2005年 08月 31日

税金

上海駐在員の裏日記に税金ネタが出ていました。

中国はよく法治国家でなく人治国家だと言われますけど、税金なんかも結構コネで
適当に処理されているとか。
徴税も取れるところからとれというスタイルなので日本企業は真面目なので格好のねらい目
らしい。税収が足りないと適当な税を作って徴税に来るらしい。

また税率も高く設定して後から還付制度を設けて還付するスタイルが多い。
増値税という付加価値税なんかもそのスタイル。

こうすると税を取るほうに主導権が付加される。
一度もらっちゃえば強い。
還付するかしないかは政府の役人次第。

自分で稼いだ給料を奥さんの口座に振り込み
お小遣い制にしているのとおんなじです。
主導権は奥さんにある。

そして政策に変更に随ってどんどん還付率が変更される。
法律では還付があるはずなのに全然返ってこないなんてのもザラにあるとか。
こういう国の中で経営していくってホント大変ですよね。

でもこういうのはなにも中国だけではない。
友人でインドネシアの日系企業で役員をしていたのがいましたが
昨年彼が帰国した際におごってもらいました。

なんでも接待費を使いに帰国したとのこと。
ネシアでは法人税が高額で前年の利益をもとにしてその年も法人税をとられ
あとから実際の利益を申告し、少なければ還付されるスタイルらしいのですが
一度払ったら返してもらったことがないとのこと。
だから利益が出たら全部使う。これが鉄則だと。

北京で語学学校の先生に聞きましたがその学校の社長は絶対に
税金は払わないそうです。
なぜなら税金を納めてもそのお金を持って海外に逃げるやつが多いからだそうです。
これはもっと深刻ですね。下記参照
公金流失500億ドル
以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-08-31 22:06 | 時事 | Comments(0)


<< HSK高等試験      モンゴル >>