中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 27日

「西太后」と現代中国

西太后―大清帝国最後の光芒
加藤 徹 / 中央公論新社
読了。

先日ご紹介した「漢文力」の著者、加藤徹氏の近著です。
中国の本って結構見かたに偏りがありがちで褒め称えたり、バッシングしたりいろいろですが
この方の本はバランスがとれてて読んでて気持ちがいい。
いろんなエピソードや風説も交えて読んでてあきさせません。
さらに学者さんにありがちな、まどろっこしさがなく、
ざっくばらんに話してくれるような感覚があります。

西太后といえば現代中国においては
近代中国100年の屈辱の歴史を作った諸悪の根源で評価は最悪です。
まあ彼女自身がどんな人物だったかはともかく
なぜ1人の女性が48年もの長いあいだ、衰退しつつあったとはいえ
まだ超大国であった大清帝国随一の権力者足りえたのか?
やはり歴史的に皇帝が君臨した中国は皇帝がカリスマ足り得ない時にも
カリスマを必要としてそれにたまたま選ばれたのが西太后だったんでしょう。

だって最初に権力を握ったとされるのが27歳ですって。
夫の咸豊帝が死んで実子の同治帝が即位したときです。
27歳っていったら数え年でしょうから、
この前千葉の選挙で勝った民主党のキャバクラ議員と一緒ですよ。
いくらなんでも自分の力では権力とれないでしょ。
周りで利用した奴らがたくさんいたはずです。

それにしても西太后、後宮に入ったのも選秀女というオーディションあがりなんです。
満州族のなかから美女、才女が集められて皇帝のお后探しです。
まさにシンデレラストーリー。当時18歳。
ミスコンで一位になったみたいなものです。
でも厳密には第4位当選。子供を産んで2位まで上昇。皇后はただ1人です。(東太后)
(ちなみに中国では西より東の方が上です。東の横綱が正横綱であるのと同じ論理です。)

27歳で権力を握ってから48年間ずっと大清帝国の中心でありつづけるのです。
今みたいにネットで情報が得られるわけでもないのですから
いったいどうやって統治したんでしょう。

まあ彼女の能力がどうあれ彼女がトップだった時期はほんとに激動の時代でした。
著者の話で面白いのはこの時期の大きな出来事は現代中国に投射されているんですって。
曰く西太后時代は現代中国のパイロットプラント。

洋務運動は今の経済発展、義和団の乱は文化大革命、変法新政は改革開放の
パイロットプラントだと。

特に洋務運動についての記述は面白かった。
阿片戦争に負けたあと1860年代から西洋文明を取り入れ急速に発展します。
そのスピードは明治維新をしのぐほどだったと。
キャッチフレーズは和魂洋才ならぬ中体西用。
“中学为体,西学为用”,希望利用先进的技术维护封建统治,改革不触动封建制度,被认为是失败的根本原因。(中文wikipedia)

「中国の伝統的な学術を基礎として西洋の学問を用いる」つまり先進技術を利用して封建体制を
維持し、封建制度の改革には手を触れない。このことが失敗の原因とみなされている。

権力維持のために西洋技術を取り入れたのです。明治の日本は旧幕府は倒れたjoあとで
新政府はなんのためらいもなく西洋技術を受け入れたが清国はそうではなかった。
日清戦争の時の清国海軍はセーラー服に辮髪だったんですって。
悪趣味な三つ編みお下げの女子高校生に扮したオカマチャンのようです。

この封建制度のところを社会主義と入れ替えるとなんか現代と符合します。
社会主義市場経済。
社会主義を基礎として市場経済を推し進める。

この洋務運動は約30年で終わりました。
いまの改革開放は1978に始まりました。もうすぐ30年。
北京五輪の後かな?

洋務運動の終わりは日清戦争でした。
こんどは米中かな?

いやいやこんな不謹慎なことを言ってはいけません。

ともかくこの本は面白かった。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-05-27 00:26 | 中国関連DVD、本 | Comments(6)
Commented by at 2006-05-27 22:44 x
はじめまして。いつもこっそり読ませていただいています。

今春、大学院を出たのですが、学部時代に加藤先生の授業をいくつか受講していました。
zhuangyuanさんが仰っている「ざっくばらん」、まさにそんな感じの先生です。ユーモアがあって、ちょっと変な(いい意味で)先生。
京劇がご専門(役者のご経験もおありですし)なのですが、授業中に二胡の演奏を披露してくださったこともありました。
文学の授業もかなり幅広く扱っていて、講義もわかりやすかった(むしろ面白かった)です。

私は李白詩を研究していたので、唐以降については全く知らないのですが、加藤先生の本はわかりやすいので、門外漢でも楽しめるところがお気に入りです。
実はこの本、買っただけでまだ読んでいないのです……(『漢文力』は読みましたが)時間を見つけて読んでみようと思います。

それでは、また。
Commented by jchz at 2006-05-27 23:16 x
はじめまして。TBをいただいて、遊びにきました。
中国関係の本・ドラマ・美術などを趣味にしています。

この本、面白かったですね。私は、CCTVのドラマ「走向共和」をスカパーで見て以来、西太后って、なかなか面白い人物じゃないか、と思うようになりました。ついでにいうと、このドラマでは、李鴻章もカッコよかったし、梁啓超のファンにもなってしまったので、齋藤希史さんの『漢文脈の近代』で梁啓超論を読んだときは、ミーハー的にわくわくしてしまいました。

加藤徹さんの著書は『西太后』→『京劇』→『漢文の素養』と読んできました。個人的には『京劇』が、いちばん印象が強かったです。やっぱり、ご専門ということがあるのでしょうね。ちょっと泣けました。今後の活躍を期待したい研究者のひとりです。

今後ともどうぞよろしく。
Commented by zhuangyuan at 2006-05-28 16:11
惟さま
加藤徹さんの授業を受けていたなんてなんとうらやましいことでしょう。
役者で二胡もできる学者なんて聞いたことないですね。只者じゃないですね。今度李白の詩を紹介してください。お気に入りはどれですか?
Commented by zhuangyuan at 2006-05-28 16:22
jchzさま
「走向共和」は私が中国語をはじめたときにやはりスカパーで見ました。
中国語初心者にはレベルが高すぎました。今またみてみたいと思っています。確かに李鴻章は印象に残っています。伊藤博文もかっこよかった。私は浅田次郎の「蒼穹の昴」の大ファンなんですが梁文秀っていう主役級の人物がいます。彼は梁啓超をモデルにしてるのでしょうか?
京劇も是非読んでみます。
Commented by at 2006-05-28 21:44 x
こんにちは。
お気に入りの李白詩となると、やはり彼の詩を研究する直接のきっかけになった、「月下独酌」其二と「把酒問月」の2首です。
有名な作品なので、松浦友久先生の『李白詩選』(岩波文庫)にもとられています。よろしければ是非。
とにかく月を多く詠んでいる詩人ですが、特に「把酒問月」は、自分が月に対して思っていたことと同じことを、李白も思っていたんだと知って、親近感を抱いたものです。
水面に映った月をすくおうとして誤って溺死した、なんて伝説があるくらいですから…相当月が好きだったのでしょうね。
Commented by zhuangyuan at 2006-05-30 06:50
惟さま
ご紹介の二首をネットで検索し鑑賞いたしました。
(ちゃんと理解できているかあやしいですが)
さすが李白酒を飲むのも風流かつ奔放、豪快。私のように終電の時間やタクシー代が気になってしまうようなみみっちいお酒とは格が違います。
惟さんも相当な酒好き風流人とみました。


<< 米中密約 日本非核化!      韓国料理でチョンガキムチ >>