2006年 02月 04日

北京 ウハウハ官僚天国

 防衛施設庁談合事件とやらで騒がしいですがこれで逮捕された官僚さんはかわいそう。
日本ではあらゆるところで談合がはびこっているし、それも官製談合。天下り受け入れの人数の多さで発注が決まるなんてのは誰もが知ってる慣習です。
特殊法人だけでなく一部上場企業でも天下りを受け入れているところはごまんとあります。

 誰もが知っているし悪いと知っているけれど淡々と行われる。だけどたまに政治権力争いがからんで問題として出てくる。
だいたいいつもつかまるのはノンキャリア。一番おいしいのは実務レベルでなくもっと上にいるでのでしょう。でもちょっと経つとみんな忘れてる。

 日本もひとの国のことは言えませんがここは中国を知るためのブログですので先週聞いた話をひとつ。

 語学教室の先生(留学生 24歳 北京出身)が言いました。
「上海が発展していて、北京がちょっと遅れたように見えるのはなぜだか知ってますか?」
「なんでなの?」
「上海は民間企業が多くて、北京は官員(guanyuan)=官僚が多いからです。」

なんだそんなことかよ。つまらん。と思いきや続きがありました。

実は北京の官員が一番金を持っているそうです。
でも党員ですから質素に暮らしてるフリをしなければいけない。
たとえば官員の家は外観は一見質素、でも中にに入るときらびやかですごいそうです。
私脱いだらすごいんです。ってやつです。(ちょっと違うかな)

じゃあなんで金持っているか?
もちろん給料も高い。
でも一番は袖の下。これがすごいらしい。

中国は社会主義ですから経済は政府主導で政府の規制の上で経済が回る。
その規制を決めるのは官員。そこで法整備がなされていれば問題ありませんが
そこは人治国家中国,:“老大说了算”(ボスが言ったら全て決まり!!)

当然ボスにはどんどん金が集まってきます。でも絶対見つからない。
というか見つけない。なぜならそこは人际关系(人間関係)第一の国、
関係者は全部巻き込んで賄賂攻めです。当然隠し口座をもつ銀行幹部も警察も。
赤信号みんなで渡れば怖くない。

こんな具合でガッポガッポ。
做到多高位置,就多少钱。(官僚の位の高さで、金持ち度が決まる)

 でも北京でこうした位置につけるのは極わずか。
ただ他にも方法がある。課長クラスは地方に派遣される。北京の課長は地方で市長クラスだそうです。これがまたおいしい。地方の王様としてガッポガッポですって。

 最近の一番おいしいの金のなる木は外資投資。
外資を呼び込むことが出来た担当官員は投資額の5%をボーナスとしてもらえるそうです。
これはオフィシャルにもらえるとのこと。

 でも外資と国内民間企業が競合した場合はだいたい国内企業が選ばれるとのこと。
なぜか?それは中国のシステムを知っているから。
たとえ外資企業と組む方が利益が出ることがわかったとしても選ばない。
中国企業は利益より売上を優先するそうです。売上の一部が官員にキックバックされるんですって。なるほどぉ。

 また普段の生活もいいことがたくさんあるそうです。
たとえば高級レストランがタダ。国家、省、市、県それぞれのクラスにあった賓館が
どこでもあってそこで食事するのは基本的にタダだそうです。もちろん家族も。
官員はクレジットカードを持っていて限度いっぱいまで自由に使えるそうです。

 教育についても人民大学には高級官員の子息だけのためのクラスがあり
子息なら誰でもokなんですと。

 このように金の入る道は沢山ある。しかし問題がある。質素に装わなくてはならない。
そこでどうするか?
海外に遊びに行く。

日本には最近中国からの観光客が激増していますが彼らのほとんどは官員とその家族だと。
海外に行くときはたんまり金を持って買い物三昧。
一人平均15万人民元(210万円)くらい持っていくそうです。
確かにみんな良く買い物してる。デジタルビデオカメラとかブランド服などなど。
パリのビトンでも最近日本の独身OLが中国観光客におされ気味だとか。

海外に行くは行くでビザを取るのが大変。
そのために官員は子息を海外に留学させるそうです。
そうすれば家族は簡単にビザが取得できる。
そして定年を迎え、官員の道を離れ、海外に移住し貯めた金を放蕩する。
すごい遠大な計画。

あんまり書くと反体制陰謀ブログとして中国からのアクセスが出来なくなったら
友好ブログとしていやなのでこの辺でやめときます。

ところでこんな話を聞きながら思った。
いったいなんで24歳の女の子がこんなこと知ってるんだ?

「なんでこんなこと知ってるの?」
「北京人なら誰でも知ってる。」
「へぇ、でところでご両親は何してる人?」
「二人とも官員。」

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-02-04 17:18 | 時事 | Comments(6)
Commented by wpz2007 at 2006-02-04 22:59
面白かった。。。。オチ迄ついていて。。。ホント。。。よかった。。。
Commented by まかぼろ at 2006-02-05 11:14 x
「当事者」ということで説得力ありますね(笑)。

北京は天子のお膝元ですから実入りはいいでしょうね。特にここ数年はオリンピックのための先行投資がつづいていますから文字通り「ウハウハ」だと思います。

この記事を中国BLOG記事アーカイブプロジェクトに推薦させていただきました。

http://www.chinawalkers.net/modules/weblog/details.php?blog_id=136
Commented by まど@上海 at 2006-02-05 17:33 x
JOJOさんからのご紹介で伺いました。
現在上海に居るのですが、上海は本当にここは共産国かと目を耳を疑う事が
沢山あります。それにしても中国のシステムとは…アンビバレンツ!
ニヤリとさせられました。。。
Commented by zhuangyuan at 2006-02-05 19:24
wpz2007さま いつもありがとうございます。日本の場合も人のこと言えないですねどね。でも面白い図式でしょ。
Commented by zhuangyuan at 2006-02-05 19:25
まかろば様 アーカイブだなんてなんかすごいですね。確かに彼女の話はリアルでした。もっと具体的だったんですがさすがにやばいかなと。
Commented by zhuangyuan at 2006-02-05 19:28
まど@上海さま
JOJO様のご紹介ですか、それはどうも。このブログもJOJOさんに触発されてはじめました。遠く及びませんけど。上海滞在はうらやましいですねえ。大変化の上海を楽しんでください。


<< 中国 ぐちゃぐちゃ人間関係 腐...      政治の世界 裏と表 >>