中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 14日

サッカーで世界とつながる

昨日、サッカー四級審判員資格認定講習なるものを受講しました。
ざっと見たところ130人程度か?
皆さん気合が入っていて、大半がトレーニングウェアでの参加。

今の少年サッカーは資格がないと試合で審判ができないだけでなく
資格者がいないとチームが試合に参加できないらしいのです。

朝9時から夕方5時ごろまでの長丁場でしたが
講師の方がすばらしく、楽しくすごせました。

おしまいのほうで、あなたがサッカーに関わる最大の動機は何ですか?
という質問があり、何人か前に立ち短いスピーチ。

子どもに教えるため、大学での授業の一環、子どもの応援ママさんが高じて、などなど。

で私は?

小学校四年ではじめましたが最初は好きじゃなかった。
弱かったし。
中学校も走ってばかり。

野球のほうが盛んだったし、友達は皆野球だった。
でも父親がサッカーにしろという。
世界のスポーツだからと。

今考えるとほんとにサッカーでよかった。
サッカーってのは世界の共通語。
ボールがあればどこでもできちゃうし。

息子にもやっぱりサッカーやらせたかった。
世界と関わるときのために。


講習でも講師の方が世界サッカーの面白いネタをたくさん話してくれました。

サッカーのルールは国際評議会で決められる。
それはFIFAではない。
イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドのサッカー協会とFIFAで構成されてる。
さすがサッカーの母国イギリス。
これならロングシュートは二点とかにはなりそうにない。

独裁者のいる国のサッカー選手はつらい。なんて話も。
フセイン政権当時のイラク代表は負けると拷問が待っていたとか。
ちょっとwikiをのぞいてみると恐ろしいことがいっぱい書いてありました。

サダムの息子ウダイがスポーツ大臣だったときはひどかったと。
負けると軍事施設に連行し拷問。
拷問怖さにがんばっちゃう。
ドーハの悲劇もその結果だったとか。
逆らった監督はロケット弾ぶち込まれたなんて記述も。
ほんまかいな?

チャウシェスク時代のルーマニアも強かったって。
国軍と秘密警察のチームを支援して世界クラスにしたそうです。
彼らが愛したフットボール:ニコラエ・チャウシェスク

カメルーン代表には呪術師が帯同していたって。
サッカーと黒魔術

今では黒魔術は禁止されたというが
禁止されるってことは効果があるってこと?

そういや先日WBC山本浩二監督がお参り行ってたな。
あれは大丈夫?


日本サッカーもずい分と国際化しているのですが
最近の日本の課題は手を使ったファウルが多いことだといいます。
ホールディングなど。

講師が韓国遠征に行ったとき取られたファウルの60%がこれだったと。
日本ではこれに対して甘いため世界では課題になっていると。
そこで日本では今、手を使ったファウルを厳しくとるようにしているそうです。
オレも意識して吹いちゃおう。ピピッ!

審判といえば笛、ホイッスル。
講師は笛マニアだと自称され、いろんな笛を紹介してくれました。
なんと全部で200個持ってるそうです。
想像以上。

まずは大観衆のスタジアムで吹く笛。
やたらと音がでかい。耳をつんざいた。

イギリスの笛、カナダの笛、どこどこの笛、みんな音が違う。
隣り合わせのグランドでは異なる音色の笛を使うそうです。

イギリスの笛にはコルクの玉が入っていて
唾液でコルクが湿ると心地よい音が出ると。
日本の笛はプラスチック球なので乾いた音しか出ないんですって。

家に帰って自分の古いモルテンの笛を見てみた。

コルクが入ってた。

なんだか早く吹きたくなってきた。
キックオフ。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2013-01-14 21:15 | 生活 | Comments(0)


<< 戦う芸術家 艾未未      ミャンマー落武者伝説  >>