中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 25日

The Reality Distortion Field

Chinesepodを聴いてましたら「スティーブ・ジョブス伝」の評論に関する話題がありました。
なんでも中国ではジョブズの熱狂的なファンが多く、彼の氏がアメリカでよりショックを与えているといいます。

この文章のなかに「现实扭曲力场」という言葉が出てきます。
Reality distortion fieldを訳したものです。
なんとも魅力的な言葉です。

ジョブズはこれをもっているといいます。
つまり現実を捻じ曲げてしまうフィールドを持っている。

ネットでは日本語で現実歪曲空間と訳されているケースが多い。
ちなみに日本語版「スティーブ・ジョブス」では翻訳家、井口耕二氏が「現実歪曲フィールド」と訳しています。
先日、井口氏の話を聴きにいきました。
日本語版は読んでいないのですが英語版は購入し数章読みました。
The Reality Distortion Field と題する章まであります。

Steve Jobs

Walter Isaacson / Simon & Schuster


Chinesepodではジョブスを形容するときだけに使う専用言葉だといっています。
そもそもはジョブスの部下が初めてつかったそうで
スタートレックの宇宙人がつくりだすフィールドだったと。
ともかく人間界ではジョブスだけが使うんでしょう。

ジョブスの偉大さを表す凄い言葉です。
じゃあどんな力なのか?
Chinesepodで取り上げた評論らしきものがネットありましたのでそこで見てみましょう。
现实扭曲力场

强大到逆天的能力可以说是乔布斯改变世界的一个重要武器,力场一开,黑的就变成白的,假的变成真的,不可能变成可能。

強大で天にも逆らう能力でジョブズが世界を変革する重要な武器だと言える。
この磁界が現れると、黒いものも白くなり、偽物も本物に、不可能なことも可能になってしまう。


かっこよすぎる。

周りにいる常識人たちはびっくり仰天でしょうけど
ジョブズ フィールドに巻き込まれてグルグル回っている間になんか世界が変わっちゃってるって感じかな。

日本語の訳より中国語のほうがいいような気がする。
扭曲と歪曲、捻じ曲がっていること と 捻じ曲げること
空間と力场、 力场を中日辞典で見ると「(電気・磁気などの)場」とあります。
フィールドそのものが力を発しているイメージがある。
そこだけ時空に乱れが生じて、現実が揺らいでしまう。
ジョブズ自身がゆがめるのでなくもっと神秘的な超越した力(フォース)。

一度フォースを感じてみたかった。
youtube経由では感じられるかな?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-12-25 22:29 | 言葉 | Comments(0)


<< 韓流は未だ至らず      中国の金持ちは三蔵法師? >>