中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 09日

英雄と漢奸

以前、このブログで岳飛の仇敵秦桧を知らないと書きました。
その後、いろいろな本を読むうち、秦桧をしらないと中国を知ったことにはならないなと思うようになりました。

この人は中国歴史上の売国奴ナンバーワンとして嫌われまくっています。

12世紀ごろ漢族の王朝宋は女真族の王朝金の勢力に押され中原を追われ
今の江蘇省あたりまで逃げてきます。当時の皇帝徽宗,钦宗まで人質にとられる始末。
そんな時、南宋では救国の英雄たちが金に対抗し立ち上がった。
その代表格が岳飛。岳飛は飛ぶ鳥を落とす勢いで金軍を打ち破り、
河南省あたりまで取り戻します。

ここで登場するのが秦桧。かれは金と和平を結びたい和平派。言い換えると投降派。
皇帝の高宗をそそのかし、岳飛を勝利目前に撤退させてしまう。

あげくの果ては岳飛が謀反を企てたとデッチ上げ高宗にチクリ、罪を着せ殺してしまう。
岳飛を何の罪で罰したかを問われた秦桧は「莫须有」(moxuyou)と答えた。
これは也许有(yexuyou)=もしかしたらあるかも という意味です。
そんないいかげんな。
てゆうか えっと もしかしたら 謀反なのかなっていう。

その後、宋は金と和平を結び、屈辱的な領土割譲と朝貢を約束してしまう。

秦桧は徽宗,钦宗とともに金にいたことがあり、
それ以来金の傀儡で金から指示されていたという話もある。
卖国贼秦桧

それ以来現在にいたるまで岳飛は愛国者で英雄として称えられ、
秦桧は遗臭万年の売国奴としてののしられている。

杭州の岳王庙には岳飛像が立っています。、
その前には秦桧夫婦が跪いた像もありまして、そこを訪れる観光客は
その像につばを吐きかけるそうです。
d0018375_22552813.jpg


最近読んだ「中国人の愛国心 王敏著」(PHP新書)によると
900年前の売国奴をを今でも許せない中国人にとって
つい60年前の出来事はとても忘れられないとのこと。

本書によると中国人には愛国者のパターンがあり
一番人気があるのは侵略者に対する徹底抗戦。
それに岳飛がぴったりだと。

敵国と妥協して政治的解決を図ろうとでもしたら
それが国民のためになったとしてもNGで売国奴にされる。
李鴻章がその典型だそうです。

とすると吉田茂なんて最悪ですね。
東条さんは?

また同書では次のことも触れられています。
最近今度は岳飛の母の像の前にも秦桧のひざまずく像を建てようという話が持ち上がり、秦桧の子孫が反対したが押し切られたとあります。ほんと恨み骨髄ですね。秦桧后人反对秦桧跪岳母

また(影响中国历史进程的100位名人」という本にはこんなおもしろい逸話もあります。

秦桧の跪く像は明代に作られたそうですが、
清代にこれまた秦桧の子孫がその像を見て面子がないとおもい
夜中にこっそり西湖に像を沈めてしまったそうです。

すると翌日西湖の水が赤色に変わってしまって人々は秦桧像のたたりだといったそうです。
その子孫はしらばっくれてたそうですが疑いをかけられた。
彼がおもいがけず西湖のほとりに行ったところ水中から秦桧像が飛び出てきたとのこと。
彼は恐ろしくなって像をもとの位置に戻したそうです。

ああおそろしい。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-11-09 23:16 | 文化、歴史 | Comments(2)
Commented by だんな at 2005-11-10 21:36 x
TBありがとうございます。
先月、上海から足を伸ばし、杭州の岳王廟を詣でましたが、
秦儈像につばをかける人はさすがにいませんでした。
が、今なお評価は非常に厳しく、観光客の会話からは唾棄すべき人間であることしか聞こえてきませんでした。
中国においては「漢奸」というのは単なる売国奴や国賊という意味以上に、その人間自体の人格や思想を全面否定するニュアンスがあり、ネット上で「漢奸」知識人や政治家のリストがあるそうですが、親日家が非常にナーバスになっているそうです。
Commented by zhuangyuan at 2005-11-11 06:56
北京の先生は戦争時代の日本人より日本人に協力した漢奸の方が許せないと言ってました。でも日本には国民みんなから死ぬほど嫌われている歴史上の人物っていないですよね。


<< 中国語と狗(イヌ)      改革開放 笑話 >>