中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 03日

台湾と日本語 二二八って知ってる?



先日台北でニニ八紀念館を観てきました。

226でなく228。

日本が台湾を去った1947年に国民党政権の締め付けに苦しむ民衆が
タバコ店女性暴行に端を発し、一斉に立ち上がった事件。
その後、一般民衆が大弾圧されました。

当時の政権は今も健在で、ずっとタブーとされてきましたが
民進党政権時に全国に蜂起を呼びかけたラジオ局建屋がニニ八紀念館となりました。
今は国民党が返り咲いていますが、事件についてはどういう整理がなされてるのでしょうか?

前からこの紀念館に興味がありましたが
このところ映画「アクト・オブ・キリング」でインドネシアの華僑大虐殺を観て改めて関心をもち、



さらには「九月東京の路上で」を読み、関東大震災後の大虐殺の様子を知りさらに高まっていたのです。

九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響

加藤 直樹/ころから

undefined




館内ですぐ目に入ったのは解説ボード、日本敗戦の玉音放送が、台湾の歴史においても
忘れられぬ一日だといいます。
日本時代を肯定的に捉えてます。

国民党は大陸から入ってきてすぐに日本語を禁止しました。
それまで日本人として日本語を使って生活してきたのが突然の禁止令。
当時のインテリは言葉を失いました。文化的精神的大打撃。

次にはじまったのが漢奸狩り。
日本に協力してたのは誰だ?
d0018375_21405192.jpg

あの1日で天地がひっくり返った。
日本の戦後と比べると興味深い。

敵性言語だったはずの英語が敗戦後は大ブーム。
井上ひさし「ベストセラーの戦後史」には「日米会話手帳」が三ヶ月で360万部売れたとあります。

完本 ベストセラーの戦後史 (文春学藝ライブラリー)

井上 ひさし/文藝春秋

undefined



このお気楽な英語人気ぶりはなんなんだ。敗戦の悲愴感はどこ行った?
その時台湾では・・・・

この後も弾圧が続き、台湾人民に鬱屈がたまり、ニニハ事件へとつながっていくのです。
民衆は全国で立ち上がったのですが
そのあとに続く弾圧はすさまじいものがあります。
いわゆる白色テロ。投獄、処刑。

知人の父親は台湾で中学教師をしていました。
当時のインテリである生徒たちは彼のいぬまに
手のひらに針金通されて数人まとめて海に投げ込まれたそうです。
すさまじい。

立ち上がったものの徹底的に弾圧されて
ついには歴史からも抹殺されようとしたのです。

事件の翌日、全島に蜂起を呼びかけた言葉、
それは日本語なんです。


そしてそんな台湾から徐々に日本語も消えてゆく。

下記にも書きました。

映画「台湾アイデンティティー」の主人公の父親の写真も
紀念館に展示がありました。
彼は台湾自治を主張したとして処刑されました。
山岳民族出身で元日本人で戦後は中国名。
台湾近代苦難の象徴のような人生です。

台北にお寄りの際はぜひ。
台北駅すぐ。
二二八和平公園内。
d0018375_22311468.jpeg
以上



[PR]

by zhuangyuan | 2014-06-03 22:38 | 文化、歴史 | Comments(2)
Commented by お節介じいさん at 2014-06-25 14:25 x
九一八を知っている人はいても、二二八を知る人は殆どいないでしょう。私も台湾に来て、初めてこの事件を知りました。
台湾人(本省系人)のアイデンティーは複雑で一言では語れません。台湾にさまざまな言語が存在するのを見れば、そのことがよく分かります。原住民の言語だけでも数種類ある。漢語に至っては、北京語・福建語・客家語の三種類。台北の地下鉄に乗ればすぐに分かるが、車内アナウンスが北京語・福建語・客家語・英語の順で放送される。
私は台湾の地方都市に住んでいるので、台北にはめったに行かないが、たまに上京した時は、必ず駅前の二二八平和公園を散歩することにしている。ここに生息しているリスは、人を怖がらない。餌を手にすると、直ぐに近くに寄って来て、ホントにかわいい。
Commented by zhuangyuan at 2014-06-25 22:10
お節介じいさん様 今度地下鉄のって社内放送聞いてみます。二二八公園は確かにリスがたくさんいました。軽やかにひょこひょこと駆けまわっていました。台北に上京って表現がいいですね。


<< 経絡って?東洋医学は効くのか?      カンフーで日本軍撃退? >>