中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 05日

サウジのお転婆娘

少女は自転車に乗って鑑賞。

最近、中国語学習ブログが映画鑑賞ブログになってる。
まあいっか。

というわけでこれはサウジアラビア初の女性監督が描くイスラム女性社会の物語。
なんて書くと重い感じですが、女性を過度に虐げられた存在にはせずリアリティを感じます。
男子禁制の女子小学校に通うワジダちゃんが男の子に勝つために自転車を手に入れるために奮闘するお話。

サウジでは女性は自動車のみならず、自転車まで乗っちゃダメ。
主人公のワジダちゃんが良い。純朴なだけじゃなくけっこうワル。
コンバース履いてピアスつけて、黒いスカーフだってたまにとっちゃうよ。
赤毛のアンかハイカラさんを彷彿させる。お転婆娘って言われてる。
だいたいアラビア語でお転婆って概念が存在するのだろうか?原文はどんな意味なのだろう?
でもお転婆って訳は、屈託のないワジダちゃんに合ってる。
原題はそのままWadjdaっていうのも頷ける。この名前も含意があるのかな?

この映画を女性視点からみたコメントは他にもたくさんwebでアップされてますので割愛します。
ひとつだけ怖い言葉をご紹介。母親がいう一言「言うこと聞かないとお嫁にやっちゃうよ!」

ここでは別の視点から。イスラム国家サウジもグローバル化に抗えない姿がたくさん見えて面白い。
いい家に住んでるけど、フロー収入は多くなさそう。なぜなら第二夫人を養えない程度でブルーのつなぎ着てる。
石油大国も人口急増で楽な仕事以外もやらないといけないみたい。

運転手はインド人の不法滞在。車はGM。インド人は雇われだが基本オンナをバカにしてる。

父ちゃんは家でプレステみたいなゲームやってる。

みんなサッカー大好き。
売ってる製品はメイド イン チャイナ。自転車はそうじゃないといいな。
町のおじさんたちもポップスが好き。

そういえばサウジのお客さんを日本で案内したとき
秋葉原で中古のパックマンゲームを買ったので驚いた。
小さいころ遊んでたって。

アブダビのお客さんはお祈りの時間にiPhoneでメッカの方角しらべてた。

仕事でサウジアラビアに数日間滞在したこともありますが、入国前のイメージと全く違って、
話した相手は皆非常に合理的。上のクラスは米国留学経験を持つ人が多く英語も達者。

砂漠のテントで大会議?


そんなサウジが王政敷いて宗教警察持って統制しようったってなかなか難しいでしょうね。
その証拠にこの映画にも王族も出資したといいます。

宗教的因習もその発生時点においては、その必然性と合理性があったのでしょうが、
このグローバル化では変化せざる得ませんね。

そもそもワジダみたいな子が育つってことが変化のあかし。
ちなみに物語の主人公としてのワジダだけでなく
オーディションに現れた女優の卵もワジダそのもので
コンバースにヘッドホンでジャスティン・ビーバー聴いてたって。
少女は自転車に乗って


オススメですよ。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2014-01-05 19:13 | 文化、歴史 | Comments(0)


<< 華僑に学ぶ金儲け      インド映画はスゲエ! >>