2010年 10月 30日

現代中国は大正時代の日本?

最近の世論調査では中国に対する不信感が過去最高レベルになったと
報道されています。
中国「信頼できず」84%

過剰報道のゆえだとは思いますが
なんでそんなに皆中国が嫌いないのか?

今読んでる本にそのヒントがありました。

輿論と世論―日本的民意の系譜学 (新潮選書)

佐藤 卓己 / 新潮社



経済拡大至上主義に邁進する現代中国に「田中角栄の日本」を見ているのかもしれない。


どういうことか?

日本は戦後高度成長を成し遂げ繁栄を手にした。
その象徴が田中角栄。

貧しい庶民からのし上がり、首相まで上り詰める。
そして列島改造。土建政治。
土地投機、狂乱物価。

戦後の成功には「影」部分があった。
そのスケープゴートにされたのが田中角栄であったといいます。

彼の姿こそ、敗戦の焼け跡から復活し成功を遂げた日本人の
辿ってきた姿であるのに、成功するや、自らを返り見ずに徹底的にたたいた。

この本では田中政治にノーをたたきつけた福田赳夫の言葉を引用しています。
日本は今日世界第一位の石油輸入国ですよ。
こういう日本がだね、今後も急速な経済成長を続けようとするなら、
世界の資源配分のなかでの日本の取り分は、加速度的に拡大されざるを得ない。」


これに続き福田の話は、国際摩擦、物価上昇、格差拡大、環境汚染、世界の日本批判と続くのです。

なんかどこかで聞いたような?

そうです今の中国です。

福田赳夫の言葉の日本を中国と入れ替えてもずばり当てはまります。

日本の世論は過去の自分を忘れ、現代中国を徹底批判しているのです。

中国の急速経済発展は日本の高度成長の辿った道です。
ただ大きく違う点があります。

軍隊です。

日本の高度成長には軍の拡大はなかった。

この点からいくと私は今の中国ってのは昭和の軍拡にいたる過程での
大正時代の日本に似てるんじゃないかと思うんです。

大帝没後―大正という時代を考える (新潮新書)

長山 靖生 / 新潮社



大正はどういう時代だったのか?

日露戦争に勝利した後、日本は八大強国となり、西欧列強に肩を並べる。
しかしそれとともに明確な国家目標を失い時代閉塞にはいる。
農村疲弊と都市化による経済格差拡大、資本主義発展に伴う労働問題の発生など
問題が山積していたといいます。

豊かになった社会で若者は親の財産を受け継ぎ、無気力化してゆく。
維新時代に父たちが戦って得た爵位や財産をメンタリティのことなる息子世代がうけづぐ。

大衆消費社会が出現し、消費者たる若者の影響力が大きくなる。

学校制度もととのい高学歴者が増えてくる。
しかし職がなく、高等遊民が問題となる。

大正青年たちは「古い家」を蔑ろにるすが自立はせずにむしろ家制度に依存していたといいます。
家の財産をつかいつくしたあげく、国家というシステムに依存するようになったといいます。

個人の欲望肥大化が国家の欲望肥大化に繋がっていったと。

こうして国家が肥大化し昭和へと向かってゆくのです。

人口増加で食糧、資源需要増加→海外進出
消費社会の拡大→退廃的社会へ
格差拡大で社会の鬱憤がたまる。→軍が貧しい層を吸収

ここからはこちらが参考に。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

加藤陽子 / 朝日出版社



そうです拡大拡大で世界から孤立し戦争への道を突き進んで行くのです。

国共内戦、文革、改革開放を経て、現在の繁栄を手にした中国。

金持ちは第二世代、第三世代へと移り、無気力になり、
一方で貧しい若者たちは鬱憤がたまり、
爆発させどころを探している。

こんな問題がありつつも経済は急速拡大を続け
資源需要は増大し、海外へと食指が動く。

国際的に批判を浴びる。

その時、軍は?

大正から昭和への日本の道を進まぬことを願います。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-10-30 15:03 | 文化、歴史 | Comments(0)


<< 中国雑誌が石原慎太郎直撃!      「はさみ」って何するもの? >>