中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 23日

アンベイはいいねえ!?

最近出張に行くと、中国のお客さんと日本語、英語いっさいなし、
中国語オンリーで商況打ち合わせしたり、食事をしたりするケースがあります。
私の中国語も完璧ではないので甚だ心もとないのですが
こうした経験をしませんと一段上にいけませんので積極的にやってます。

あるお客さんと上海の四川料理店で食事をしました。
酒がまわってきたころお客さんがいいました。

「アンベイはどうだ?あいつはいいねえ」

アンベイ?なにそれ?

続きを聞くとシアオチュエンやらチングオシェンショーやらが出てきてやっとわかりました。
我々の首相はアンベイさんに代わったんだそういえば。

ちなみにシャオチュエンは小泉(Xiaoquan)でチングオシェンショーは靖国神社(Qingguoshenshe)

安倍さんが就任して即中国に訪問したのは相当受けがいいみたい。

「奴は面子をくれた。中国と日本は仲良くしなくちゃいかん。
小泉はとんでもない奴だ。」
などなどひととおり中方の意見をご拝聴。

すると今度はマアションタイランが登場。
日本語の個有名詞を中国語で初めて聞くと混乱します。
Mashengtailang麻生太郎です。
CCTVのニュースくらいは聞くようにしないといけませんね。
そうすりゃ時事ネタリスニングはいけるでしょ。

「奴は日本が核武装するべきと言ったが中国人は全然びびってねえぞ!
びびっとるのはアメリカだけや!」なぜか関西風になっちゃいましたが中国語でした。

「日本はアメリカを攻めたことがあるんだからまたやったらいいじゃないか!
日本人はアメリカに原爆落として何で恨まないんだ?
真珠湾にまたいけよ。」

こういうネタも結構疲れますので話題を転換を狙い逆に質問。

「真珠湾は当時のアメリカは攻撃される前にすべて知っていた。
でもわざとやられたんだ。米国を参戦させるために。知ってるか?
911だってそうだぞ。アフガンと戦争するために演出されたものだあれは。
ぶつかったのは旅客機じゃなくて軍用機だ。知ってたか?」

「なんか聞いたことあるなその話。とにかくアメリカは悪い国だ。
ルーマニアのチャウセスクが倒れたのもアメリカの扇動だし
大韓航空撃墜事件もアメリカの陰謀だ!
スカルノが倒れたのもそうだ。
六四(天安門事件)の時だってちょっとしたことを大げさに報道して煽ってた。
奴らの宣伝はほんとあくどい」

詳しい内容はいろいろ説明してくれたが私のリスニングがついていけなかった。

で私も酔っていましたのでついでに言いました。

「宣伝といえば蒋介石の国民党も同じだ。
日中戦争の時なんか宣伝映画撮影隊がいて自作自演で殺されたとこ撮って
欧米に送って宣伝してた。」

共産党でなく国民党のことを言ったのですが気に障ったようで

「じゃあなにか?南京大屠殺もインチキだというのか?」

この問題はあまり深入りしたくないのですが何も言わないのもなんなので

「攻め入ったのは事実。人も沢山殺した。でも30万はありえない。人口が30万いないんだから。
殺したのも軍人がほとんどだ。
また証拠写真にインチキ写真も多い。

でも私はその時南京にいたわけではないので真実はわからない。
ただそうであったと信じたい。」

と早々にこのネタを打ち切りました。

でも今度は話は731へ飛んでいきました。
無視もできないのでちょっとコメント。
「731は本当にあったが実験データはアメリカに全部取られた。
そのせいで隊長は死刑を免れた。」

まあお互い酔っ払っていましたので
とりあえずアメリカのせいにして
日本と中国は仲良くやっていこうとシャンシャンになりました。

中国の能力もこうした会話をスムーズにこなすには
まだまだ足りないのでこれからも日々努力いたします。
あんまりこういう会話ばかりでも疲れますが。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-12-23 23:06 | 時事 | Comments(3)
Commented by ケイチー at 2006-12-24 07:10 x
この方面の話題は、振られると緊張しますね。
私も何度か中国人と話をしましたが、相手は親日の方ばかりですし、何といっても日本にいての話ですから。
ホームグラウンドにいながらと、アウェーでは全然違いますから、zhuangyuan様のような体験は聞いているだけで身が縮みます。
議論するにしても基本になる知識が不足しているので、少しづつでも勉強していかなくちゃ、と思います。
Commented by zhuangyuan at 2006-12-24 10:17
ケイチーさま
私はこういう話が興味があるのでよく本を読んだりしますが、ビジネスの相手とはあんまり話したくない話題ですね。今回は向こうが二人でこちらが一人でしたが、あんまり大きな声で話すと援軍が来たら困るので周りを気にしながらやってました。でもこの手の話はお互い立場が違いますから永遠に相容れることはないでしょう。でも事実とそうでないことはきちんと区別したいものです。
Commented by ケイチー at 2006-12-24 13:10 x
避けてばかりでは通れない、のでしょうが、中国の人は皆おしゃべりの声がでかいし、野次馬根性は日本人より多そうだし。
周りを気にしながらでは、せっかくの食事の味も台無しだったのでは。


<< 日本企業=中国政府?      霧の上海 高速道路 >>