中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 27日

中国A、中国B

先日、ジャーナリスト富坂聰氏の「中国の現実」と題する講演を聴きました。

中国は経済絶好調ですが
格差はますます広がっているといいます。

リーマン後の世界危機を救うべく史上空前の4兆元公共投資を行った後
さらに助長されたと。

投資のほとんどが国営企業にまわった。
国営企業とその周辺はガッポガッポだが
民営企業は苦しんでいる。

国進民退。

王朝経済といっしょだといいます。
官僚をひとり出せば一族が潤う。

国営企業に群がる利益集団は濡れ手に粟状態。
いっぽう民間企業は労働者は塗炭の苦しみ。

まるで中国が二つ存在するようだと。
中国Aと中国B。

この実態を富坂氏の著書でみてみましょう。

中国の地下経済 (文春新書)

富坂 聰 / 文藝春秋



中国の官僚は表の給料はたいしたことはありませんが
裏の収入はすごい。

灰色収入という。

権限にむらがる人たちからの贈り物。
昇進や記念日、家族の誕生日、お祝いなどなど。

民間人からも地方官僚からも。

官僚のポジションごとにどのくらい灰色収入が見込めるかも
わかっており、それを地位の含金量というんですって。

そういえば中国語先生も言ってた。
中国は暮らしにくいと。
会社の上司にお金を払わなくてはいけないと。
上にひっぱってもらうためにはプレゼント攻勢が必要だと。

会社員すらこれですからましては官僚なんていわずもがな。

プレゼントだってもらいすぎたら価値がないとおもわれがち。
でもそうじゃない。
換金出来るんです。

回収煙酒なんてところがあって
日本のパチンコ交換所みたいに現金と換えてくれるそうです。

酒、タバコ、プリペイドカード...
何でも現金になる。

こんなおいしいことはない。
とするとみんな権限のある地位につきたがる。
ということで中国就職人気ナンバーワンは税務署ですって。
凄い権限ありますからね。

灰色収入全国に蔓延していてが統計に出てこない。
地下経済ならぬ第二経済といってもよいほどの大きな規模だとか。

中国は得体がしれない。

でもふと思った。
日本の官僚もそうかも。
ハイウェイカードなんか出回ったことあったな...。
公然でないとこが逆にきたない。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-02-27 22:14 | 時事 | Comments(0)


<< 中国人特派員の見た震災時の日本人      ソーシャルメディアの力 中国誘... >>