2006年 09月 14日

ブラジル移民の町

先日、群馬県の太田というところに行きました。
東武伊勢崎線を降りると、「Banco do Brasil」という看板が目に入りました?

タクシーの運転士さんに聞きました。
「なんでこんなところにブラジル銀行があるんですか?ブラジル人多いんですか?」

「太田よりも大泉町ってとこには沢山いますよ。人口の10%超えてるんだから。
あの辺りの三洋電機の下請けなんかはブラジル人ばっかりですよ。
でもいろいろ問題も多くてねえ、サンバカーニバルも中止になっちゃったし。」

なんかすごく気になって調べてみました。

群馬県太田市・大泉町についてというページで見てみると

人口4万強の町に4千人のブラジル人を含む6千人の外国人が住んでいるそうです。
80年代にバブル期に人手不足に悩み、外国人労働力に依存したが
ほとんどが違法滞在であり、その問題を解決するため
日系ブラジル移民を合法的に受け入れることにしたそうです。

日系とはいえ外国で育った方たちですので
地元民との軋轢も多いらしく
まるでブラジルの植民地だなどと嘆く人も出てきているようです。
そこで移民受け入れ推進派町長が落選し、町長が代わったとたんに
サンバカーニバルが中止になったそうです。
デカセギ=全国のモデルケース=大泉町の最新事情(3)=反発する地元商店主ら=「ここはブラジルの植民地」

ブラジルに限らないですがこの移民問題は個人レベルでの悲哀と苦しみではない。
一人の人生なんてものは大海に漂う木の葉一枚のごとく、歴史の潮流には逆らえない。
夢と希望を持って狭い日本を離れて憧れの大地ブラジルにわたったが
いつの間にやら祖国日本の方が豊かになってしまう。なんともやりきれない。
小泉さんの言うがごとく自己責任といえばそれまでだが
子孫はどう考えればいいのでしょうか。
先日はドミニカ移民については謝罪しておりましたけど。今頃言われてもって感じは否めない。

私はなぜだか小さなころからブラジルに憧れていました。
サッカーをやっていたせいもあるでしょうが、アマゾンのジャングルなんかにも
すごく興味がありました。仮面ライダーもアマゾンが一番好きですし。
移民ってのにも興味がありました。
でもある時、北杜夫の「輝ける碧き空の下で」という本を読んで現実の厳しさを認識しました。
移民とは戦いです。

私の曽祖父は教育者だったんですが生涯の夢はブラジルに日系人のための
学校を建てることだったそうです。
かれは昭和2年にカナダに教育状況を視察に出かけた帰りに
船を間違えたといって貨物船に乗りブラジルに行ってしまいそこで移民たちの奮闘に感銘を受けたそうです。
wikipediaによると最初の大量移民がブラジルに行ったのは1908年ということですから
まだ移民一世の時代だったわけです。
ただブラジルから帰った三年後には若くして亡くなってしまったので夢は果たせませんでした。

そんな時代から日本もブラジルもそれぞれ大きな浮き沈みを経て現在に至っています。
でも最近はブラジルも資源高騰などの影響を受け、BRICsなどと称され経済絶好調です。
またブラジルの時代が来るかもしれません。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-09-14 22:28 | 時事 | Comments(4)
Commented by hider at 2006-09-16 07:54 x
 間違えて船に乗れるんですか。おおらかなた時代ですね。
 北杜夫さんって、「楡家の人々」からお坊ちゃん育ちの印象があるので、「輝ける碧き空の下で」はちょっと驚きながら読みました。
 アントニオ猪木さんのブラジルですから、きますよ。
 ジャングルに憧れを持ってしまう私はジャングルはそのままにしておいてほしいですけどね。
Commented by azu-sh at 2006-09-16 17:35
移民の問題は複雑ですね。わたしが以前日本で住んでいた町は中国から来た人口が多く、回覧板やゴミ置き場の看板なども日中二ヶ国語でした。生活習慣の違いから隣家の日本人が耐え切れなくなって引っ越してしまうケースなどが続出し大変だったようです。わたしは近くにいい中文老師がいっぱいいてうれしかったんですけどね…。
Commented by zhuangyuan at 2006-09-16 21:15
hiderさま
昔は開拓といっても自然が圧倒的に強くて人間なんてちっぽけだったんでしょうけどいつの間にやら人間がつよくなって木を切り倒しすぎちゃって二酸化炭素が増えちゃった。自然は克服するものから守るものになっていますが自然を守れっていうのは先進国のエゴかもしれません。このへんの倫理は環境倫理学とか言いまして、読むと頭がこんがらがります。
Commented by zhuangyuan at 2006-09-16 21:21
azu-shさま
移民でも地域のコミュニティに溶け込んで社会環境に合わせて生活すればなじむんでしょうけど、いつまでも移民同士だけでコミュニティを形成していると地域住民との習慣の違いが軋轢を生みそうです。お互い知らないものは怖いですから。でも知ってしまえばただの人。習慣の差があるだけですね。


<< ドタキャンの真相      モンゴルが世界を創る >>