2011年 04月 27日

渋滞スパイラル ジャカルタ編

先週インドネシア、タイとまわってきました。

景気がよくてうらやましい。
縮んでいく日本にくらべて成長してゆくアジアの勢いを感じます。

ただ急速な発展ゆえの問題も。
渋滞がひどすぎる。
発展のスピードにインフラが追いついていない。
つまり車が売れても道がない。


特にジャカルタ。

着いたのは日曜の夕刻だったため30分で市内まで到着しましたが
ウィークデイですと二時間かかることもあるそうです。

ただここからが大変。
夕食場所へ行こうとするとどしゃ降り。

すぐに洪水のように水が道路にあふれる。
わずかな時間の雨ですぐこの状態。
大渋滞。

しばらくして動きだすと今度は渋滞がないのに停止。
車に水が入ってしまったようです。

毎日こんな調子だそうです。


翌日お客さんと会っているときオフィスの人数をききました。
25人だといいます。
商売の規模に比べて多いのでびっくりして
凄い繁盛してますねといっていみた。

「恥ずかしい話だがこれはわが国の非効率のせいなのだ」と

一つことをするためにプロセスが多く時間がかかるそうです。
政府に貿易の許可をとるにも
毎日毎日日参して役人の机から机へ書類をまわしてゆくんだそうです。
しかもその役所にいくにも渋滞でなかなかたどり着けない。
帰ってくるのももちろんその調子。

商売するには別の人が動くしかない。
人数がいるのです。

ちなみに通勤はどのくらいと尋ねると。

ななんと、片道3時間だそうです。

もっと中心に住みたくても高くて場所がない。

毎日。たった20キロを3時間。
なんたる非効率。


政府も対策はとってるようで
時間帯で相乗り規制をしてるそうです。

ラッシュ時は車一台につき3人乗っていないといけない。
破れば罰金。

これがなかなか不便だそうで
一人で乗ってて渋滞中にその時間になってしまったら
オフィスビルの駐車場なんかは入れてくれないそうです。

するとその時間は3人で営業に行かなきゃならない。
これも効率悪い話です。

またその時間になるとひとりドライバーは道端の人をひろうそうです。
のっけてあげるよ~って感じ。

そんなことしてしょっちゅう止まるわけですから益々渋滞。
困ったものです。


こんなことも聞きました。
港の積み出し能力も全然足りない。

船積み待ちのトラックが三日待つなんてこともざらだと。
するとどうする?

三日待ってたらその間そのトラックは使えないわけです。
そしてもう一台買うわけです。

こうして渋滞スパイラルが起きるのです。
渋滞すればするほど非効率になる。
すると人数と車を増やす。
もっともっと渋滞が増えることに。

でもこれが発展への道だし
その分いろんな需要が生まれてくるんです。

道も橋も港も。そしてまた車を買う。
日本もこんな成長をしてきたんでしょうね。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-04-27 22:05 | 時事 | Comments(6)
Commented by rorobird at 2011-04-28 07:54
なるほどー。呻ってしまいました。
Commented by ケイチー at 2011-04-28 09:58 x
排ガス規制まで手が廻らないでしょうから、空気も悪いでしょうね。
都市化へ進む時、どこも通る道でしょうか。
Commented by zhuangyuan at 2011-04-30 18:37
rorobirdさま わたしもroroさんみたいな自然と文化に浸る旅をしたいです。ワイシャツに排ガスと渋滞じゃ味気ない。
Commented by zhuangyuan at 2011-04-30 18:39
ケイチーさま 発展がある程度のレベルまで行って車が売れなくなったら排ガス規制とかつくって買い替えをさせるんでしょうね。発展中はステイタスの象徴になって、利便性は二の次になってしまってます。
Commented by minamihorie at 2011-05-04 15:28
メンツが大切なのはアジア共通の文化でしょうか。
非効率とわかっちゃいるけどやめられないのですね
Commented by zhuangyuan at 2011-05-05 20:26
minamihorieさま 華僑の金持ちが電車通勤ってのは似合わないですね。


<< 長すぎるタイ人の名前      どこでもガイガー >>