中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 28日

トイレは流せ 

シンガポールに出張にいっていました。

景気がよさそうでしたねえ。
いつ行ってもなんか皆楽しそうで
町並みも美しいし自然も多いしいいところばかり。

小さい国で資源もないのに世界有数の金持ち国家。
なにがすごいって政治がすごい。

ガバナンスがしっかり利いてる。
リー・クアンユーの開発独裁以来ビシッと統制して
国家の進むべき方向に向かって戦略的に進んでる。

リー・クアンユーは87歳の今でもバリバリの現役らしく
息子に首相をやらせつつも影響力を保っているとのこと。

その他東南アジア諸国と違って汚職もすくないらしい。
大臣の給料は世界最高レベルに高く、利権を貪るよりも国に奉仕する体制になってると。

言論統制や治安取締りも相当厳しいそうです。

シンガポールはいろんな民族や宗教の集まった国ですが
そのバックグラウンドが異なる集団をビシッと管理するには
そこそこ強権で締めないとまとまらないのでしょう。

以前、日本人駐在員の奥様ゴルフコンペで政府の悪口を言ったご夫人が
それをキャディーに聞かれてちくられたそうです。
結果は翌日強制帰国。

いまはそこまで厳しくはないそうですがまだまだ残ってると。
お世話になったシンガポール歴30年強の方も
自宅で政府の悪口をいうと、奥様に声を潜めるようにと注意されるそうです。

お客さんとの食事の際には
企業グループの会長さんがこんなジョークを話してくれました。



シンガポールのリー・クワンユーはマレーシアのマハティールを常に張り合って
なにかと競争意識を持っていたそうです。

ある日二人は釣りの勝負することになったそうです。
勝負はマハティールの圧勝。
マハティールはどんどんつり上げるのに
リー・クアンユーは全然釣れない。

そこでリー・クアンユーはコツを聞いたそうです。
「どうしてそんなに釣れるの?」

マハティールは答えて曰く
「そりゃそうだよ、そちらの魚は口を開けていないからね。
こちらの魚は口を開いているから釣れるのさ。」


いっしょに席を囲んでいた一同は大爆笑。
しかし私はおかしさがわからなくて笑えない。
会長さんは英語で話しましたが
簡単な話なので言葉が理解できないわけではありません。
ただ意味がわからない。

ジョークの笑えるツボを尋ねるなどという野暮なことをしてしましました。

つまりシンガポールは言論統制を厳しくしているので国民がついてこない。
マレーシアは言論の自由があるので国民に人気があることを揶揄するジョークだったわけです。


なるほど面白い。

まあでも公共の場で大きな声でこんなジョークが言えるんですから
いまはそんなに厳しくないんでしょうね。


食事が終わってからお客さんがいいました。
「トイレにいったら、ちゃんと流しなさいよ。
罰金取られるよ!」

なかなか厳しい社会です。


帰国時、飛行場でトイレをながしましたが故障中。
どきどきしながらそそくさと立ち去りました。

ごめんなさい。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-11-28 21:22 | 文化、歴史 | Comments(4)
Commented by お節介じいさん at 2010-11-30 19:10 x
シンガポールと言うと、日本人には良いイメージがありますが、私はこの国があまり好きではありません。この国の人は、なぜか冷たい感じがするのです。隣国のマレーシア人は、みんな親切で情熱的で人なつっこいのに、シンガポール人は、「おすましさん」と言うイメージを、私は強く感じます。英語が苦手な私は、英語が通じすぎる国には、ちょっと嫌悪感を抱いてしまいます。実は、私はシンガポールの安宿で、所持金の殆どを盗まれた経験があるので、この国に対して、悪いイメージを持つのは、そのせいかも知れません。ひと昔まえは、アジアの自由主義圏で、言論弾圧を徹底的にやっているところは、東は韓国のパクチョンヒ、南はシンガポールのリーカンユーと言われていました。でも、たとえ独裁者でも、国を大きく経済発展させれば、それはそれでいいのかも知れません。シンガポールは、今や生活水準では、日本と肩を並べる国に発展しました。これはすご~いことだと思います。
Commented by zhuangyuan at 2010-11-30 21:49
お節介じいさん様 英国に近い人たちはおすましさんかもしれませんが私のイメージは気のいい華僑のおっちゃんたちのイメージです。金が儲かれば言論統制なんてどうでもいいって感じで気楽にやってるんじゃないのかなあ?実際金持ち多いですし。
Commented by Shira at 2010-12-01 21:20 x
シンガポール株式会社...。
Commented by zhuangyuan at 2010-12-01 23:50
shiraさま まさに営利企業のようにガバナンスがしっかりしてますね。先日読んだ本によると中国大陸の帝国ってのも商社と同じだといいます。本社に社長である皇帝がいて各地に富を集める支店を張り巡らせている。その構造は現在も変わっていないと。確かに増値税なんてのは口銭とも考えられるかも。


<< 人工言語 日本語      達人に学ぶ最適語学学習法 >>