2010年 09月 12日

キョーレツ~! 中国電力カット

先週、中国鉄鋼業界にはビッグニュースがありました。

河北省の製鉄会社に対して政府が突然電力供給をストップしたのです。

それも一社じゃないんです。
40社以上。
それも長いところは一ヶ月電力止められちゃうんです。

今年は中国第十一次五ヵ年計画の最終年。
GDP単位に対してのエネルギー使用を五年間で20%削減するという目標があります。

これまでの4年間での削減は14.8%。
つまり今年は5.2%削減が必要です。

それが今年上半期は増えちゃった。
ということは下半期に一気に達成しなければということで
突然の電力カット。

電力止めちゃえばエネルギー消費もできませんから。

鉄鋼業界はエネルギー消費の劣等生とされています。
限电潮汹涌 五大行业谁能获利
特に河北省は効率の悪いメーカーが集まっています。

でもだからっていきなり電力カットは凄すぎる。

なんでまたそんなに急に強硬策をとったんでしょうか?

中国歴30年の大先輩に聞いてみました。

「そりゃ簡単ですよ。
五ヵ年計画の目標達成できなかったら出世に響きますからね。
役人たちは必死です。
なんでもやりますよ。」

なるほどね。

この問題を中国語教室の先生にも話してみました。

先生はまったく驚かず、

「中国ではよくこういうことありますよ。」

とさらり。


こういうのは一気に強硬策をとらなきゃだめです。
ゆっくりやったら皆すぐ逃れる対策とってしまいますから。

上有政策,下有对策


こういう抜本的な解決策をとることをなんというかしってますか?と先生。

釜底抽薪

釜の下から薪をぬく

そりゃ火は消えますよね。

省エネ生産ができないなら生産を止めてしまえ。

言いえて妙ですね。

じゃあ経済成長はどうなっちゃうのかな?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-09-12 18:32 | 時事 | Comments(2)
Commented by rorobird at 2010-09-13 10:12
凄い話ですねえ…
GDPが上がれば削減の絶対値も増えるってことですよね。
中国式数学はどうも理解できません。うーん…
Commented by zhuangyuan at 2010-09-13 23:36
rorobirdさま おそらくそうだと思いますが詳細は知りません。統計ってのは設計の仕方でどうとでも操作できますよね。すくなくとも達成できてないのは事実なんでしょう。それを役人たちは自らの栄達のため血まなこになる。悪影響なんて目に入らないんでしょう。


<< やっと出会えた幻のスイーツ      自由研究 日本を知ろう >>