2011年 10月 02日

韓国と朝鮮 その呼び名

朝鮮語のすすめ 日本語からの視点 (講談社現代新書 614)

渡辺 吉鎔 / 講談社



先日、こちらの本を読みましたが購入する時にちょっと違和感がありました。
それは朝鮮語という言葉。
なんかすごく古臭いイメージがありました。
言葉が重い。政治色も。

この本のまえがきにも説明がありました。

韓国育ちなのに
「なぜ韓国語といわないのかと聞かれるかもしれない。」

「現在(1981年当時)日本の大学に設置されている朝鮮半島の言葉の講座は
1,2の例外を除くと朝鮮語と言う名称を用いており....
それに従わせてもらっただけで他意はない。」


「他意はない」というところを見るといろいろいちゃもんをつけてくる人が沢山いたんでしょう。

日本語と韓国語 (文春新書)

大野 敏明 / 文藝春秋


こちらの本にはこんな例もありました。
NHKが語学講座を始める際に「韓国語講座」か「朝鮮語講座」かもめスタートが二年遅れたそうです。
で結果「ハングル講座」という名称になったと。

そのせいでハングルという文字だけをあらわす単語が言葉全体をあらすかのように
誤解される原因になってますね。
ハングルと言う言葉も私は漢字語かと誤解しており
韓国語(ハングンマル)から来ているとおもってました。
正しくは「大いなる文字」という固有語だといいます。

じゃあそもそも「韓国」「朝鮮」ってのはどんな違いとそれぞれのこだわりがあのか?

この本に歴史の流れが載ってます。
簡単に言っちゃうとこんな感じ。

まずは今の大韓民国、これは大韓帝国が共和国として復活したもの。

大韓帝国ってのは皇帝をいだいているのですが
それまでの李氏朝鮮ってのは中国冊封国。国王しかいない。
中国皇帝に朝貢してる。

その中国(清)が日本に負けちゃった。
そこでいきなり帝国になっちゃった。

つまり朝貢国の朝鮮から脱皮すべく韓がでてきて大韓帝国。
独立国です。

でもこれが長くつづかない。
日韓併合。

日韓併合直後に勅令がだされて韓国から朝鮮にまた変わる。

韓国統監府は朝鮮総督府へかわるなど韓の文字が抹殺されたといいます。
つまり帝国じゃないんだよってこと。

こうして戦後の分断を迎える。

南には大韓民国。
北には朝鮮民主主義人民共和国。

北朝鮮は李氏朝鮮の復活。
大韓帝国時代はなかったことになってるそうです。

金日成が植民地からの独立を勝ち取る。
北にいわせりゃ南は相変わらずの米国植民地状態ってわけ。

そういやあ何かっていうと中国いってる将軍さまも
実は歴史を踏襲して朝貢国気分がぬけてないのかも。

それぞれにいろんな理屈がなりたつわけですが
今の日本でのイメージは韓流ブームと北朝鮮拉致問題で
ずいぶん差がついちゃったようですがどちらにせよ色が濃すぎる。

NHKがハングルってのをひらめいたのはかなりのヒットですね。
政治っぽさが抜けててよい。

ところで将来いっしょになったらどんな国名使うんでしょうね。
高麗民国なんていいかもね。
KOREAの語源でもあるんだし。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-10-02 18:37 | 言葉 | Comments(2)
Commented by お節介じいさん at 2011-10-05 17:30 x
私もハングル講座が始まるという噂を聞いて、跳び上がって喜んだ一人なのですが、この言語の呼称問題でなかなか放送されなくて、待ちに待った思い出があります。
当時この言語は「朝鮮語」と呼ぶのが一般的でした。昔は朝鮮語学科を設けている大学が少なくて、大阪外語大と天理大くらいなものでした。東京外語大では朝鮮語の専科はなかったように思います。それだけ日本人はこの言語に対して無関心だったのです。当時、朝鮮語の学習者は、在日の人々ぐらいなもので、日本人は警察関係以外は学習者が殆どいませんでした。
とにかくハングル語を話す日本人はいなかったわけですから、朴政権の時代に韓国に一人旅した時「変な韓国語を話す外国人がいる」と、よくスパイの疑いをかけられ、警察まで連行されたり、安宿の臨検でパスポートと所持品を調べられ、不愉快な思いをしたものです。その頃私は横浜の朝鮮学校の先生から学んでいたので、北の言葉を話す日本人・・ということで、怪しまれたのかもしれません。
ちなみに朝鮮語と韓国語は基本的には同じ言語ですが、アクセントや抑揚が微妙に異なります。NHKでも韓国ばかりでなく北朝鮮や中国延辺の言葉も紹介してくれると、ありがたいですね。
Commented by zhuangyuan at 2011-10-06 21:50
お節介じいさん様 当時はきっと日本語をしゃべる韓国の方がいまよりずっと多かったんでしょうね。それでわざわざ習う必要がない。それにしても今の韓国語事情は当時からみたら驚きの極地でしょうね。あこがれの人にあうためにアニハセヨ。私にとってはこの軽さがいやですけど。


<< わたしの知らない韓流世界      高級語彙の成り立ち >>