中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 23日

日本は中国なり!?

先日
中国人名前あれこれ
という記事を書き、イザヤ・ベンダサンについて触れました。
そこで以前買って読んでいなかった本を思い出し読んでみました。

「日本人と中国人」(イザヤ・ベンダサン著、山本七平訳、祥伝社)です。
1972年の日中共同宣言当時に雑誌に連載されたものの単行本化したものです。

こんな題名ですが中国人のことは全く書いてありません。
日本人の歴史のなかの中国感について書かれています。

副題として「なぜ、あの国とまともに付き合えないのか」とあります。

簡単に答えをいうと
歴史的に日本は中国文化の影響を強く受けており
中国が理想の国であるとの観念を持ってきたが
実際に中国大陸を支配している現実の中国とのギャップが大きく
失望してしまうからです。清朝でも蒋介石国民党でも共産党でも同じこと。

日本の江戸末期から明治にかけての尊皇思想まで中国の影響だといいます。
つまり現実の中国に失望し、理想の中国像を日本の天皇に投射してあがめるのだそうです。

吉田松蔭にも影響を与えた山鹿素行も「中朝事実」で
中国のことを研究し尽くした挙句に日本こそが中国であることを発見しました。
いにしえの中国の理想をつきつめてゆくとそれに合致するのは日本しかないと。

尊皇で有名な楠正成なんかも中国の歴史上の愛国者の焼き直しとして
作られたイメージが大きくなって一人歩きしたそうです。

一番びっくりしちゃったのは明朝と戦争しようとして朝鮮に攻め込んだ豊臣秀吉までもが
中国従属意識にとらわれていたとのこと。
「箱根文書」というものの中に中国全土を占領したのちには天皇を北京に送る計画が
載っているそうです。日本は皇太子が治め、秀吉自身は寧波に行って日中両方を
睥睨(へいげい)する予定だったとか。
正に中原をねらう夷荻の感覚ですね。

日本は歴史上常に中国の影響化にあり、
中国を崇めるか、もしくは、その理想像を日本に求めつつもその思想自体は中国外来の
ものだったとのこと。

理想化も極端なら、幻滅したときの反応も極端です。

では理想から

中国人天孫論
中国の人は士庶才を以って分かつ。故に支那は四海の中国にして百姓皆天孫たるに依る。
日本は東夷にして他の姓と天神の姓との両方あり。故に士庶を分かつ。

つまり中国は全員天孫であるから、支配者と庶民を分けるのは才能であるが
日本は天皇だけが天孫=中国人であるから、初めから支配者と庶民が分かれている。

確かに中国は百姓でも皇帝になれるが日本は天皇家以外は無理。

反対に中国の現実が理想に反していることを知ったとき、
今度は中国犬猿論になるんですって。
代々相殺し、相奪ひ、王統少しも定まらず。
強き賢きもの王となる。・・中略、唐国のさまを見んと思はば犬の群集するを見よ。


いずれにしろ中国の思想の影響は免れないないとのこと。
今でもマスコミの論調見てるとどっちかに分かれますね。
産経も朝日も視点は違うけど中国が気になって気になって仕方がない。
中国はこんなにひでえ国だあ!だったり、
中国様そんなお姿ではいけませぬ!(爺や風)
私は中庸を行きたいですね。

でもこの江戸時代までの日本人の心の中国が明治以降、西欧になってしまい
戦後はアメリカになっちゃうんですって。

私の中国はさてどちら?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-04-23 22:10 | 中国関連DVD、本 | Comments(4)
Commented by かめ at 2006-04-26 12:35 x
遣唐使の時代、仏典の収集に併せて、道教の「導師」の渡航をも要請されながら、大和朝廷はこれを拒んでいます。 当時にもすでに中国観があったものと思われます。 憧れの中国文化の中でほぼ唯一道教を受け入れない態度にはそこにある何らかの問題を意識していたのでしょうね。 一度勉強してみたいテーマです。
Commented by zhuangyuan at 2006-04-26 21:36
かめ様
確かに日本では道教は馴染みがないですね。
中国は結構道教の寺多いですよね。
わたしも全然知らないので先日古本屋で「マンガ老荘の思想」というのを
買ってきました。まだ読んでませんが。
Commented by azu-sh at 2006-04-27 18:27
非常に興味深かったです。中国大陸=桃源郷のような憧れ、日本人の心の中にあるこの根強い意識は、日本製アニメを見ていて感じることがあります。いくつか題名を挙げられますが、主人公の日本人が技を磨くため修行に行く地はたいてい中国で、その師匠は仙人のような中国人。こんなシチュエーションが多いのはなぜだろう、と以前から意外に思っていました。単なる作者の趣味かもしれないけど、これももしや大和民族が持つ「心の中国」のなせるわざ?…なんて考えてしまいました(笑)
Commented by zhuangyuan at 2006-04-28 21:26
azu-shさま
中国にとっても日本は神秘の国だったみたいで
始皇帝は不老不死の薬をもとめて少年少女を日本に送ったんですって。


<< はじめてのお使い 台湾出張篇(中文)      今日の中国 >>