中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 26日

中国農民アパルトヘイト

昨日の中国語教室で差別の話になりました。

トリノで荒川さんが金メダルをとりましたが、
中国人のなんとかさんもエアリアルとか言う競技で金をとりました。

冬季オリンピックなんてものは
欧州人のためにあるようなものでアジア人が強いとすぐ欧州人に有利な
規則改定が行われます。

スキージャンプがそうでした。板の長さを身長とを比例させる方式に改定。
つまり小さい人は損なんです。
複合の荻原が強かったらジャンプが強く、クロスカントリーが弱い荻原に対し
ジャンプの点数の比率を下げる改定を行いました。

私がこんな話をすると先生は言いました。
それはしょうがない。
フランス人は英国人をバカにするし
英国人はアメリカ人をバカにする。
日本人は中国人を馬鹿にする。
こうしたものは変えられないからいくら言っても仕方が無いと。

わたくし答えて曰く、北京人が外地人(田舎物)をバカにするのはちょっと度が過ぎるのでは?

「それも仕方ない。北京には農民と結婚するような人はいません。
あなたもそうでしょ。
もしあなたの好きになった人が村姑(cungu)だったら結婚するか?」

中国には城市戸口(都市戸籍)と農民戸口(農村戸籍)が存在し明確に
区別されていますが実際日本には農村と都市の差があまりないので

私はそんなことは別にかまわないと答えました。
田舎出でマナーがわからず、知識がないなら教育すればいいと。

 そこで私は別の北京出身の留学生の話をしました。

「先生の思想は問題がある。しかも旧いのではないか?
いまの学生はそれほどの意識をもっていないと思いますよ。

事実私の知っている留学生は北京人の女性ですが
相手が農村出身でも結婚すると言ってました。
愛があれば出身家庭は関係ないと。
ただし学歴は必要ですって。同じ北京大学なら問題はないんだって。」

「そこが問題の核心だ。」と先生は言いました。

つまり農村出身の農民戸口を持つ人も
いったん大学に入れば城市戸口をもらえるとのこと。

その都市戸籍をもらうためだけに大学に入る人も多いとのこと。
しかも卒業後も絶対田舎には帰らない。

また彼女が女性だったことも重要であった。
中国では夫婦別姓であるが子供は父親の姓を名乗る。
しかし戸口は母親のものを継がなくてはならないそうだ。

つまり農村の女の子と結婚したら農民戸口になってしまう。

じゃあなんでそんなに農民戸口がいやなのか?
農村は貧しい。収入が無い。でも税金は取られる。
都市に出ようとしても移動の自由がない。
仮に都市に出られても職が無い。あっても短期工がいいところ。
子供がいても子供は教育を受けられない。

中国式‘种族隔离’:农民户籍(中国式アパルトヘイト:農民戸籍)参照。
中国80年代放松限制人口流动,农民有了更多的自由,可以到城里打工,但还是摆脱不了户口制的锁链。佛利德曼说,政府仍旧设法把农民禁锢在农村。农民打工要有当地政府的证明,他们拿不到城市户口,子女也无法在城里入学。中国的户籍制度就像是南非的种族隔离制度。在南非推翻种族隔离制度之前,黑人可以到城里打工,妻子儿女却要留在黑人聚居区。

中国では80年代以降人口の流動を制限を緩和して農民は自由になり
都市で出稼ぎができるようになった。
しかし戸籍制度の鎖から抜け出せない。
フォーリダーマンは言った、政府は旧来の法で農民を農村に監禁した。
農民は出稼ぎのとき当地の政府の証明が必要になるが、都市戸籍を取れないと
子供は都市の学校に入れない。
中国の戸籍制度は南アのアパルトヘイトと同じだ。
南アではアパルトヘイトが廃止される前、黒人は都市で出稼ぎができたが
妻子は黒人居住区に留め置かれた。

どこに行っても農民戸籍がついて周り、まともな生活が
送れない。でも農村にいてもつらい生活が待っているので
都市に来る。

ここ20年で一億2千万人が農村から流動したとのこと。
北京がもっとも多く、2004年現在で300万人を超えているという。
でもまだ9億人くらい農民がいます。

要するに北京人が外地人を差別するのは
その個人固有の問題ではなく、社会全体の普遍的な問題なのです。

先生の言動を非難したところで始まらない。
問題はもっと奥深いのです。
人類皆兄弟、差別はいけませんなどといったところで現実の解決にはならない。
実際農民戸籍になっちゃったらえらいことです。
私は無知を恥じました。
北京の若い女子はそんな状況を知ってて
同じ大学ならokと言ったのでしょう。

じゃあなぜこんな制度があるのだ?
中国は人口大国ですが食糧は自給するというのが前提にあるそうです。
食糧を自給するためにその生産者である農民を農村に縛り付ける。

農民出身の毛沢東が考えたんでしょうか?
農民ゲリラで都市を包囲して人民を解放したまではよかったが
統治するためにはやっぱり農村に戻って畑耕して頂戴ってかんじかな。

でも最近はこの制度は矛盾が多いので
撤廃している地域もあるそうです。
でもそれはそれで問題、農村からの人の洪水が都市に押し寄せてくる。
政治って大変です。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-02-26 16:10 | 時事 | Comments(5)
Commented by tianshu at 2006-02-27 17:47 x
--------[中国式‘种族隔离’:农民户籍]
戸籍問題は今もうほとんど存在してないと思います。
お金があれば誰でも都市に住めるし、都市の戸籍もすぐ取れます。
そこに、「お金」は問題です。
私の田舎の場合、大都市に戸籍を入れる場合、学歴を持っているほうは優先される話もあるようです。

でも、最近私は田舎に電話したら、驚きました。
今、政府は農家の家を全部壊して統一した住居を建てて、農家に買ってもらう話でした。
例え昨年新しく建てた立派な家であっても、壊すしかありません。ボロボロの家に住んでいる人たちは、新しい家に入ったら、ローンを払わなければいけません。
中国農村部では、すべての土地は全部国のもので、
農民は簡単にコントロールされます。
今の中国では、農村部だけは社会主義ではないかと、私は思っています。
中国の農家には、未来が見えない。いいえ、未来がないと言ったほうがもっと確実かもしれません。
Commented by zhuangyuan at 2006-02-27 21:44
お金があれば戸籍が買えるとのことですが農民をしてお金を作るのは至難の業ですよね。日々の暮らしさえ満足に遅れないのに。そこで借金してでも子供に都市で大学に行かせるとテレビでやっていました。この社会格差拡大の矛盾を中国で問うと「農民も貧乏には違いないが毎年少しづつ改善しているので問題はない」と判で押したように答えます。そう答えろと指導されてるように。
Commented by かめ at 2006-02-28 00:19 x
農地接収、戸籍、黒子などの農村特有の問題はこれから益々大きくふくらむでしょう。 CCTVで社会科学院のえらいさんが言ってました。 もう農民問題の解決には「農民そのものを減らすしかない」と。 それはさておき、一般的にGDPがあるレベルに達した時点での農村:都市の人口比率、中国はだいぶゆがめられているようです。 つまり農村人口過多。 工業地域の労働者不足も現実的となり都市人口を増やさなければ更に一層の近代化(現代化)は難しいと思われます。 農村問題解決はつまり都市問題の解決につながる、戸籍は金で買える人はわずか、戸籍そのものの自由な移動を中央は真剣に検討しているようです。 但し、かの国の場合は振り子が大きくふれるように問題も出てきます。 一気に放出する手は使えないでしょう。
Commented by zhuangyuan at 2006-02-28 21:55
かめ様
中国の現在の発展を支えているのは安価な労働力ですから農民人口の工業へのシフトは必然的にすすみますよね。また外需に頼らない成長をするためには消費人口を増やす必要があります。よって農村の購買力をあげる必要あり。だから農民問題を解決する。でも規制は利権を生みますから改革は容易じゃないですね。
Commented by wpz2007 at 2006-03-03 04:39
コレはまた。。。ムズカシそうな問題ですね。。。
母親の籍か。。。。すんごいな。。。


<< 中国物流大作戦      アラブの石油王と飲んじゃった。 >>