中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 11日

始皇帝 DVD鑑賞

先日中途半端に古いのですが妹に借りたDVDで张艺谋のHERO(英雄)を見ました。
始皇帝への刺客の物語で数年前中国映画史上最大のヒットだったので以前から看たかったものでした。ここで始皇帝を演じているのがまたもや陳道明。中国の俳優は彼しかいないのかって言うぐらいいろんなのに出てくる。

 映画の感想はというとイマイチ。お金はかかっているでしょうが内容は薄い。
悲しいのは最初中国語字幕で看てたんですけど、途中でストーリーがつながらなくなり、日本語字幕に変えたことです。まだ実力がありません。わからなくなった理由は回想場面とウソいう場面が多いこと。ウソも映像で流れます。

 映像はほんとに壮大で美しいですが、戦いの場面が長すぎて私は退屈でした。チャンバラ場面は全部は早送りしました。

 また別の日には駅前の中古ビデオやで315円で入手した陳凱歌 始皇帝暗殺も看ました。原作は荒俣宏ですって。

 どちらかというとこちらの方が面白かった。コンリーがいいですね。でも始皇帝も暗殺者荆 轲も映像にされるとちょっと興ざめ、イメージが固定化しちゃってダメですね。呂不偉なんか絶対あんな奴じゃない。

物語は秦始皇帝の秘密がちりばめられていてダイジェストみたいで面白い。

でも荆 轲なんて暗殺者のくせになぜ歴史に残っているのか不思議です。史記の刺客列伝に紹介されていますが、暗殺者って暗殺を企ててはじめて歴史に登場するわけであってなぜその暗殺者の生い立ちが歴史家にわかるのか?

风萧萧兮易水寒,壮士一去兮不复还
風蕭蕭として易水寒し、壮士一たび去って復還らず


こんな言葉誰が聞いてたんでしょうか?

でもこの詩かっこいいですよね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-01-11 22:30 | 言葉 | Comments(4)
Commented by JAMES at 2006-01-12 00:41 x
风萧萧兮易水寒,壮士一去兮不复还
風蕭蕭として易水寒し、壮士一たび去って復還らず

I like it very much, it is my favourite one.
In my opinion, this phrases describes a kind of feeling, it could be like that, you understood such feeling if you really devote yourself to the business of which you are pursuiting, then feel great happy. Propably, it was from Mr. Qu Yuan's poem, a very great historian in China history.
Commented by wpz2007 at 2006-01-12 10:16
高尚な感じがしますね。。。なんか。。。すごく。。。。。かっこいいし。。。
ホントの状元も近くなってきましたね。。。リンクしちゃいました
Commented by zhuangyuan at 2006-01-12 21:14
Hi James,I am very glad to see your comment on my blog.
It is the first comment that is written in English and is sent from London.Internet really can go beyond time and space. I feel you are here. I look forward to your next coming.
Commented by zhuangyuan at 2006-01-12 21:17
wpz2007様
嬉しいコメントありがとうございます。ただ状元への道のりは果てしないものです。今日も老師に言われました。状元の前にHSK8級だろと。


<< 始皇帝の奇跡 兵馬俑      The Vision ブログで... >>