中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 10日

それぞれの天安門

 昨夜は上海出身で最近に日本で会社を設立したお客さんと中華を食べました。
彼は91年の来日。当時上海で大学生だった彼は天安門事件の影響で政治思想教育ばかりの授業に飽き足らず留学することにしたそうです。


別の上海出身の友人も言ってましたが当時の大学生は中国の将来に不安を感じ,外国に活路を求めたと。

(高校生)
昨夜のお客さんは天安門事件の当時は高校三年生で受験を控えていたそうです。
事件の影響で大学入試そのものがなくなるのではないかとのうわさがあり不安な日々をすごしたそうです。

上海でもかなり民主化要求運動への支持は広がっていて騒然としていたそうです。
でも高校一年生,二年生はとても楽しい経験をしていたとのこと。
なんでも北京に民主化運動の学生を応援に行くといえば汽車の切符がただになったとのこと。
それを利用して旅行に出掛ける学生が多かったと。ただ3年生は受験待ちのため動きがとれなかったそうです。

汽車の話が本当なら国の機関にも学生を応援する勢力もかなりあったのだろう。要は政治闘争ですね。

(社会人)
 北京の一般庶民も学生を応援支持するムードはかなりあったようで北京の語学学校の先生は当時30才くらいで夫が大学に勤務していたためよく大学に行き,学生たちとも交流があった。

 天安門でのデモが始まると毎日応援に行き,夜食を差し入れするなどして学生たちを寝ずに支援したそうです。6月4日事件の日も現場にいた。彼女いわく,軍隊は発砲したがゴムの弾だったと言ってました。車に轢かれる人などは出たが海外で報道されているような悲惨な現場ではなかったとのこと。

(駐在員)
 当時北京にいた商社駐在員にその話をしてみると。確かに天安門の中ではほとんど死んでいないただ別の地域では沢山死んだと。

駐在員として現場に居合せたかめさんの迫力ある記事もすごいです。

(国有企業財務部長)
 中国通の方なら誰でもしっている有名国有企業を引退した大先輩は当時そこで財務部長をしていました。彼は責任ある立場として正式に学生支持のカンパ金を5万元計上したそうです。
国有企業でそれをできるわけですからかなり広い支持がされていたのでしょう。

 天安門事件は東西冷戦の終焉と共産主義崩壊の流れのなかに位置して鄧小平の決断がなければ今の中国はなかったかも知れないわけで歴史上非常重要な事件であり,こうしていろんなかたがたの話を聞いてみると,海外で思われている以上に共産党中国は崩壊の淵にあったのかもしれません。ひとつ言えるのは当時政府が瓦解していたら今の発展はなかったでしょう。ばらばらで。中国は圧倒的力で君臨する人か組織がないと空中分解しちゃう。

(私)
 私は当時大学一年生。中国には特に興味なし。ただ共産主義の崩壊という歴史に立ち会っているという高揚感はありました。大学に入りたてのころで背伸びしたくもあり,天安門事件を特集した英文雑誌『TIME』を買いました。でも英語が難しすぎてほとんど理解できなかった記憶があります。私はその雑誌で初めて鄧小平がDeng Xiaopingと読むことを知りました。

 89年は昭和の終わった年でもあるしある意味歴史の節目だったのでしょう。
ただ当時の私の頭のなかは、早く彼女ほしいなとか、サッカー止めてテニスにしようかなど世界の激動とは全く関係のないくだらないことだけが占めていました。でも夜飲みに行くと大学一年生のちょっと生意気な思い上がった気分で知識もないのに、共産体制がどうのと中途半端な議論をしたりして。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-12-10 19:04 | 文化、歴史 | Comments(10)
Commented by shimo at 2005-12-11 21:28 x
こんにちは
おっしゃるとうり、天安門の弾圧がなかったら中国は空中分解していたでしょう。私は、タブン近隣諸国はそれを望んでいたと思います。
強大な中国などいりません!
Commented by 旅限無 at 2005-12-11 23:30 x
TB有難うございました。随分、古い記事を読んでいただき感謝申し上げます。中国関連の記事は結構多いので、時間の有る時にでも参考になりそうな記事を探してみて下さい。天安門事件は少数民族側からの視点で見ると、また違った意味を持つと思います。拙ブログはチベットにちょっと力点を置いていますが、ウイグル人がリーダー役に祭り上げられた学生運動でしたが、民主化要求の中身は混乱していて、多民族国家のビジョンも無かったように思えます。それから、「今の中国の発展」と天安門事件が直接つながるかどうかは、少々疑問です。しかし、意図的にあの事件を風化させようとしている力にはそれ以上の疑問を感じます。
Commented by dashi at 2005-12-12 14:08 x
私の知り合いは他の取材で北京入りしていたマスコミ関係者ですが、そのまま残って学生の取材を続けるようにという本社の指示で事件に巻き込まれました。
銃弾が頬をかすめる中、日本人記者であることを隠して必死に逃げたそうです。知人の中国人に匿ってもらったとか言ってました。そのとき活動家の学生はかなり海外に逃げたようで、日本に逃げた学生とはその後も交流があったようでした。
空砲だったなんて、死者がなかったなんて、とんでもないです。阿鼻叫喚の地獄だったと思います。
Commented by かめ at 2005-12-12 17:42 x
私も実は今の経済発展と天安門事件は結びつかないような気がします。それと、実弾が飛んでいた事は間違いありません。 少なくとも事件後の6日の発砲事件では実弾をぶち込まれました。
鄧小平の功績は、中国人が「この国の事」を考えるよりも、「今金儲けしなければ」という意識を全土に広めた事だと思っています。 それが経済発展というなら天安門も結びつくかもしれませんね。 専門家の分析をお願いしたい処です。
Commented by zhuangyuan at 2005-12-12 20:28
shimoさま
コメントありがとうございます。確かに隣国が強大になるとなにかとややこしいですね。でも分解していまうともっとややこしいのではないかと思います。清朝末期みたいにロシア、イギリスが入り乱れたりして。
Commented by zhuangyuan at 2005-12-12 20:31
旅限無さま
いらっしゃいませ。チベット問題は小林よしのりの本ぐらいしか読んだことがありません。また伺いますのでいろいろ教えてください。何かチベット関連でおすすめの本はありますか?
Commented by zhuangyuan at 2005-12-12 20:36
dashiさま
さすが中国通。交友関係が広いですね。実際に経験したひとのお話は迫力がありますね。マスコミも命がけですね。その方の記事は日の目を見たのでしょうか。報道自粛してたりして。
Commented by zhuangyuan at 2005-12-12 20:41
かめ様
確かに現在はびこる拝金主義とその地球に与える悪影響は困ったものですが一つ言えるのはバラバラになっていたらもっと収拾がつかなかったのでは。
また食える世の中になったのは事実でしょうか。功の部分も大きいのでは。
Commented by 旅限無 at 2005-12-12 22:20 x
小林よしのり氏は、漫画家ですから描ききれない事もあるし、描きすぎる事も有りますね。チベット問題の入門書になるかどうかは分かりませんが、拙著『チベット語になった坊っちゃん』を手に取って頂ければ幸いです。現地で何が起こっているのか、日本は大丈夫か?と考える人には最適だと思います。無遠慮に書いてしまいました。
Commented by zhuangyuan at 2005-12-13 22:29
旅限無さま
早速貴殿の著書を購入しました。読みましたら感想アップします。
青海ってチベット文化圏だったんですね。


<< 黄色      身にしみる言葉 (論語より) >>