中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 26日

華僑に学ぶ金儲け

一生お金に困らない「華僑」の思考法則

大城 太/日本実業出版社

undefined


私のいる業界は華僑が多い。 東南アジアはどこの国行っても貿易相手はほとんど華僑。
名前も現地風になってるのでわかりにくいですが大体、中国語喋れる。
とは言っても普通語でなく広東語や福建語、潮州語。海を渡って行ったんです。

彼らの行動様式とこの本の法則をみると符合するところがたくさん。
日本の華僑も同じなんですね。

 まず相手を利する。反対に借りを作る。相手の非を責めない。
こうして人間関係をディープにしてゆくのです。
そして仲間は絶対裏切らない。

 対する私がそれに対応できるかというとこれが難しい。
企業組織の1サラリーマンの身ですと、
この人間関係ですべきことはわかりつつも、
行動で示せるのはごくわずか、
結局は企業論理とベクトルがあう時だけなのです。

それでも責められない。それが逆に辛い。
それも術のうちなんでしょうけど。

 この本で一番腑に落ちたのは、ルールより人間優先ということ。
ルールつまり法律は熟知し利用しつつも、
全てしたがうわけでなく、自己都合で守らないこともしばしば。

発展途上国の政府役人なんてだいたい華僑に転がされてます。
「あの国は関税高いけど、まず俺に売ってくれ、あとはなんとかするよ。」
信じる信じないは度胸が必要ですが、それで回っているのが現実。

法律なんて時の為政者が既得権益保護のために勝手に作って
支配構造を固定するためのものだという認識。
そんなの守ってたら一生貧乏人ってな意識。

先日、日本にいる中国の友人が言ってました。
現代中国で金持ちは全員法律を破ることで金持ちになったと。
日本は既得権益を脅かす層が迫力ないんで固定されちゃう。
長い歴史のなかでずっとそんな中華社会で生きてきたんですから、
華僑にとっちゃ平和は性善説島国なんてファミリーが繁栄するぐらいちょろいもんでしょうね。

 この本はそんな華僑の思考法則を惜しみなくだしてくれてます。 オススメ。 以上

[PR]

by zhuangyuan | 2014-01-26 09:23 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
Commented by お節介じいさん at 2014-03-01 09:23 x
中国には「政策あれば対策あり」という格言があるそうです。中国の金持ちは多かれ少なかれ、ヤバイことをやってきたということでしょう。法治国家の日本では考えられないことですが、中国ではこれは当たり前のようですね。潔癖症の日本人と比べて、中国人はしたたかでハングリーで、そしてずるがしこい。法律よりも人間関係を重視。どおりで中国社会では汚職・ワイロがはびこるわけです。
中国人のしたたかさは華僑・華人の社会でも大いに発揮され、特に東南アジアの国々では、その国の経済は中国系が握っているといいます。それに政界にも多くの華人が進出しています。華人社会のシンガポールばかりでなく、タイ・フィリピンの政治指導者も中国系ですね。アキノ、タクシン等々・・。
Commented by zhuangyuan at 2014-03-06 21:58
お節介じいさん様 インドネシアの華僑はアコギに稼ぎすぎて歴史上何度も排斥されています。でもまた舞い戻る。どうして?金儲けが簡単なんですって。要はだましちゃう。とシンガポールの知人が言ってました。俺を通してくれれば関税はどうにかするよ。なんて。


<< カンフーで日本軍撃退?      サウジのお転婆娘 >>