中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 25日

かわいそうな皇帝ちゃん

先日、小一の息子を図書館につれていき
貸し出しカードを作りました。

借りてきたのは
「中国の歴史 4 隋・唐帝国と長安の繁栄」
まんがです。
表紙の絵で選びました。

息子はまだ漫画がよめません。
振り仮名がふってあるのですが内容は小一にはちょっとむずかしいかも。

読んでくれとせがまれるので
難しい表現ははしょってよんでやりました。

意外に気に入ったようで名前もよく覚えて感情移入しています。

「ヨウダイ(煬帝)は悪ものだよね! 李世民はいいもの?」

それもそのはず,隋の二代目皇帝、煬帝の書かれようは
悪物そのもの。

初代皇帝、文帝の次男であるから初めは皇太子ではなかった。
父を騙して兄の皇太子が謀反をおこなしたとし追放。

その後、病床の父を側近をそそのかして殺害。

皇帝になるも
運河の建設や高句麗遠征などで民を疲弊させ
反乱がおこり、国は滅亡。

これだけですよ。
わるものですよね。

この書かれようはかわいそう。

この父親を殺したってのが最大の悪事だと思われますが
これはもしかしたら嘘かもしれないそうです。

こんな本があります。

しくじった皇帝たち (ちくま文庫)

高島 俊男 / 筑摩書房



中国歴史おたくの高島さんは嘘であるとおもってます。

まず正史である隋書にある文帝紀(先代皇帝)、煬帝紀にも煬帝が殺したなんて書いてないそうです。

でも周囲の人たちの列伝にはあやしいことがいっぱい書いてある。
たとえば死に際を迎えた文帝を見舞う最中に煬帝が父の後宮の女に手をだしたとか。

悪いことはいっぱい書いてあるが父を殺害したとは直接書いてない。

それに記載には矛盾点がいっぱい。
くわしくは本書をごらんください。

高島氏いわく
正史というものは後の時代の王朝で書かれることになるため
直前の王朝は正統性がなくなった滅びたことを強調しなくてはなりません。

長く続いた帝国の場合、初代から数代はヒーローとして描かれ
国が衰退して亡国にいたるときの皇帝は悪し様に描かれる。

隋は短すぎた。581年ー618年。
しかも煬帝は亡国の皇帝ですから
巷間ではあることないこと悪口だらけ
そんななかには作り話だっていっぱいある。

でもどれがほんとかなんてわからない。
今みたいにtwitterで生中継なんてあるわけないし。

そんな作り話がいくつも正史に紛れ込んじゃっているというのです。

中国を統一し、南北に結ぶ大運河まで建設したのに
父親ごろしの悪逆皇帝ってだけじゃあまりにかわいそう。

歴史ってのは結局フィクションなんでしょうね。
今を正統化するための。

でもそれが書いたもので残っちゃうからややこしい。

1400年もたってから

字もすらすら読めない小学校一年生に

「わるもの」の一言で片付けられてしまう。

かわいそうな煬帝さん。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-07-25 15:53 | 文化、歴史 | Comments(4)
Commented by 世界遺産 at 2010-07-29 17:49 x
ブログ拝見させてもらいました!これから情報をチェックする時は寄らせて頂きます♪
Commented by ざる at 2010-07-30 14:55 x
2007年に煬帝陵にいきました。
「日出ずる処の天子…」で有名な方ですし、ワクワクしていたのですが、墳丘が雑草や雑木で荒れていてかわいそうでした。
写真を見直したら2002年に旅游区として整備する計画図のタテ看がありました。が、2007年でも寒々しいものでしたw
すぐちかくの揚州漢陵苑が整備されていたのと対照的でしたw
Commented by zhuangyuan at 2010-07-31 08:18
世界遺産さま いらっしゃいませ。またこのご訪問おまちしています。
Commented by zhuangyuan at 2010-07-31 08:22
ざる様 煬帝陵が見れるんですね。後世から悪人扱いされているのに破壊されてないんですね。政治的に評価されるときがきたら整備されるかも。


<< 日韓発展の礎 満洲      ネットde読書会 狼图腾 第二十五章 >>