2006年 07月 12日

いっちぴ、にひき

今朝、2歳半の息子を保育園に送っていく時のことのことでした。

保育園のとなりには二匹の大きなゴールデンレトリバーがいます。
遠くからその二匹を見た息子が言いました。

息子「パパ、おっきいワンワンこわいねえ」
私「怖くないよ、やさしいよ」

息子「ねえパパァ、えっとえっと、ワンワン二ついることね、二匹ってゆうんだよ」
私「おお、すごいねえ、よく知ってるねえ、お兄さんだね」

気をよくした息子は更に続けます。
上の電線を見て

「チュンチュンも二匹だね」

ここが難しいところ。

私「チュンチュンは二羽って言うんだよ」
息子「へ????」
私「二羽だよ鳥さんは」
息子「??」

大混乱であります。
まだちょっと難しいでしょうね。
とりあえず私も説明を断念しました。

すると今度は
前方から小さな犬を散歩している女性がやってきます。

「パパぁ、ワンワン二匹ってゆうんだよ」
「ん?一匹でしょ一匹。ひとつなんだから?」
「いっちぴ?ちがうよ、二匹ってゆうんだよ」

どうやら二匹の意味を取り違えているようです。
「二匹(にひき)」というのを犬そのものを指す単語だと思っているようです。
保育園の隣には常に二匹の大きな犬がいますので
「二つ」というたびに「二匹」でしょと直されていたんでしょう。

ここではっきりしたのは
中国語歴4年の私の中国語は日本語歴二年半の息子よりまだレベルが高いということです。
私は「两条狗=二匹の犬」「两只小鸟=二羽の小鳥」も区別ができますから。
中国語のややこしい量詞も覚えています。
でも実は使うときは一个、两个になってしまう。はっはっは。

でも実は私が中国語を始めたのは上の娘が二歳のころでした。
はじめはいい勝負でしたが今では娘の日本語能力が私の中国語能力をはるかに凌駕しています。息子の場合も時間の問題でしょう。

最近言葉をどんどん吸収している息子はしゃべりたくってしょうがない時です。
なんでも口に出してトライします。

ある日のことお昼に私が息子に聞きました。
「今日のお昼はケッタッキー食べよっか?」
「ちがうよ。せんたっきは食べ物じゃないよ。」
「すんまちぇん」

言葉もどんどん使って見なきゃだめですね。
大人はまず考えちゃって
売る覚えのものは口ごもってしまいます。いかんいかん。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-07-12 22:04 | 言葉 | Comments(9)
Commented by ケイチー at 2006-07-13 19:04 x
ふふふ・・・言葉を覚え始めた頃の、子供の会話は面白いですね。
zhuangyuanさん、相変わらずいいパパぶりで。機会があったら、子供さんの写真を見せて欲しいですわ~。心配なら、ちょっとボカシでもかけて。
言葉を覚えるのに、ためらいは禁物、分かってはいますが、これが難しい。大人は頭が固いですよ、つくづく思います。

先日、6歳の娘に「お母さんって、おばあちゃんなの?」と、聞かれました。まだ孫はいないのに。おまけに「お母さん、年とったからおしまいなの?」とも。子供って残酷。

そうそう、覚えた中国語のスラングを、間違えたフリして、会社の実習生たちの前で使うことがあります。四声の違いでアブナイ言葉になるの、あるでしょう、いろいろ。でも私は中国語の下手な日本人だから分からない~。
あたふたしたり、「誰が教えた?」と怒ったりする実習生の反応が面白いデス。

Commented by dashi at 2006-07-14 17:43 x
ウサギは一羽でしょ、難しいですよね〜。
ときどき、日本語を習う外国人がとーーっても気の毒になったりします。
かなり日本語のうまい台湾出身の人が、「地道(じみち)に」というのが判らなくて聞いて来たことありました。地道というのは中国語ではほめ言葉でしょ、「地下道」の意味もあるけど。なまじ漢字が同じだから気の毒でした。
Commented by zhuangyuan at 2006-07-15 11:24
ケイチー様はスラングまでいけるんですか、すごいですねえ。普段から近くで生の中国語に触れられてうらやましく思います。こんどご披露ください。
頭突きされるようなのはだめですよ。
Commented by zhuangyuan at 2006-07-15 11:28
dashiさま
「地道」なんて言葉は日本語でもどう説明していいかわかりませんね。
地道に勉強していけば地地道道的中文が話せるようになりますかねえ。
Commented by ケイチー at 2006-07-15 21:42 x
近くで生の中国語といっても、彼らはもう日本語を上手に話せます。だから、私が片言の中国語で話しかけ、彼らが日本語で答えたりします。私の中国語が通じなくても、誰かがちゃんとした中国語に通訳してくれます。いかんですね、こんな暖かい状況にいては。

スラングは面白いですよ~世界共通の文化です!(言い切る)
ちゃんとした単語はすぐ忘れますが、スラングはすんなり入りますねえ。
新しいのを覚えたら、「いつ使ってやろうかなあ」と舌なめずり。
日本語もいけますよ!では次回、頭突き寸前のをご披露いたしますわ。
Commented by tianshu at 2006-07-16 23:52
こんばんは!お久しぶりです。

dashiさんのコメントはかなり面白いですね。今コメントを読みながら主人に「地道」の意味を聞きました。は~と思いました。初めて聞きました。
そう言えば最近はdashiさんのぶろぐにもぜんぜん行っていません。
何をしているのと、自分したくなります・・・・・・

息子さんは二歳だからまあまあ物事そのまま覚えていく段階でまだ大丈夫ですよ、
うちの三歳半娘は今日お爺さんお婆さんと一緒に出掛けたけど、
帰ってきた時泣いていました、
「どうして泣いたの?」とママが聞いたら、
「ママが好きだから。」と、お婆さんの前で答えました。

お婆さんに叱られたけど、「お婆さんが嫌だから」と言わなかった娘を、
褒めるべきでしたか?ふふふ・・・・・・
Commented by zhuangyuan at 2006-07-17 17:04
tianshuさま
子供のストレートな物言いにはドキッとすることが多いです。
最近6歳の方は世渡りを覚えてきて気を使ったりします。
私のお土産のお菓子気に入らない様子なので、「好きじゃない?」たずねると「ビミョー」との返事。はっきり言ってくれたほうが気が楽です。
Commented by tubomim at 2006-07-19 22:33
状元真是个难得的好爸爸!用心养育着自己的一对宝贝。
Commented by zhuangyuan at 2006-07-20 21:28
子供たちも状元にするべくがんばります。
なんて言っても私も途上なんですが。


<< 「散るぞ悲しき」      中国語から世界をのぞく 「恥辱... >>