中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 14日

韓国の飲み会はいつも軍隊ばなし

韓国のお客さんと忘年会。

韓国映画には軍隊の話多いよね?恋愛映画にすら軍隊が絡んでくる。
日本映画は軍隊出てこないですか?
一応日本に軍隊いないことになってるから自衛隊の話題って大ぴらに語られてこなかったんですよね。

自衛隊って撃たれないと撃っちゃいけないんですよ。
それじゃ負けるでしょ絶対。

「韓国もそうですよ。北朝鮮と戦ったって相手が撃ってこなきゃ撃てません。」

これは知りませんでした。
韓国軍は米軍の指導下にあり、先制は禁じれれているといいます。
しかも国連軍の下の米軍ですから三重構造ですって。ややこしい。

さらに話はつづき、板門店はソウルから近いよねって話から
マジで攻撃されたら、すぐにやられちゃうかもなんて。

子供のころの避難訓練なんて
化学兵器で襲われた場合を想定してたというシャレんならない話も飛び出す。

韓国、北朝鮮は現在も戦争継続中、今も月に一度は避難訓練が行われるという。
その日は町中にサイレンが鳴り響き、
サイレンの間は運転する車をとめ、
安全なところに避難しなくてはならないと。
近頃は避難場所までいかない人が増えたらしいですが車は停止するという。

ただ一方で緊張関係はあるもののスポーツの世界では統一チームなんかが作れらたり友好ムードも。

小学校の教科書には南北統一の歌が載せられれ
誰でも歌詞を暗記するくらい歌ったといいます。

北朝鮮でも同じように歌われているとのことで
スポーツ大会で歌われたりするそうです。

こんな動画がありました。
世界卓球にて。



우리의 소원은 통일!
我らの願いは統一!と歌っています。

曲名は「我らの願い 우리의 소원」

いつの日か統一は来るでしょうが現実は戦争中であり、
男子はみんな徴兵されるわけで仮想敵国はもちろん北朝鮮です。

忘年会でいっしょだった皆さんも全員軍隊に行ってます。

韓国では飲み会ネタで一番多いのが軍隊ネタだそうです。
その次がサッカーの話題。

女の子が嫌う男たちの話題ナンバーワンも軍隊ネタだって。
軍隊でしたサッカーの話が最悪だと。
男たちはいつでものその話ばっかりだって。
女の知らない軍隊では男は全員ヒーロー。
サッカーも皆んながゴールゲッター。

男性陣の間でも軍隊の話が始まると、
そろそろお開きがちかい感じるそうです。
ネタが尽きたなって。

現代日本ではありえないお話です。
そんな国がお隣に。
以上

[PR]

by zhuangyuan | 2014-12-14 22:14 | 文化、歴史 | Comments(2)
Commented by お節介じいさん at 2014-12-16 10:49 x
私は台湾人の友達が多いのですが、軍隊時代のことを話してくれた人がいます。台湾でも徴兵制があるそうで、辛かったあの頃には二度と戻りたくないと言っていました。軍隊にはいじめ・虐待があるとのことで、気弱な男には軍隊生活はキツイようです。
ところで台湾では2015年から徴兵制度が廃止されるそうです。これは多感な青春時代を軍隊で送ることによる弊害があまりにも大きいからでしょう。それに今や中台間は人的交流が盛んになり、敵対意識が薄らいでいるからかも知れません。やはり平和が一番ですね。日本は何といっても、戦後70年間ずっと平和が続いているのがいい。平和って空気のようなもので、平和な内はその有り難さを感じないものです。
ところで「我らの願いは統一」、いい曲ですね。北と南が共通に広く歌われている歌のようです。中国朝鮮族もこの歌をよく歌います。
神戸にFМワイワイと言う放送局があるのですが、韓流ファン及び在日さん向けに放送している「ヨボセヨ」という番組で、番組のエンディングにこの歌が流れます。
FМワイワイ 77.8Mz 19:00~21:00 毎週日曜日放送
私は海外在住なので、インターネットで聴いています。
Commented by zhuangyuan at 2014-12-21 22:05
お節介じいさん様 台湾の徴兵制がなくなるのはいいニュースですね。統一の歌を中国朝鮮族も歌っているとは。そこまで統一するとけっこうややこしいことになりそうです。


<< 家政婦は世界で国をおもう OF...      カレー屋の片隅から世界が見える >>