2012年 04月 01日

ニセ札天国

先日、中国駐在のお客さんがいらっしゃいました。

なんでも同僚が偽札使用でつかまったといいます。

店に買い物行った際、お札を差し出すと、受け取れないと拒否された。
どうやら偽札らしい。

そこで次に別の紙幣を出す。
それもだめ。
次もだめ。

すると店員はさすがにやばいと思ったらしく
警察に通報。
駆けつけた警官に御用となったとのこと。

偽札を発見したらすくに通報しなきゃいけないらしいのですが
めんどくさいから普段は連絡しない。
ただ何も言わずに返すだけ。
でも何枚も出されちゃしょうがない。

そのまま署に連行され一晩ぶち込まれたと。
この方も日本人駐在員だと。

日本人でよかった。
一応外国人ですから、事情を話せば許される。
これが現地人だったら一晩じゃすまないでしょう。

どうやらその方、タクシーか別の店でニセ札を何枚もつかまされたらしい。
素人には区別がつきませんから使ってしまったわけです。
それが店の人にはわかっちゃうってとこが凄い。
慣れてる証拠です。

実は以前、私も偽札をつかまされたことがあります。
50元札。
空港で買い物したら返された。

偽札って良く見るとやっぱ違うんですよね。
それに紙質も違う。
本物はそれなりにコストかけて丹精こめて作りこまれてる。

私の場合、どっかでおつりに入れられたらしい。
でも悔しいので、駄目だとわかりつつも別の都市で使っちゃいました。

そのことを話すと、いっしょに食事をしてた方がいいます。
「そんな珍しいもの使っちゃ駄目だよ。記念にとっておかないと。貴重だぞ。」

すると中国からのお客さんが言います。

「中国ではそんなに珍しくもないんですよ。
私は紙幣全種類の偽札あつめて持ってますよ。」

100元、50元、20元、10元、5元。

これにはさすがに驚いた。
ここまで日常に入り込んでいるとは!

日本だったら偽札なんていったら重犯罪。
中国でも法律上はそうなのかもしれませんが。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-04-01 21:17 | 時事 | Comments(2)
Commented by お節介じいさん at 2012-05-09 06:37 x
中国生活は何かと大変なようですね。外国人は偽札をつかまされやすいと聞いたことがあります。中国人は新札を嫌うそうですが、なるほどと思いました。垢で汚れた皺くちゃのお札のほうが、沢山の人の手に渡って、使われているということですから、偽札はまずないでしょうからね。外国人は地理不案内ですから、よくタクシーを利用します。夜間は車内が暗いので、運ちゃんからおつりをもらう時は、偽札をつかまされないように、気をつけましょう。特に新札には注意ですね。
Commented by zhuangyuan at 2012-05-13 06:32
お節介じいさん様 外国人には見つけるの難しいでしょうね。インフレですから新札も多そうだし。もしかしたら偽札するからインフレなのかも。まさかそんなにはないですよね。昔、北の将軍様がアメリカ経済を混乱させるため偽札刷ったこともありました。


<< 苦役列車 珍道中      労働者が湧いてくる >>