2006年 05月 07日

蒋介石の大量破壊兵器

最近北朝鮮の核がどうの、米軍再編がどうのと軍事関連ネタが世を騒がしていますが
先日ご紹介した「漢文力」(加藤 徹著 中央公論新社)という本に
春秋時代の大量破壊兵器の話が出てきました。

紀元前の時代に大量破壊兵器?
とお思いでしょうがそれは堤防を決壊させることだったのです。
でもこれは核兵器と同じで壊したら最後敵も味方もありません。みんな被害者です。
ですから冷戦と同じで誰もそれを使用することはなかったそうです。

でもそのとんでもないことをやった男がいます。蒋介石です。
1938年6月9日ついに禁断の兵器を使用したのです。

相手はご想像のとおり日本軍です。
日本軍の進撃の早さに恐れをなした蒋介石は「以水代兵」(水を以って兵となす)という
戦法を考えだし、日本軍の進撃をストップさせるため
黄河の花園口という場所を決壊させたのです。

以前にも蒋介石のこの暴挙については聞いたことがありましたが
あまりの考えに自暴自棄の末の衝動的行動だと思っていたのですが
ちゃんと軍事会議を開いて決定して、工兵を使って計画的に決壊させたのです。
それもそのはず黄河の大堤防は幅が30メートルもあるそうで
衝動的に壊すことなんてできない頑丈な要塞みたいなものでした。

敵をたたくためなら自国を街の一つや二つ水没させてもかまわない。
日本軍を倒すためなら自国の農民がいくら死んでも気にしないという
恐ろしい壮大な構想にビックら仰天しました。比叡山焼き討ちの信長がちっちゃくみえます。

その被害状況がまた凄まじい。そこまで蒋介石が予想していたか知りませんが
想像を絶する規模です。

这次洪灾,河南、安徽、江苏共计44县市被淹,受灾面积29000平方公里,受灾人口1000万以上,冲毁140万民房、淹没近2000万亩耕地。黄水所到之处,房倒屋塌,饥民遍野。这次洪灾,豫、皖、苏三省共有390万人背井离乡,他们一路乞讨,远的一直逃到陕西甘肃等省,从中原到西北,迤俪着一幅长长的饿殍图。因此而死的中国人民,还没计入上述八十九万人之内。兰封战役及花园口事件

今回の洪水災害では河南、安徽、江蘇の合計44県市を水没させ、
被害面積は2万9000平方キロ、被害人口1000万人、140万戸の民間住宅を破壊し、2000万畝の耕地を浸した。水はいたるところにあふれ、家屋は倒壊し、豫(河南)、皖(安徽)、苏(江蘇)三省では合計390万人が故郷を離れ、物乞いしながら遠くは陕西甘肃等省まで逃れ、
中原から西北まで餓死者の群れが続いた。これによって亡くなった中国人民は
上記の89万人の死亡者には入っていない。


堤防を一箇所決壊させて89万人が死亡するまさに大量破壊兵器です。
広島原爆だって14万人ですからすごいです。
でも良く考えたらこれも日本軍に対して行われたんですね。
相当恐れられていたんでしょう。

去年のスマトラ沖地震の津波の恐ろしい映像が記憶に新しいですが
あの凄まじい津波の死者が全世界で20数万人と言われてますから
それを超えるパワーを放出させてしまったのです。
全中国の日本軍を壊滅させるのならわかりますが
たかだた一地域の一部隊の進撃を止めるためにそこまでしますかね。
恐るべし蒋介石。

この蒋介石ただものじゃないところはそこからです。
これだけの大事件を起こしておきながら
この事件の真犯人を日本軍に仕立て上げてしまうのです。
国民党の宣伝部が日本軍が堤防を空爆して破壊したと発表したのです。

由国民党中央通讯社以国家新闻中心的身份对全世界发布黄河大堤被日军炸毁的讯息。”
中略
花园口决堤的消息迅速引起世界各国关注,一时间,无论路透社还是美联社的消息都显示出,世界各国舆论几乎一致谴责日军的这一暴行。


国民党中央通信社が国家ニュースセンターの身分で全世界に黄河の大堤防が
日本軍空爆により破壊されたというニュースを発表した。
中略
花園口堤防決壊のニュースは世界各国の関心の的となり、一時期、
ロイターだけでなくAPも報道し、世界各国世論はほとんど一致して日本軍の暴挙を非難した。


曰く、この謀略ニュースにより中国人民は一致団結して日本軍に対抗したそうです。
日本を倒すための必要悪としてはちとでかすぎる事件です。
この事件もっと有名でもいいような気がします。

でも蒋介石はともかくこれだけのパワーを秘めた黄河を大堤防を築き
人間のコントロール化に置いている中国文明ってたいしたものですね。
4000年も前からこの自然の脅威を制圧しているのですから。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-05-07 21:33 | 文化、歴史 | Comments(2)
Commented by かめ at 2006-05-08 11:35 x
国民党宣伝部というのは曲者ですね。宣伝部の南京事件に関する最初の報道では国民党軍兵士が共産党軍兵士を処刑している写真を利用して、「日本軍の蛮行」と報じています。事件の信憑性を疑わせる最初の証拠に挙げられてしまいましたが。
Commented by zhuangyuan at 2006-05-09 21:53
かめ様
そういえば最近「南京事件 国民党極秘文書から読み解く」なんて本が出てますね。読んでみたいものです。


<< 「シブミ」 上海193?年      民族英雄 鄭成功は日本人 >>