2011年 05月 29日

ハングルvs事大主義

ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)

野間 秀樹 / 平凡社



世宗の大偉業としてハングルが誕生したわけですが
誰もが賛成であったわけでないのです。

ハングルを実質的に作った集賢殿という研究機関にも猛反対する人がいたと。

崔萬里。

彼の反対の論理はこうです。

「我が朝、祖宗より以来、至誠にして大に事へ、一に華制に遵ふ。」


だって昔っから中華の制度でやってきたでしょって。

「唯だ蒙古、西夏、女真、日本、西蕃の類、各々其の字有るのは、是れ皆夷狄のみ」


自分たちの文字持っているのは野蛮国ばっかりである。

字をつくるなんてこんなことが中国の都に知れたら大変だ。
中国文化のエバンジェリストたる朝鮮が中華を捨てるなんてとんでもない。
文字を統べるなんて大それたことをできるのは唯一中国皇帝だけであると。

正に事大主義であります。

ただここは礼儀の国、朝鮮。
儒教思想のなかで朝鮮王に命令されて逆らえるのでしょうか?

でもこの崔萬里にとっては世宗なんてピーナッツ。
たかが衛星国の一王様、悠久の歴史を前にすればなんてことはない。
中華すなわち世界のことわりは優先なわけです。

現実的にも当時の朝鮮知識人にとっては漢字はすべてに値する。
漢字がなければ知識はないわけで、
知識がなければ特権もないわけです。

既得権益者としての存在意義を根底から否定される出来事なのです。
そういう意味では世宗のハングル創製ってのは一種の革命といえますね。

この革命からずっと後世に野蛮国日本の言葉を強要されたのですが
当時の屈辱はこうした歴史を知るとよくわかります。

その後紆余曲折をへて立派に国の文字として定着しました。
今ではかつての支配者日本のおばちゃまたちの心までハングルが征服しているのです。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-05-29 22:41 | 文化、歴史 | Comments(2)
Commented by お節介じいさん at 2011-06-01 15:45 x
平安時代、平仮名が女手(おんなで)と呼ばれて、下賎な文字と思われていたように、ハングルも諺文(おんもん)と呼ばれて、さげすまされた時代があったようですね。
ハングルの「ハン」は、「大きな」とか「偉大な」とか言う意味です。「クル」は文字ですから、直訳すると「偉大な文字」と言うことになります。韓国人が祖先の残した文化遺産のハングルを、如何に誇りに思っているか、この文字の呼び方から、伺い知ることができます。韓国人はナショナリズムが非常に強く、この点は国家観念が希薄な我々日本人としては、彼らに見習うべきだと思います。
ところで、ソウルの中国名称は元々は「漢城」でしたが、「首尔」に変わりましたね。漢城の漢の字が、中国の属国のような印象を与えるということで、誇り高き韓国人には、我慢がならなかったのでしょう。新しい呼称は、韓国人自身が考え出したそうです。儿音が混じっているので、北京人以外の人は、発音が難しいと思います。私自身も、舌がもつれて、うまく発音ができません。私は「韓城」にすれば良かったのに・・・と思っています。ハングルの話から、横道にそれてすみません。
Commented by zhuangyuan at 2011-06-05 21:19
お節介じいさん様 ハングルがこれだけ浸透したのも日本時代があったからかなと考えます。押し付けられるものに対しての反発。国家を強烈に押し出していかないと周りの国がすごすぎて消えてしまうと韓国人の方が言ってました。でも「首尔」はやりすぎ。


<< KARAを探して      ハングルのヒミツ >>