中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 29日

野獣たちが集う工房で

ルオーとフォーヴの陶磁器パナソニック汐留ミュージアム
Web内覧会に行ってきました。

「フォーヴ」って誰?って聞かれるんですよね。と館長さん。
すみません、教えて下さい。

「フォーヴィズム」のフォーヴのことでした。
それなら聞いたことある。

「野獣派」と呼ばれる絵画グループ。
なんかグーンと興味が湧いてきました。

陶磁器というと地味なイメージですが
この展覧会は違いますよ。

野獣たちが同じ工房に集まって腕を競いあう。
壺や皿の上に一発勝負の絵付けをするんです。

楽しいでしょ?

第一の部屋は工房の主人マテさんの作品
d0018375_21205551.jpg
イスラム風だったり、中国風だったり。
d0018375_21195539.jpg
真面目なマテさんは下絵もきっちりと。
d0018375_21201314.jpg
色を出す技巧をいろいろ試してみたそうですが
いまいちイメージどおりの色がでない。
そこで若手の画家たちに色を塗らせてみようってのが

第2のお部屋

マティス、ヴラマンク、ドランなど


d0018375_21245213.png
みんなも一発勝負の焼き物に夢中になっちゃって
5年間も集中して工房に通ったそうです。

各者各様でこんなに違うのかと嬉しくなっちゃいます。
私はヴラマンクが気に入っちゃいました。

生き生きとした色彩が壺や皿に踊ります。
若さが溢れてる。

そして第3の部屋はルオー


マテさんと同い年で一番ながく工房に通ったといいます。
他のみんなは工房がセーヌ川の氾濫で水没しちゃって疎遠になっていったと。

セーヌ川のお話を学芸員さんがされたとき
作品にリアル感がずっと増したような気がしました。
ファンタジーを生み出す工房が自然に寄って壊される。
そして人も離れてゆく。
100年前がふと近く感じられました。

最後に残ったルオー作品は他の野獣たちとは異質なものでした。
魂の込め方が違うようなマチエール。
濃厚。

いいもの観ましたよ。

以上


[PR]

by zhuangyuan | 2015-04-29 21:31 | 文化、歴史 | Comments(0)


<< Hearts & Minds ...      マレーシア映画で思う 多民族国... >>