中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 22日

犬を仕留めて喰らふ

先日、早朝勉強会の仲間(先輩?)に本を貸していただきました。

王様の漢方

牛 波 / 講談社



書名の通り、漢方のお話。

いつも失敗ばかりしているあやしげな社長が「中国訪問漢方ツアー」を立ち上げる。

参加したのはダイエット目的のモデルやらEDのヤクザ、性同一性障害の美男子などなど。
北京で中医の大夫にそれぞれが処方してもらい悩みを解決してゆく。

これはシリーズ化したらいくらでも面白いのが書けるんじゃないかな。
漫画もいいな。
映画にはなってるのですが漫画のほうがいろいろ想像力で書けるのでいいかも。
東京都の条例に引っかからないくらいに抑えてね。

中医である李仁がところどころでウンチクを披露してくれるのが興味深い。

こんな話もありました。

犬肉の話。

中国では犬を食べることは有名ですが
ここで出てくるのはその犬を捕まえる人の話。

その名も「坐狗人」(犬に座る男)

この言葉を百度で検索してみますと
この小説が引用したであろう文章がでてきました。

捕まえるなんて表現じゃ収まらない必殺仕事人です。

老北京的狗肉作坊(古きよき北京の犬肉割烹)

まず昼間のうちにどこの家に毛並みの良い犬がいるかを目星をつける。

然后傍晚出门,身披老羊皮袄,趁住户尚未关门,
“坐狗人”先在住户门前丢一块熟马肺,将狗引出

そして夕方、羊の皮を被ってでかける。
家の門が閉まる前に坐狗人は門の前に熟した馬の肺をほおっておき
犬をおびき出す。


馬の肺を持っていくのもいやですね。
でもなんで羊の皮を被るのか。

狗闻香前来,趁其低头吃食之际,
以右手掐狗脖子,左手按住狗后垮,都用反把,用力坐于狗腰,
狗即一声不出,腰断身亡,惨不可言

犬が匂いに誘われて出てくる。
頭をかがめて喰らおうとする正ににその時、
右手で犬の首を絞めつけ
左手で後ろ足を押さえて
反動を付けて力いっぱい犬の腰に座る
犬は吼えることもできない
腰が折れて絶命する
悲惨で言葉にならない。


ここからが更に怖い。

随后将狗的两只前爪搭在肩上,背于身后,上罩羊皮袄,拾起马肺回家,其手段迅捷为常人所不及。

その後、犬の前足をつかみ、肩に担ぎ、背負う
それを羊皮で隠し、馬の肺を拾って帰路につく
その手並みたるや迅速極まりなく常人の及ぶところではない。


そこから皮を剥いで肉と毛皮に分けて
さらには料理しちゃうんですがちょっとグロテスクなのでやめときます。

あとは原文を覗いてみてください。

解放前の中国の下層階級の間では冬の犬肉はたいそう人気があったんですって。

人様のお家で飼われてるのを仕留めるってのが恐ろしいですねえ。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-01-22 16:28 | 中国関連DVD、本 | Comments(8)
Commented by ケイチー at 2011-01-23 17:49 x
家族のように可愛がっていた犬を、こんな殺され方したら。
飼い主にとっては、身を切られる思いでしょうね。

こんなことする連中は、いつか悪行の報いを受けるといいですよ!
Commented by Shira at 2011-01-28 10:48 x
うーん。これはコワいですね。

狂犬病のおそれがあるところで犬におそわれたら役に立つかも...。でも、生兵法はけがのもとですし。
Commented by zhuangyuan at 2011-01-29 14:25
ケイチーさま ご主人さまの見えないところでさっと仕事をされることを望みます。
Commented by zhuangyuan at 2011-01-29 14:26
shira様 なまの馬の肺を餌として準備する時点でギブアップですね。
Commented by お節介じいさん at 2011-02-05 13:59 x
韓国映画「クロッシング」を、You Tubeで観ていたら、可愛がっていた犬が、生活の貧しさのため、殺して食卓にのらざるをえなかったシーンがあります。少年が父に「なぜ殺したんだ?」と泣いて問いつめる場面が印象的でした。中国や朝鮮半島では、昔から犬を食用にする習慣があります。私も中国東北を旅行した時、朝鮮料理屋で、何度もあちらの友人と一緒に犬肉を食べたことがあります。狗肉は脂肪の部分が少なくて、けっこういけますよ。特に冬に犬鍋を食べると、体が温まります。ぜひお試しを・・・。
Commented by ケイチー at 2011-02-06 20:37 x
図書館で借りて読みました。
面白くて、あっという間に読み終えましたよ。

映画も観てみたいですね。
どんな映像になっているのか、興味あります。
作者も映画制作に関わったようですし。

ゲテモノの食材は遠慮したいですが、鍼灸とか薬湯とかいいですねえ。
宝くじで1千万くらい当たったら、こんなツアーに参加したいです。
Commented by zhuangyuan at 2011-02-06 22:39
お節介じいさん様 私は犬鍋が食べたことがありません。学生時代、広州で探したことがありますが、春は季節はずれで見つかりませんでした。普通の犬肉は大久保で食したことがあります。
Commented by zhuangyuan at 2011-02-06 22:42
ケイチーさま こんなツアーがあったらぜひ参加してみたいです。でも漢方も先は短いかもしれません。皇帝が不老長寿を願って材料をさがしていた時代はいいですが中国庶民が金持ちになり、希少なものを乱獲するとすぐなくなっちゃいそうです。生物多様性の問題でストップがかかる可能性もあるんでは?


<< 蟻族と鼠族と黒灯      中国語テキストの言えない中身 >>