中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 09日

中国語から世界をのぞく 「恥辱disgrace」

恥辱
J.M. クッツェー J.M. Coetzee 鴻巣 友季子 / 早川書房
読了。

以前にご紹介いたしました、
「中国語はおもしろい」という本の中で著者が絶賛していた本です。
ちなみに中国とはまったく関係ありません。

ではどういう文脈でその本に登場したかというと
著者は良質な小説を読むのが大好きでこのノーベル賞作家の「恥辱disgrace」を英語で読んで
いたく感動したそうです。ただ日本ではあまり紹介されていなった。
ところが中国の知り合いから送ってもらった中国の文学雑誌に
この作家が紹介されており、読後感を分かちあうことができたそうです。
中国語を通じて世界とつながれると感じたそうです。

あまりに感情を絶賛しておられるので私もこの本が非常に気になってしまい是非読みたいと思っていました。そこで古本ハンターの私は常に頭にこの本をおいてありましたが
先日近所のブックオフでついに見つけ、読んでみました。

南アフリカ出身の作家が南アフリカの現実を一組の親子の「恥辱」を通して描き出している。
淡々と描かれていますが深刻で辛辣で重い。

離婚した大学教授が教え子と関係を持ち告発されて転落する。
そこで郊外で自然と共に行き、ひとりで生計を立てる娘のもとで再スタートする。
平穏にいくかに見えて更に大きな事件に巻き込まれて
今度は人種間の問題まで絡んだ恥辱を味わうことになる。
人種問題についてはこの作者は明示しませんが
読んでいくうちに私自身の中にも偏見があることに気づかされハッとしました。

「中国語はおもしろい」の著者新井一二三さんが読んだと思われる雑誌記事を発見
しましたので私も読後感を共有してみましょう。
ネットの時代は何でも見つけられるのですごい。
こういう意味でもできる言葉が増えると世界がグッと広がります。

この記事は中国語ですが小説ストーリーをほとんど書いてしまってますので
この本を読みたい方は読んだあとに見ることをお勧めします。
ただこの小説はストーリーがわかって読んでも意義があると思います。
一部引用します。
和库切一起沉默(クッツェーと共に沈黙す)

一九九0年被监禁了二十六年的曼德拉被释放,一九九四年国大党赢得大选,非洲人管理非洲的理想实现。

1990年26年間監禁されていたマンデラが釈放され、1994年に国民党が大勝利し
アフリカ人が管理するアフリカという理想が現実化した。

整个南非在进行着翻天覆地的变化,自由知识分子们所攻击所抗争的对象跨掉了,他们手中的笔突然不再有武器的功用,许多人都有些若有所失,都在寻找新的角度和新的声音。库切也在观察,在等待。

南アフリカは天地をひっくり返したような変化がおこり
自由主義分子は攻撃したり抗争したりする対象を避けて
彼らの筆は突然武器ではなくなり、多くの人は喪失感にさいなまれ
皆、新しい角度や声を捜し求めた。クッツェーもそれを観察し待ち続けた。

到了一九九九年,他出版《耻辱》(Disgrace),一反他以往小说中使用象征隐喻暗示的手法,而是硬生生直接触及到新南非的各种不如人意的现实,诸如土地所有权,犯罪率,强奸,种族分离,警察的无能为力,白人的赎罪心理。

1999年に至り彼は「恥辱」を出版し
これまでのように小説中でシンボルを使用し暗喩を用いる方法をやめ、
冷酷に直接的に、南アのさまざまな思い通りにならない現実に言及した。
現実とはつまり土地所有権問題、犯罪率、レイプ、アパルトヘイト、
警察の無能力、白人の贖罪意識などである。


当時この本はイギリスでブッカー賞を受賞しますが
南ア国内では非難ごうごうであったとのこと。
南アは黒人政権が樹立された時期で黒人支配下の現実を赤裸々に暴きだしたことで
当時の政府はナーバスになったんでしょう。
この雑誌はクッツェーのことを南アの魯迅だと称えています。

2003年にはノーベル文学賞を受賞するのですがその時点では
南アでも絶賛されたそうなのである程度は政権も安定したのでしょう。

ただこの人種問題というものは永遠に解決できるものではないし
征服者と被征服者、支配者と被支配者、強者と弱者の矛盾、
またそれが逆転したときのヒステリックな復讐を人間は何度も経験してきたわけです。
倫理間の矛盾、歴史観の矛盾、法律ってなんだ?
社会って?
淡々と物語が進行するうちにいろいろ問題提起されて困ります。

ひとついえるのは
こうした物語を読むと平和な時代のこの日本に生まれたことに幸運を感じるということです。
厳しい社会においてはただ生きることが戦いなのです。

ただこの日本で自殺者三万人。これいかに?
人間は複雑です。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-07-09 22:34 | 中国関連DVD、本 | Comments(4)
Commented by xia at 2006-07-10 01:27 x
耻辱 ? 库切 ? 第一次知道,有一种很遥远的感觉 . 谢谢您带来的这些 新知识.
您前几天提到过的那本<<日语写作技巧>>我昨天在学校的书店订购了,老实说,不考试的时候看这种书会不会很痛苦呢?!因为我偶尔也喜欢"不劳而获"呢~.
Commented by zhuangyuan at 2006-07-10 21:12
xia小姐,
千里之行,始于足下。好好读书吧!
Commented at 2006-07-13 00:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by zhuangyuan at 2006-07-15 11:19
X様
この言葉は日本語でも使われるのです。
「千里の道も一歩から」フォッフォッフォ。


<< いっちぴ、にひき      刺激的なホームページ 米中大激突 >>