノになると愛人を囲うマンションまで会社に回しているとのこと。
社宅代に上乗せでマンション三つ借りてるおっさんがいたそうです。
しかも単身赴任じゃないそうです。すごい肝っ玉。

まあなにも駐在員じゃなくて日本にも会社の金で愛人を囲うオヤジは結構いますが
問題なのは中国であること。

日本企業に勤める現地スタッフはいくら優秀でも出世の見込みはゼロ。
大体はトップクラスの大学出て語学もできて優秀ですが給料は欧米系に比べてかなり低い。
もちろん日本人幹部にくらべたらチョー低い。
いいところといえば雇用が比較的安定していること。
でもこの安定ってのは日本人の下での安定。上にはいけません。
実際仕事をしているのは彼らですが、定期的に行われる人事異動で東京から
素人がやってきて何も知らんくせに威張る。
やってられませんね。

地方にある工場での幹部とワーカーのギャップなんてもっとひどいんでしょう。

こんな方々が日本に帰って中国を批判する。
共産幹部の腐敗がひどいし、貧富の差がひどくて暴動起こるよなんて。
実際その腐敗や貧富の差があるから利益を上げられているのです現地日系企業は。

せめて日系企業は人事の点で改革が必要でしょうね。
欧米系はほとんどローカルスタッフが中心に仕事してます。
そうでないといつまでも外様で溶け込めないし怨嗟の対象になって終わってしまう。

以上






○日本経営者の不遜

「共産党の権力者さえ抑えておけばなんとでもなる」という台詞は、中国へ進出した日
本のビジネスマン達が使う常套句である。しかし、このセリフほど中国の一般人民を無
視した考えはない。もちろん、それが現在の中国にとっては当り前の話であるが。
当り前であるからこそ、その裏で何が進行しつつあるかを知るべきだ。現実がいかがで
あろうと、中国人民は、日本人に対する深い敵意を抱いていることを、日本の進出企業
の経営者は軽視している。
自分達は家賃五〇万から六〇万円の高級マンションに暮らしながら、中国人には、物価
が安いからと、月二、三万円の給料しか支払わなくても、何の疑問も感じない日本人。
日本企業の進出によって、非能率な中国の国営企業が駄目になり、職を奪われた中国人
民にとっての憎しみが、日本企業に向けられることは、自然の成り行きである。それと
組んで、人民をないがしろにしている自国の権力者に対する、人民の憎しみは、日本企
業に向けられており、時と共に危機的状態に高まっているものと思われる。
例えば、かつて三百社あった中国の自動車会社は、今や百社に減ってしまった。四十余
年前、私が訪中したときの記憶で、強烈に残っている「紅旗」も、今は天安門前の「飾
り物の車」とされている。この「車」こそ中国の「フラッグシップ」であり、中国人の
誇りであった。この誇りも対外開放によって打ち砕かれ地に墜ちた。原因は日本をはじ
めとする外車の流入である。安くて快適な日本車が入って来て、三百社が無傷だと考え
るほうが無理である。 
米国車、欧州車、日本車の洪水と化した中国である。
 車ばかりではない、あらゆる産業にも、無意識の下で中国人の誇りが傷つけられている。
外資の支配によって傷つくのは中国人ばかりではない、日本でも日産やマツダが、外国
人の社長にとって代られ、金融機関が外資の攻撃の前に、日本のブランド銀行が次々と
破綻し、外資のハゲタカに骨までしゃぶられる姿を、現在直面している中国人と思い比
べて、反日の原因がどこに在るかを、経済人は見定めてみる必要がある。
日本の経営者は、中国首脳の要求に応えて小泉首相の靖国神社参拝にクレームをつける
前に、もっと自分達の行って来た足下を見つめる必要がある。
去る二〇〇四年、友人とベトナムのハノイを訪れたとき、アルバイトで通訳をしてくれ
た女性の質問を思い出す。彼女はハノイの日系企業に勤めている。ところがその日系企
業の幹部は、月給一万ドルであると聞くが本当ですか。自分の二百ドルと比べ、余りの
差を思い出した彼女にとって、一万ドル(百十五万円)は夢の如くである。俺たちは一
等国だよ、君達は途上国ではないか。と言わぬばかりの不遜な態度が眼に見えるようだ。
この話は他国に進出している日本の企業の幹部が、そのような態度で臨んだとすれば、
現地の誇り高い民族には堪えられない屈辱であろう。
かつて、米国や南米に移民した多くの日本人は、移民先で嫌われることがあったようだ。
まじめに一生懸命働くけれども、現地の人と交流せず、ただお金を貯めた。そして一日
も早く故国に帰りたいという一念で生活を送っていたから、現地人と心の通うことはな
い。
いま中国に進出している企業の幹部で、唯一人といえども、中国の大地の土となろうと
決心している幹部が居るであろうか。例えば、現地の土となるならば、現地の人を重要
スタッフに抜擢し、ふさわしい給与をも支給するに違いない。
一方、日本企業と中国の一般人の間には、不安定ながら、共に豊かになるという利益共
同体としての、相互の安心感もある。
日本企業は、中国の輸出や、税金に大きく貢献をしている。また、中国側に対しても不
満足ながら、日本から中国へ技術移転も行なっている。
それなのに日本企業が行ってきた貢献を、中国の一般大衆には、実体を知らせる努力を
していない。わかってくれていると思っている、独りよがりが日本側にある。
また中国政府は、日本の貢献と努力を、自分達の手柄にしようとするだけである。
日本企業の経営者は、中国人民に対する、そのような宣伝と啓蒙を怠っているばかりか、
「中国共産党の幹部達はみな、日本が居なくなれば、中国は大変なことになることを知
っているはずだ」と、たかをくくり、大衆の動きを軽視している。こうした態度から中
国人民の不満はやがて不測の事態を起こす可能性が高まっている。
多くの日本企業が中国に進出し、日本人の多くが中国に暮らしている。経済界は最も日
本と中国の衝突に近い場所に居りながら、その危険を理解せず、その対策を講じていない。
経済界が小泉首相に、「靖国神社参拝を控えて欲しい」と繰り返すことで、思考停止状態
になっているから、根本的な解決にはほど遠い。日本の経済人こそ、中国人民の一番近
くに居りながら、自分等の仲間である従業員の反日に気付かないのか。
従業員達は、お金儲けの為に面従していても、誇りが傷つけられている。中国人に反日
の感情を引き起こしている根本原因は、日本企業や日本の経済界にあって、政治でも、
歴史教育でも、そして靖国問題でもない。それ等は、政治の一時的現象に過ぎない。
中国政府は、日本経済とは利益を共有している立場にあるからこそ、問題を追及してい
ないだけである。そこにこそ中国人民の不満、反日感情の根がある。このような人民の
反日感情は、「日本と中国政府を共通の敵」とみなして、反日暴動となる可能性がある。

○中国経済のヒズミ 

「白い猫であろうと、黒い猫であろうと、ネズミを捕る猫は良い猫だ」と説いた、!)小
平氏の南方巡視講和をきっかけに、怒濤の如く中国の経済は、社会主義から資本主義経
済へと進み、労働市場を開放し、日本をはじめ、自由世界各国から資本導入に成功した
のは、近々二十数年前であった。
それに伴う、交通、通信の整備の為、特にODAなる公共事業の為の無償供与を、日本
に辞を低くして当時の中国政府は要請し、日本政府はすべての面で協力した。
かくして中国のGDPは、世界注視の発展を遂げつつある。
!)小平から江沢民の時代に至って、非能率な国有企業中心から、一挙に開放経済に移行
し発展したとあれば、その間の「ヒズミ」は、経済成長と共に顕在化し、中国政府の無
能の非難と鬱積が、人民の間に台頭してきた。
 中国の経済発展が、自力での努力が中心であれば、問題は徐々に改革されつつ進んだに
違いない。だが中国の場合は、その大部分が、日本をはじめ、先進工業国からの資本招致
導入の成果である為、外国企業と競争して遅れた、中国国内の企業等との、極端な優劣の
ヒズミ、言わば「経済の勝者と敗者」とに現われつつある。
また自国の法人税が三〇%であるのに、誘致の条件として外国企業の税は、その半分で
あることも中国政府への憎しみを倍加している。
 中国に進出している日本企業の主目的は、良質の労働力と低賃金に在ることは言うまで
もない。続々と進出する外国企業に比べて、供給する労働者予備群は、底知れず多く存在
している。従って、余り給与の引き上げを必要としない。就職希望者は、農村奥地から、
そして、国有企業からの失業者、土地を追われた貧窮者等の群は、政府の規制の及ばざる
膨大な数と増え、勝者の外国企業と、敗者の中国労働者の対立となっている。かくして国
対国の姿が「反日」無罪、「愛国無罪」と叫んでいる限り許されると人民は計算する。
 しかし、そのことが、無能の政府への言い知れぬ不満であり、圧力となりつつある。

○人民の不満と権力者の卑怯

共産主義革命の実現は、資本主義が発展し爛熟したとき、その下で働く労働者と経営者
との間に貧富の格差が拡大し、労働者の暴動の一撃によって達成されると説いたのは、
彼等共産主義の始祖マルクスであった。共産主義革命の経本である。
資本主義が爛熟に至れば、権力者、及び経営者に対立して、一般労働者、または職を奪
われた失職者、土地を奪われた農民の群は、間違いなく暴徒と化することを、中国の権
力者が知らない筈はない。現に、毛沢東も、周恩来も、その対立の波に乗じた革命によ
って権力を得た政権でもあった。
 胡錦濤は、!)小平の素晴らしい発展の軌道を受け継いだ幸運と共に、それに伴って招い
た欠点、即ち権力者及び経営者と、人民との間の格差拡大に対する対立と不満を、当然察
知し対応すべきである。そして先進諸国が切り開いた、労働者大衆及び農民の声を受け容
れた「資本主義の修正」及び「福祉社会政策」を、じっくりと学び見習うべきであった。
問題の敵は身内に在るのに関わらず、中国政権は、その不満を解消する手段を「反日」
と呼ぶ外敵に求め、日と共にナショナリズム化させ、表面の不穏を湖塗している。
 それは、進出企業日本にも似た過ちがある。進出日本企業の勝手な経営の振る舞いは、
人民の非難を、日本政府の政治に、問題を転化している。
中国政府もまた、問題の大半は内政に在るのを、無理に反日教育を拡大し、数百に及ぶ
反日記念館までデッチあげて、人民の不満の捌け口として、政治問題化に努めている。
 中国の外貨保有高は、日本を追い越して、近々、一兆ドルに達して、世界一を誇らしげ
に宣伝している。安価な商品を洪水の如く全世界に流し続けた結果の貿易黒字であり、前
述の如く、安く、そして無尽蔵とも言い得る労働力の賜である。
 中国政権をして、自負すべき外貨は、まずは、それを稼いだ功労者である、労働者大衆
の為の福祉政策に活用すべきことは当然である。しかし、中国政府はそれをしなくて、一
にも二にも軍備拡張による、軍事大国をめざしつつある。
 中国政府は、貯めこんだお金の使い道を間違えている、人民大衆の不満を、権力、武力
で抑え込もうとしている。のみならず、なお不平と非難を、日本への内政干渉に向けてい
るのは、お門違いも甚だしい。
日本政府は中国政権の横車と内政干渉を、断乎突き放すことが大切である。
 日本は、中国のあらぬ非難に応えることを止めるべきだ。その結果起こるであろう、彼
等との対立と紛争を避ける事勿れ主義は、より大きな禍を招く。真の日中友好は、喧嘩を
重ねてこそ新しい実を結ぶはずである。経済問題と云う内政を、政治問題化している日本
経済界と、中国政権の見当違いを指摘する。         平成十八年十一月下旬

塚本三郎;                
愛知県名古屋市に生まれる
鉄道省名古屋鉄道局に勤務し、県立中学校(夜間)に入学
終戦とともに労働組合運動に従事
運輸省に転勤し、中央大学法学部(夜間)に入学
国鉄を退職し、中央大学法学部卒業
昭和 33年 挑戦4回目にして初当選し、昭和生まれ初の代議士
(日本社会党所属)となる(以後当選10回)
昭和 35年 民社党結党に参加
昭和 49年 民社党書記長に就任(国鉄改革・電電公社民営化に取組む)
昭和 60年 民社党中央執行委員長に就任
平成 元年 民社党常任顧問に就任
平成 9年 「勲一等旭日大綬章」を受章
[PR]

by zhuangyuan | 2006-12-24 10:02 | 時事 | Comments(8)
Commented by TIANSHU at 2006-12-29 18:21
zhuangyuanさんはいつも良い本を読んでますね。
感心しました。
Commented by かめ at 2007-01-01 17:47 x
これその通りです。しかし企業マンはどうすれば良いのでしょうか。
一方で、駐在員の的は本能寺(本社)にあり、という現地日本人の苦悩があります。 もっと言えば現地の日本人をも無視する本社にこそ問題あり、つまり、日本全体の話なのだと思います。
結局、相互理解なのでしょうか。 この話は現地で最も良く話される問題ですが、どうどうめぐりの出発点でもあります。
状元さま、お知恵を~♪
Commented by かめ at 2007-01-01 17:48 x
「敵」は本能寺・・・、 です。

明けましておめでとうございます。
今年こそ、良い年でありますように。
Commented by tianshu at 2007-01-01 21:02 x
新年快乐!

明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いします!
Commented by zhuangyuan at 2007-01-06 16:05
TIANSHUさま
あけましておめでとうございます。
今年も沢山本を読んでバージョンアップしたいです。
今年もよろしくお願いします。
Commented by zhuangyuan at 2007-01-06 16:12
かめ様
いつも現場からのコメントありがとうございます。実際の話、現在の日中経済関係は中国の安価な労働力を前提とした関係がほとんどですのでこの問題を解決するのは難しいでしょう。ただ現地におられる駐在の方々が自らの環境を天与のものと考えず謙虚な気持ちで現地従業員や周囲の方と接することが出来れば関係改善につながると思います。日本企業の中華主義いや本社至上主義は昔の軍隊の失敗の道を歩んでいるようで怖いです。アメリカの資本至上主義のほうがわかりやすくて誤解を招かないですね。
Commented by Xia at 2007-01-12 01:09 x
(ただ現地におられる駐在の方々が自らの環境を天与のものと考えず謙虚な気持ちで現地従業員や周囲の方と接することが出来れば関係改善につながると思います。)こんなところに目線を移す壮元様に感心します。


駐在員と一緒に働いた経験を持つ友達から似てる話は聞いたことがあります。うちの学校にもよく中国に派遣される前に、集中して授業を受けに来る人がいます、ほとんどの人はすごく礼儀正しく頭いいとの印象を残していただいてますが、たまには心配させる方がいますよ。中国語の心配ではありません、その人は日本人の素晴らしさを向こうに持っていけるかどうかの事です。


  あら~ヤバイ~~自分はどんな印象を日本に残したのか?~~~
Commented by zhuangyuan at 2007-01-14 18:08
Xia様
外国との交流経験がない方には、気が張って尊大な態度をとる方が多いように感じます。そういう方に限って欧米人相手だと卑屈になる。悲しいですね。日本人は自信をもちつつ謙虚に行きましょう。


<< 新年好!      アンベイはいいねえ!? >>