中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 06日

理想郷

 正月番組はいつもつまらないものですが何とはなしにチャンネルを回してると
中国・幻の理想郷シャングリラとかいう番組を再放送していました。

 風間トオルが旅をするのですが雲南省の奥地のチベット族地区で辿りついた理想郷は美しいところでしたが私は興ざめしました。
 なぜなら山奥秘境に住むチベット族村長さんが妙に普通話(中国標準語)がうまい。基本的には日本語に吹き替えなのですが近づいてよく聞くと村人たちは普通話をしゃべっていました。テレビカメラが入るのは初めてとの触れ込みでしたが、そんな奥地まで標準語が浸透しているものでしょうか。風間トオルも「シェエシェエ」と連発してました。

 また、お世話になった家の小さな子供は迷彩色のつなぎに紅いスカーフ(红领巾)してました。
理想郷まで共産党かよと冷めちゃいました。まあ原始社会は共産社会だったかもしれませんが。

 この理想郷シャングリラ(香格里拉)はイギリスの小説「失われた地平線」で描写された理想郷ですが、私が持っているガイドブック「自助 中国游」(自分で歩く中国)にはこうあります。
那是在藏区地处雪山环抱中的一条神秘峡谷;附近有金字塔般的雪峰,蓝色的湖泊,宽阔的草甸;那里人和大自然和谐相生,多种宗教并存,
多种民族共住;那里的寺庙金碧辉煌,寺内园林典雅,早晚钟声悠扬。

そこはチベット地区の雪山に囲まれた神秘的な渓谷で付近には金色の塔のような雪の峰と真っ青な湖、壮大な湿原がある。そこでは人と自然が調和共生し多種の宗教民族が共存している。
その地の寺社は極彩色に輝き、寺内の園林は優雅で朝夕に鐘の音が響きわたる。


 こんな理想郷を巡って、本家争いが巻き起こり、大議論になったそうです。そこで早々に議論に終止符をうち、開発するため国務院と国家旅游局の総合調査を経て、雲南省の中甸県が選ばれ香格里拉県と認定されたそうです。

 こうしたものは認定するもんじゃないと思う。各個人個人の中に夢の理想郷があって、それを求めていつまでも探しつづければいいと思う。ここが本物ですなんてして開発して観光客集めてなんてやっちゃったら理想郷も理想郷でなくなってしまう。

 なんでも曖昧ではっきりしないほうが魅力があるんです。西施や杨贵妃のような美女だって誰も知らないから永遠に絶世の美女でいられるんです。ほんとに見ちゃったらたいしたことないかも。映画化されて女優が演じても魅力が落ちますね。

 加藤徹氏の「漢文力」によると魅力の魅の字は「未だに形をなさない鬼」なんだそうです。
わからないうちが魅力的なんだそうです。恐怖についても同じで正体がわからないうちが一番こわい。SARSもそうだったと。

 そういえば一昨日、娘が一晩中、のどが痛いと泣き叫んでいました。翌日医者に見てもらい診断結果のメールが仕事中に届きました。
「溶連菌に感染した」
その菌をはじめて聞いた私は急に怖くなりました。大丈夫かよと。
そこでネットで調べると「のどの炎症を起こすありふれた細菌」とありました。
はっきりして怖くなくなりました。

 学生時代タイに言ったときこんなこともありました。
チェンマイでトレッキングツアーに参加し少数民族の村に行きました。
山道を何時間も歩き、象に乗り、筏に乗り、目的地に向かったのですが
正に心は理想郷を目指す冒険家の気分です。どんなに美しく昔のままの生活が残っているだろうか?進めば進むほど期待が大きくなる。

ついに村に着いた。

すると一人のガキがやって来て
「コーラ 10バーツ」

コーラかよとがっくり来ました。これが現実。
そうですよねツアーですから多分先週もあったんですよねこのツアー。
昔もまんまの訳ないですよね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-01-06 22:58 | 文化、歴史 | Comments(9)
Commented by ケイチー at 2006-01-07 06:05 x
正体が分からないから怖い。確かにそう思います。
ホラーでも幽霊がそのまま出てくると興ざめしてしまう。「エイリアン」シリーズも、チラッと見えていた最初の作品の方が怖かったですよ。

理想郷は広く紹介された途端に荒らされてしまう、そんな気がします。
自分が大切に思っているもの、心に感じる風景をたくさんの人と共感したい、そんな善意からでしょうけれど。悲しいことに善意の人ばかり集まるわけじゃないので。
Commented by びーちぇ at 2006-01-07 12:08 x
TB有り難うございました。
言葉というものは本当に不思議であり、国や民族のアイデンティティーに深く関わるもの。
私は古代ヤマトコトバの勉強をしていますが、
言葉というものの奥深さには、尽きないものがありますよね?
古代日本のコトバから、今中国の神仙思想や、青海省、四川省の少数民族について、長江文明について調べています。
お力をお借りするかも知れません。今後ともよろしくお願い致します、
Commented by wpz2007 at 2006-01-07 18:33
なんかめっちゃ勉強になりました。。。。
因みに溶連菌はよくある菌で長引かせてこじらせなければ
セフェム系の抗生剤を投与すれば大丈夫です。
Commented by zhuangyuan at 2006-01-07 21:05
ケイチー様
理想郷も観光客が入ったらだめですね。エベレストや屋久島もゴミでいっぱいらしいですから。でも我々が行けるとこって観光開発されたとこですよね。ほんとの秘境は自然が恐ろしく厳しいところだと思います。
Commented by zhuangyuan at 2006-01-07 21:07
ぴーちえ様
漢字より前に日本に文字があったなんて驚きました。先日記事にしたチベット語についての旅限無さんの本にはチベット語と日本語の類似性が多く述べられています。古代になにかつながりがあるかも。
Commented by zhuangyuan at 2006-01-07 21:11
wpz2007様
やっぱ溶連菌ってよくあるんですか。セフェム系とか聞くとまた、怪しげで怖くなってきました。ハハ。
Commented by wpz2007 at 2006-01-07 21:50
セフェム系は安全性が確立されている経口抗生剤です。。一般的にお医者さんで抗生物質をもらったらこの類です。。。大丈夫です。。。
Commented by dashi at 2006-01-08 13:01 x
おひさ。今年も楽しませて下さい。
のどが痛い時は泣き叫んだりせず(もっと痛くなる)、蜂蜜やのど飴をなめるとか、ぬるま湯(塩入り)やお茶でうがいをしたらいかがかと。
のどを温めてもいくらかマシだと思います。うちの娘たちはふだん飲まないサイダーなど炭酸飲料を求めて飲んでます。のどにしみて気もちいいらしい。
ごくっとやるときに少し痛いけど、水分はたっぷり摂る必要がありますね。脱水さえおこさなければ大丈夫。
看病する奥様に同情してのコメントでした。
Commented by zhuangyuan at 2006-01-08 17:09
dashi様
今年もよろしくお願いします。私、その夜も一人別室で寝ていましたが夜中にに妻に起こされました。一人が泣くともう一人も泣き、泣き声協奏曲になってしまい終わりがない。私は気づかずに爆睡してたため起こされました。そこで娘を自分の布団に入れてやり朝まで過ごしましたが「のどが痛い~」と叫ぶ娘に「泣くともっと痛いからやめなさい」というだけで適切に対応できませんでした。内心「そんなに叫ぶほど痛いわけねえだろ」などと高をくくっていましたら朝39度になっちゃいました。その報いで腰痛になりました。小さな布団でもがく娘を抑えつつ寝たからです。寝ただけで眠れませんでした。


<< The Vision ブログで...      国際人 アジア人 >>