中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 11日

美女スパイに思う インテリジェンス

ロシアの美女スパイが摘発されて大盛り上がりの昨今、
スパイ技術の稚拙さはさておき
冷戦が終わってずいぶん経つ現在もなおしっかり諜報活動をしていることに感心。

わが日本はスパイ天国といわれるだけで
こちらはなんもやってないんでしょうね。

そもそも国の目指すところがあいまいだから
どんな情報あつめたらいいかわからない。

これは戦時中すらそうだったわけで推して知るべし。

日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか (講談社選書メチエ)

小谷 賢 / 講談社



先の大戦では日本は暗号をすっかり解読されて
ボロボロになったってイメージがありますが
暗号の解読だとか諜報活動だとかは意外としっかりやっていたそうです。

でもそれを全く生かせなかったといいます。

インテリジェンスにはまずリクアイアメントが必要だと。
つまりどんな目的のためにどんな情報が欲しいのか?

インフォーメーションをあつめて分析、加工し
インテリジェンスとしてカスタマーに提供する。

インテリジェンスサイクル。

これが日本には機能してなかったそうです。

情報関係部署OBの言葉が印象的です。

「情報収集の目的は【事実の実体を客観的に究明する】にある。
ところが日本人は主観を好む。
中略
我観及び主観を国家の問題に及ぼすにおいては、
危険これより甚だしきはあるまい。」

情報部が軽視されてるから
インテリジェンスさえもとめられず
インフォメーションをそのままつたえることになる。
インフォメーションは専門外にとっては役にたたない。

日本が不利であるという重要情報も主観にながされ見向きもされない。

「合理的思考よりも日本特有の場の論理や対外強硬論が蔓延しており、
そこからの逸脱はゆるされなかった。」

こうなると都合のいい情報ばっかり集めてくる。

情報の政治化というそうです。

ああおそろしい。

ビジネスや政治の世界にはいまでもありますこういうこと。

情報は実行スタッフと調査スタッフを明確にわける必要があるそうです。

国家の意思がしっかりしていて
情報部が強いなんてのも旧ソ連を思い出しておそろしいですが
なんもないのもののんきすぎて困ります。

ですから練習しましょう。

2014ワールドカップでベスト4に入るために
インテリジェンスを活用しよう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-07-11 21:06 | 中国関連DVD、本 | Comments(4)
Commented by お節介じいさん at 2010-07-14 11:08 x
このロシア人スパイ、かなりの美女ですね。それに美人であるばかりでなく、チャーミングです。男性なら誰でも、ころっと騙されてしまうでしょう。
女スパイと言えば、北朝鮮のスパイを連想しますが、一番最近韓国で捕まった女スパイは、日本でも活動していたそうです。日本人と結婚しようとして、結婚相談所に出入りしていたようです。
美人スパイと言えば、すぐ金賢姫(キム・ヒョンヒ)の名前が頭に浮かびますが、彼女も超美人ですね。最近の姿を見ても、若い頃の美貌は、衰えていません。
ところで、私は最初にハングルを在日北朝鮮人から学んだためか、言葉に北のアクセントがあるようで、韓国旅行の時、よくスパイの疑いで、派出所まで連行された思い出があります。旅館に宿泊中、警察官の臨検を受けたことも何度かあります。どうやら、旅館の従業員が不審人物と看做して、警察に密告するようなのです。
しかし、現在は韓国には脱北者が沢山住んでいるので、北のナマリを話しても、どうってことないでしょうけどね。それに、今は昔と違って、韓流ブームの影響で、ハングルを話せる日本人は、もう珍しくなくなっています。
Commented by zhuangyuan at 2010-07-17 08:43
お節介じいさん様 お若い時分のハングルへの熱意は、その在日北朝鮮美女への思いからなんでしょうか?とすれば彼女の工作は大成功ですね。
Commented by お節介じいさん at 2010-07-18 21:48 x
男はみんな美女に弱いものなんですね。(笑)
もしかすると、私も知らない内に、北の術中に、はまっていたのかも知れません。井筒監督の作品に「パッチギ」という映画がありますが、あの映画を見て、若い頃の純情だった自分を思い出しました。私のハングルの先生も、いつも黒と白の朝鮮服を着ていました。
Commented by zhuangyuan at 2010-07-19 06:29
お節介じいさん様 熱い青春だったんですね。私は「パッチギ」は見てませんが評判高いですよね。もしかしたら金城一紀の「GO」って小説っぽいイメージなのかなと感じてます。これはおもいしろいですよ。男女逆ですが在日の少年が日本の美少女に熱く恋する物語。かっこいいです。


<< ネットde読書会 狼图腾 第二十五章      パラグアイ 歴史の因縁 >>